保健医療費の負担がまた変わって、
ご高齢の方が安くなるそうな。。

一体、社保庁は何やってるんでしょうかね・・
(?厚労省かな)

何年先とか
グローバルデザインとか
何を言っても、
結局は、何にも考えてないんでしょう。

いや、間違えた。
自分たちのこと以外は、考えてないんでしょう。

どうも年金の支払期限を過ぎている知人や親戚などを
「納付出来るように」
変えて、納付し、年金の支払いをするようにした職員がいたらしいです。
その数2000以上!!
しかも、驚くのは、2004年以降の話です。
これだけ、いろんなことをたたかれているにも関わらず、
まだそんなことを平然とするような組織なんて早く解体してしまえ!!

ちなみに、
上記の事件、
実際納付していないのに、
「納付した」
とデータを改ざんして、年金を支払っているケースもあるらしい。
もうめちゃくちゃ。

ちなみに、
我々現役世代の年金額は減る一方です。
納付率が80%を超えたらって、
もう、国民の義務なんだから、税金と同じように徴収すりゃあ、いいのに。
もう、意味が分かりません。。

ちなみに、看護婦が足りない問題で、
外国人看護婦を入れたりしてましたが、
国が予定していた数の2割程度しか引き手がないとか。
そりゃあ、日本人の性格を考えればそうでしょうし、
これだけ、職がないとか言ってて、
一方で、介護にしても、看護士にしても人不足。。

アホか。。
国の政策は本当にむちゃくちゃというか・・・

ちなみに、歯科医師数は増えすぎのため、
収入激減で、
いまや、私立学校では定員割れが当たり前のようです。
まあ、分からないでもない。
歯科医師が儲かるなんて、幻想がなくなっただけでも、僕らは生活しやすくなるね。