ドクターBlog

中山歯科医院副医院長中山大蔵のBlogへようこそ
* 利用規約というほどのものはありませんが、左の「このブログについて」を一読下さい。
* 中山歯科医院&中山セントラル歯科のお知らせ も要チェック!?
* 全く関連のないコメントの投稿もOK!関連しないものは最新のエントリにコメント下さい。
* メールマガジン「これを実践!!スーパー衛生士への道。(ID:0000196966) 」を発行しています。
   メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
   
     まぐまぐ

イタリア料理屋さんの4周年
Posted at Nov 09, 2015  09:05 in 時事

今朝TVを見ていると、渋谷のイタリア料理屋さんが4周年記念で、

ビザ全品500円(通常1500円くらいするものすべて)、生ビール44円

というサービスを1週間するという。。

まず、思ったのが、

「これが出来ると言うことは、原価いくらやねん!!」

と思わず関西弁になってしまうくらい。

(ここからはちょっとうろ覚えですが)

たしか、飲食の原価率は以前は15〜20%くらいと言われていたそうですが、

流行るお店を作ろうと思うと今は原価率40%くらい必要らしいです。

ちなみに、『俺の』でおなじみのお店は60%とか…

となると、500円で????

と思うわけです。

しかし、TVの最後にMCがいった一言で、

「な〜んだ、なるほど」

となりました。

その言葉は、

「○○というお店は全国に30数店舗ありますが、このサービスは渋谷店のみです」

つまり、この激安ぶりは、広告宣伝費ってことですね。

全国ネットでCMを打とうと思えば、莫大な金額がかかります。

渋谷店のみでどれだけ安くしようと、リアル店舗ですから、回転率には限界があります。

つまりどれだけ、安くしても、赤字の想定はある程度出来ると言うことです。

だって、もし一万人殺到しても、店に入れる人数は限られるわけですから。

しかも、500円ということは、原価ギリギリくらいで設定していると思われます。

人件費・水道光熱費・家賃等は、赤字になるかも知れませんが、

全国ネットで放送してくれることを考えたら、

そんなのはたかが知れていると言うことですね。

激安もそういう視点で見ると面白いです。