ドクターBlog

中山歯科医院副医院長中山大蔵のBlogへようこそ
* 利用規約というほどのものはありませんが、左の「このブログについて」を一読下さい。
* 中山歯科医院&中山セントラル歯科のお知らせ も要チェック!?
* 全く関連のないコメントの投稿もOK!関連しないものは最新のエントリにコメント下さい。
* メールマガジン「これを実践!!スーパー衛生士への道。(ID:0000196966) 」を発行しています。
   メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
   
     まぐまぐ

葛西選手の涙
Posted at Feb 19, 2014  15:20 in スポーツ

日本よりも世界での方が尊敬されているであろう、レジェンド葛西選手

ラージヒル個人で、銀メダルを取得した際には、満面の笑顔でした。

もうずっと、メダルを目指して頑張ってきた結果がすがすがしく、素晴らしいなと思いました。

そして、団体での銅メダル。

このとき、葛西選手はうれし涙でした。

なんか、それを見たときに、
なんとなく
「これこそ、日本的な考え方で、本当に日本に生まれて良かったな」
そう感じました。

もちろん、個人も大事なのですが、
いかに、和を大事にするか?
いかに仲間を大事にするか?
利他の精神といってもいいかもしれません。

そういえば、
今回のメダリスト達は、みな、
サポートしてくれた人たちに感謝の言葉を忘れません。

若いスノボの選手も一様に

一部では、メダルを取れないことに対して、
税金泥棒だ
なんて言っている、アホがいるようですが、
世界で見たときに、
日本人の選手達は、少ない強化費の中で、本当に良くやっていると思いますし、
むしろ、個人的には、この状況で良くメダルを取れるな〜
っと思うくらいです。

それは、練習メニューが他国より優れているからでしょうか?
それとも、日本選手の資質が高いからでしょうか?

僕はこう思います。
彼らは、自分のため以上に、
周りのためにみんな、頑張っているからなんではないかと。

我々日本人の特有のこういう意識のすばらしさ

本当に大事にしていかなければならない、世界に誇れる、
日本人の資質だと思います。


祝イチロー4000本安打
Posted at Aug 22, 2013  10:37 in スポーツ

イチロー4000本安打達成したようですね。

仕事に行く前、ギリギリまで粘ってたのですが、
ライブでは見れませんでした。

MLBでは日本人が表彰されるようになると、必ず議論が持ち上がりますよね。

例えば、日本で実績のある人間を新人王に選出していいのかどうか?

日本でのヒットは、計算すべきでは無い。

様々な意見があり、批判がありながらも、
でも、アメリカという国は、結局、ちゃんと褒め称えるという文化があるような気がします。

日本のプロ野球で、外人選手が新人王を取ることなど、きっとありえないでしょうからね

それはさておき、
超一流の選手がMLBに渡っているとしても、
そして、上手くいかない選手も多くいるけれども、
しかし、アメリカで確固たる地位、
記憶に残るスーパースターになっている人間が多いのも事実だと思います。

先駆者と言われている野茂英雄は、トルネード投法でMLBを席巻し、
ナショナルリーグ、アメリカンリーグの両リーグでノーヒットノーランを達成している、MLBの中でも非常にまれな存在ですし、

松井秀喜は、チャンピオンシリーズでのMVPを獲得するという、信じられないことを成し遂げていますし、超異例の扱いでヤンキースでの引退セレモニーが行われました。

そして、伝説の選手達に並ぶ実績をもつイチロー。

日本の安打も多いのは事実ですが、
MLBと比べ、日本の年間の試合数が、当時なら4分の3程度。

だったら、やはり十分な評価がされるべきでしょう。

ちなみに、
松井は2こ下
イチローは一個下。

同世代に負けないように、
もっともっと頑張らないと!!


統一球問題
Posted at Jun 13, 2013  09:57 in スポーツ

どうみても、加藤コミッショナーはおかしいでしょ。

彼がコミッショナーになってからの報道(報道が正しいかどうかも疑問はあるけれど)
から判断するに、
彼がかなり独裁的であるのは、明らか。

飛ばなかった統一球にしても、彼の発案でボールが変わったはず。
その独裁者が決めたボールを勝手に事務局が変更するとは思えない。
しかも、メーカーにまで公言するなって。

もし、本当にコミッショナーが知らなかったとしたら、
コミッショナーを落とし込めるための何かか?
もしくは、野球賭博とかに絡んだ大がかりな組織のやり口なのか?

とにかく、現状の説明は全く腑に落ちない。

「アメリカで巨人阪神戦をする」
なんて、訳の分からないことを勝手に決めて見て、
結局、棚上げになってしまったり。

いずれにせよ、
加藤コミッショナーに、組織が長がつとまる資質があるとは
この一連の不祥事や対応を見ても思えないね。

それにしても、
日本の組織、今のトップは質が低いと思うのは僕だけだろうか?

全柔連の、
「暴力ゼロ」
の報告書を平然と出してしまう、感覚のなさ。

様々、心配になっちゃいますね


おそるべし日本ハム
Posted at Mar 30, 2013  09:15 in スポーツ

昨日、プロ野球が開幕しました。

巨人ファンの僕としては、
宮国が桑田以来の若さで開幕投手に選ばれ、
しかも、
チームは勝利を収め、言うことのない開幕でした。

しかし話題にしたいのは、日本ハムです。

日本ハムは、
まさしく、フロントの重要さをまざまざと感じさせるチームです。

主力を放出した年には必ず優勝するというジンクスがあります。

2007年新庄、小笠原、岡島という主力を放出
2009年マイケル中村
昨年はダルヴィッシュ

そこには明確な戦略。
つまり、戦力的に問題が無いというフロント、編成力があります。

今年は、糸井、田中とこれも、主力も主力。
大黒柱的な二人を放出しながらも、明確な意図があるのでしょう。

それは、もしかしたら、「大谷」
の存在かも知れません。

大谷は、メジャーを第一志望に掲げながら、
栗山監督に説得?されて日本ハムに入団しました。
その際の口説き文句は、2刀流でした。
つまり、野手としても投手としても育てると。

で、その言葉通り、
キャンプではそういう使い方をされていました。

また、評価も高く、
中田翔いわく、初めてダルヴィッシュを見たときと同じ衝撃を初めて感じた
と言っています。

そんななか、びっくりしましたが、
昨日の開幕戦、スタメンでの起用をされました。

そして、またまたびっくりなのが、
2安打を放ち、
しかも打点まであげるという、大活躍でした。

さて、もし、このチームに糸井がいたらどうだったでしょう。
きっと大谷はスタメンでの出場はなかったでしょう。
つまり糸井放出には、明確な意図があったのです。

ちなみに、2007年の時、若手として成長したのが、糸井でした。

もちろん、そうなるためには、
フロントと現場の密な関係が絶対に必要だと思います。

いつも選手を放出やメジャー行きをバックアップしながら、
年俸を抑制し、
かつ
勝つチームを見事に作り上げる
その戦略と戦術は、素晴らしいと思います。

さて、次の楽しみは
「大谷が一軍のマウンドに立つのか?」
です。
そうなったら、日本の、いや、世界の注目を集める事となりますし、
野球人気が復活してくるかもしれませんね


Jリーグの挑戦
Posted at Aug 28, 2012  09:50 in スポーツ

Jリーグが誕生して、20年以上経過する。

(立ち上がりの頃の熱狂が脳裏に焼き付いていると同時に、
その間、自分がそれほどの年を重ねていることに愕然とするが・・・・)

紆余曲折ありながらも、
サッカーはしっかりと日本文化に根付いたように思われる。

そして、昨今、国際舞台でも、
結果は出ないながらも、確実に出場出来る、そして、するのが当たり前の状況になった。

そして、今、こういうことが起きている。

http://number.bunshun.jp/articles/-/271419

Jリーグ発足とほぼ同じくして,この世に生を受けた選手が、
サッカー発祥の地、それも、マンUで、変革を与えるとは、思いもよらなかった。

そして、こんな意見もある。

http://blog.livedoor.jp/sugicc402/archives/4278534.html

いつの間にか、日本人が、海外でそれなりの活躍をし、
確実に、その国のリーグに、それなりのインパクトを与えている。

Jリーグの挑戦が、わずか、20年足らずで、それなりに結果を出しているのは、興味深い。


Page 1/50: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 »