今日の記事は、松井でしょう。
そりゃあ、そうですよね。

イチロー・中田・長島・王・石川遼・タイガーウッズ・マイケルジョーダン・・・・

超一流と呼ばれる人達は、何かを持っているとしかいいようがない、出来事を生み出す力があります。

松井もまさにそうでした。

ピンストライプのユニフォームが最後だと言われる中で、
文句一つ言わず、
黙々と仕事をこなし、結果を出す姿は、
「日本人・サムライ」
を体現していると言っていいだろう。

ホームランを打っても、
顔色一つ変えずにランニングする中で、
優勝が近づいてくる時の顔は、
周りが笑顔の中でも決してゆるめることはなかった。

しかし、その奥に、
泣きそうな雰囲気を感じ立ったのは僕だけだろうか??

巨人でも、
ヤンキースでも
決して、記録に残るような活躍は無かったのかもしれない。

しかし、
星陵高校時代の5連続敬遠から、
彼は、間違いなく、
記憶に残る名選手であることは間違いないだろう。

昨日で、ヤンキース松井は終わったかもしれないが、
彼のメジャーでも選手生活はまだまだ長い。
これからも彼の活躍を見守りたいと思う。

松井サイコー!!

PS
昨日の巨人も良かったね(^_^)v