ドクターBlog

中山歯科医院副医院長中山大蔵のBlogへようこそ
* 利用規約というほどのものはありませんが、左の「このブログについて」を一読下さい。
* 中山歯科医院&中山セントラル歯科のお知らせ も要チェック!?
* 全く関連のないコメントの投稿もOK!関連しないものは最新のエントリにコメント下さい。
* メールマガジン「これを実践!!スーパー衛生士への道。(ID:0000196966) 」を発行しています。
   メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
   
     まぐまぐ

批判が来そうですが・・・
Posted at Sep 22, 2006  13:59 in 時事

国歌・国旗掲揚問題で、

学校側が、教師に対してそれを強要するのは違法だという判決が出ました。

そういう判決が出るのは、現行法では当たり前だと思う。

どんな世界であっても、他人が個人にある事柄を強制することが、当然の事実となってしまえば、日本の民主主義自体が崩壊してしまうからである。

しかし、国歌を無視し、国旗掲揚を無視することが良いかというと、
それとこれとは話が違うと僕は思う。

ここで、誤解無いように言っておきますが、僕は、右翼でも左翼でもありません。

======================

以前にも言いましたが、法律は何を抑制するためのものかというと、
犯罪抑制のためではなく、裁く側を抑制するためのものです。

どういうことかというと、法律がなければ、万引きで死刑とか、人を殺しても無罪とか、裁判官の意志一つでどんな判決も出すことが出来るからです。

では、犯罪抑制は何によって行われるべきか?というと、結局のところ、
個人の持つ「道徳」によって起きるのだと思います。

=========================

さて、今回の件ですが、

思想の自由は当然ですので、国旗に畏敬の念を抱こうが、蔑む思いがあろうが、関係の無いことで、

一つの行事のなかで、ただ、そこで国旗が飾られ、国歌が流れているだけの事です。

それを聞いたからと言って、生徒が軍国主義に走るわけでも無いわけです。

日本人の良いところを、僕なりに考えると、
「曖昧さ」
というのが、あげられると思います。

例えば、他国であれば、

あのローマ法王でさえ、「イスラムは野蛮だ」
なんて言っちゃうわけです。

日本であれば、仏教国でありながらクリスマスやバレンタインなどのキリスト教文化を取り込み、それは、お寺の住職や神主さんであっても、
普通にやっていることではないでしょうか??

アジアの人たちに関しても、もちろん、侵略した側とそうでない側で、差はあるにせよ、総じて日本人はアジアの国民に対して、国旗を燃やしたりするような過激な行動は取らないです。

そのグレーゾーンこそが、日本のよさであり、そこを認める懐の広さこそが、わびさびにも繋がると、勝手に思っています。

何を言いたいかというと、国旗を蔑んでいても、一つの行事なのだから、立って時間を過ごせば良いじゃないですか??
そのあいだ、彼女のことやご飯のこと、別の国のことや、宗教の事を考えていても良いじゃないですか??

そこを、目くじら立てて、怒ってる、その教師が僕は問題だと思う。

もし、それをよしとするのならば、生徒が授業をボイコットしたとしても、何にも言えませんよ?
学校に来ない。
掃除をしない。
授業中に音楽をガンガン聴く。
それを、注意出来るのですか??

社会で生きる以上、ルールがあります。
それは、拘束力はありませんが、必要不可欠なものです。
そして、それは、道徳で守られています。

道徳、そして、相手・社会のルールを考えず、自分がルールみたいなやつが教師である以上、日本の未来は無いと思う。

ちなみに、歴史的勝訴!!みたいな紙もってたひと。
あれ、教師ですかね??
平日の昼間、プロであれば、学校にいなければならない時間。
裁判所にいるようなやつが、馬鹿なんです。

多分、多くの教師の方々は、すごく、ちゃんとされているでしょうし、
僕も多くの先生方にお世話になったので、そういう一部の馬鹿どもがむかついてしょうがありません。

歯医者も教師も、師と呼ばれている職業です。
聖職者です。
自分を犠牲に、何かを成さなければなりません。

皆さんのご意見を聞きたいです。

ご批判は、受け入れます。

僕も、ただの馬鹿ですから、ごめんなさい・・・