ドクターBlog

中山歯科医院副医院長中山大蔵のBlogへようこそ
* 利用規約というほどのものはありませんが、左の「このブログについて」を一読下さい。
* 中山歯科医院&中山セントラル歯科のお知らせ も要チェック!?
* 全く関連のないコメントの投稿もOK!関連しないものは最新のエントリにコメント下さい。
* メールマガジン「これを実践!!スーパー衛生士への道。(ID:0000196966) 」を発行しています。
   メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
   
     まぐまぐ

おそるべし日本ハム
Posted at Mar 30, 2013  09:15 in スポーツ

昨日、プロ野球が開幕しました。

巨人ファンの僕としては、
宮国が桑田以来の若さで開幕投手に選ばれ、
しかも、
チームは勝利を収め、言うことのない開幕でした。

しかし話題にしたいのは、日本ハムです。

日本ハムは、
まさしく、フロントの重要さをまざまざと感じさせるチームです。

主力を放出した年には必ず優勝するというジンクスがあります。

2007年新庄、小笠原、岡島という主力を放出
2009年マイケル中村
昨年はダルヴィッシュ

そこには明確な戦略。
つまり、戦力的に問題が無いというフロント、編成力があります。

今年は、糸井、田中とこれも、主力も主力。
大黒柱的な二人を放出しながらも、明確な意図があるのでしょう。

それは、もしかしたら、「大谷」
の存在かも知れません。

大谷は、メジャーを第一志望に掲げながら、
栗山監督に説得?されて日本ハムに入団しました。
その際の口説き文句は、2刀流でした。
つまり、野手としても投手としても育てると。

で、その言葉通り、
キャンプではそういう使い方をされていました。

また、評価も高く、
中田翔いわく、初めてダルヴィッシュを見たときと同じ衝撃を初めて感じた
と言っています。

そんななか、びっくりしましたが、
昨日の開幕戦、スタメンでの起用をされました。

そして、またまたびっくりなのが、
2安打を放ち、
しかも打点まであげるという、大活躍でした。

さて、もし、このチームに糸井がいたらどうだったでしょう。
きっと大谷はスタメンでの出場はなかったでしょう。
つまり糸井放出には、明確な意図があったのです。

ちなみに、2007年の時、若手として成長したのが、糸井でした。

もちろん、そうなるためには、
フロントと現場の密な関係が絶対に必要だと思います。

いつも選手を放出やメジャー行きをバックアップしながら、
年俸を抑制し、
かつ
勝つチームを見事に作り上げる
その戦略と戦術は、素晴らしいと思います。

さて、次の楽しみは
「大谷が一軍のマウンドに立つのか?」
です。
そうなったら、日本の、いや、世界の注目を集める事となりますし、
野球人気が復活してくるかもしれませんね


銀行の責任は重い
Posted at Mar 26, 2013  11:17 in 時事

各地で起こる金融危機。
その大本をたどると、その責任の多くの部分が銀行が占めていると言っても過言では無いと思う。

今回のキプロスの金融危機のからくりはこうだ!!
(実際調べたわけではく、TVからの情報なので、嘘だったらごめんなさい)

キプロスは、EUの中で最も法人税が安く、
またチェックも甘いので、
多くの「裏金」が銀行に流れ込んでいました。

特に、ロシアンマネーは、
地域的・経済的な繋がりから
相当な額がキプロスの銀行に流れ込んでいた。

それによって、銀行は、
国のレベル以上の預金を抱えることとなる。

銀行側は、その預金の運用に、
「ギリシャ国債」
の購入に多くを充てていました。

で、皆さんご存じの通り、
ギリシャはああいう状態ですから、
国債の価値ががた落ちし、
キプロスの銀行や国は一気に破綻に向かった

というのが、構造です。

つまり、預金に汚いお金が使われていた
というのは置いておいて、

銀行は、やる必要が無かったかも知れない投資をして、
なんら責任の無い国民に大きな付けを払わそうとしていることになる。

誰かは忘れましたが、
(超有名な経済学の古典)
この世で最も良くない職業は、
「ものを生み出さず、お金を動かしているだけで儲ける仕事だ」
といっています。

もちろん、現代社会において、
銀行はとても必要なものだとは思います。

ただそこに、倫理観や道徳観というものは、
どんな職業の人よりも持つ必要性があるかも知れないと言うことです。


映画『アルゴ』
Posted at Mar 23, 2013  13:11 in エンタメ

ちょっと時間が合ったので、
アカデミー賞でのベンアフレックの興奮ぶりが思い出される中、ゲオに行って、『アルゴ』をレンタルして見ました。

僕的には、かなり面白かったなっという印象です。

普通に考えて、
あり得ない設定で、
こんなバカなことを・・・・

っという内容が、史実に基づいているという点が、
不思議な感覚です。

最終的に、「たすかる」
というのは、分かっているのですが、終盤はドキドキしました。

久々に、ブルーレイでも買おうかなって思いました。

お暇なら皆さんも是非!!

PS
返しに行くの一日延滞。
借りるときは、なるべく長めに借りる方がリスクが低いと思いました