最近、ふとした会話から、ルアーの自作を再開しました。そもそも、自分がルアーフィッシングを始めた切っ掛けは、ハンドメイドルアーの本を見かけたことです。
 なので、ルアーの自作とルアーフィッシングを同時に始めたのですが、当初は、どんなルアーが釣れるのか?や、どうやったら釣れるのか?第一、ルアーに魚が喰ってくるのかさえわからない状態でした。そのため、釣れないし、壊れるし、失くすし・・・といった感じで、徐々に既成品を使うことが多くなり、作る気力をなくしていました。
 しかし、ようやくルアーでそれなりに魚を釣り、水の中の動きを見てなんとなく釣れそうな動きも分かり、例え釣れなくても信じて投げ続けられるメンタルもできました。
 それでやっと自分で作ったルアーで魚を釣ることができました。おかげでドハマリしそうです。単なる木の板から削りだし形にして、結果を出していくことは、ただ釣り上げるのとは、また違った充実感があります。
 これから試行錯誤を重ね納得できるものを作りたいと思います。