ドクターBlog

中山歯科医院副医院長中山大蔵のBlogへようこそ
* 利用規約というほどのものはありませんが、左の「このブログについて」を一読下さい。
* 中山歯科医院&中山セントラル歯科のお知らせ も要チェック!?
* 全く関連のないコメントの投稿もOK!関連しないものは最新のエントリにコメント下さい。
* メールマガジン「これを実践!!スーパー衛生士への道。(ID:0000196966) 」を発行しています。
   メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
   
     まぐまぐ

ふむふむ。。やっぱり糖質コントロールはまちがってないね
Posted at Dec 20, 2013  17:55 in 医療

http://www.youtube.com/watch?v=Qy_Nm-L_nv0

とりあえず、ご覧になってください


義務と責任
Posted at Dec 18, 2013  18:18 in 医療

僕ら歯医者の仕事は、チームアプローチです。

歯医者一人が頑張ってもいい結果は出ません

いつも、受付がいて、アシスタントがいて、歯科衛生士がいて、技工士がいて、材料屋さんがいて、患者様がいて

そして、仕事が成り立つ。

ただ、つい我々はチーム故になれ合いになってしまったりします。

しかし、それでは、いいチームにはなりません。

強いチームほど、言い合いをしながら、
けれど仲の良いものです。

では、言い合うには何をすればいいのか?

それは、目標に向かって進むこと。
そして、その人がその持ち場で、必死に努力すること。
だと思います。

言い合うには、
義務と責任がともなうのです。

良く聞く話。

技工士さんにいい仕事をしてもらうためには、
我々がいい仕事をしなければ、技工士と言い合うことは出来ないはずです。

けれど、技工士さんは「仕事をもらう」という立場故に、強く出ることは出来ません。

したがって、本当にいい仕事をしよう、良い医療を提供しようと思えば、
歯科医師自らが義務と責任を負わなければなりません。

それは、型取りで分かります。
技工士さんは、歯科医師の姿勢を、その型取り一つで知ることができます。

僕は、言い合い、そして、仲良く、最高のチームをつくりたい。
だから、義務と責任を果たしていきます。

DSC_1205

低侵襲治療
Posted at Dec 06, 2013  12:27 in 医療

コンポジットレジン修復は良くないという方も中にはいらっしゃいますが、
やっぱり低侵襲・審美的には、なかなかかなわないと思います。

PCを整理してたら出てきたケース。。

ラバーダムの張りが甘いのは、ご愛敬で・・・・

DSC_0050

術後
Posted at Dec 06, 2013  12:24 in 医療
DSC_0051

意識と無意識のなすもの
Posted at Dec 05, 2013  10:20 in 医療

NLPでは、意識と無意識
別の言い方をすれば、
顕在意識と潜在意識
といえるかもしれませんが、

そこを非常に重要視します

例えば、今このブログを見てくれているあなた。

ふと気づけば、耳にエアコンの音が聞こえてくるかも知れませんし、
もしかしたら、お尻に椅子の感触を感じているかも知れません。
赤色の物が見えますか?
そういうだけで、今まで気にもしていなかった物が赤色であったと気づくかも知れません

そう言われただけで
我々はそこに意識をし、
そして、今までであれば、ブログを読むということにしか使っていなかった脳を、
他の事にも使う事になるわけです。

つまり人は、いかに物事に集中するか?が大きなポイントを占め、
その集中を得るがために、広告なども行われるわけです。

例えば、「名付ける」ということも、自ずから集中を促すための一つの大きな手法です。

『肩こり』

これは、欧米には存在しない感覚だそうです。
では、日本人だけが肩こりという症状を持っているのか??
それは、決してそうではないと思います

きっと、ある人が、
肩がなんか疲れている、そんな感覚を持ったときに、その状況を一般化するために、
『肩こり』
という名前をつけた。

その瞬間から、我々は、肩こりというものに、集中し、
そして、肩こりという新たな症状・病名が生まれてきたのです。

医者の世界では、そうして、どんどん分野を広げてきました。

例えば、高血圧症

高血圧というのは、あくまでも一つの状態でしか過ぎない物だったはずです。
たしかに、高血圧は、何かしらの病気を生み出す一つの要素ではあったでしょう。
しかし、日本の保険制度は、疾病保険。
予防にはお金を回せないシステムです。
だから高血圧症という「名前」をつくり、注力し、保険でそこへの対処を可能にしたわけです。

これにより、多くの国民に高血圧は病気だ。良くないんだ
という概念を必然的に植え付けることになりました。

http://gigazine.net/news/20130529-adhd-is-made-by-industry/

こんな記事も見つけました。

こういうことは別としても、
我々は意識をすることで、その方向にいやがおうにも進んでいくということです。

そして、その流れは、それに問題があったとしてもなかなか元には戻れないものです。

であればこそ、いい意識付けをすることも、とても重要なのではないでしょうか??

オリンピックのメダリストを調べると、4月5月生まれが非常に多かったという話を聞いたことがあります。

これには、明確な理由があります。

子供の頃は、4月生まれと3月生まれでは、
それは埋められるわけもない差があるわけです。
当たり前ですよね。
同じ3歳でも、
4月生まれは3歳と11ヶ月
3月生まれは3歳
であるわけですから。
かけっこなんか、ほぼ4月生まれが早いに決まってる。

ただ、その時の、俺は走しるの速いんだ
という意識が、(まあ勘違いですけどね)
将来の結果にまで及ぶということです。

有名な話では、
出来の悪いクラスと、優秀な子を集めたクラスがありました。
実験上、教師には、
出来の悪い子にクラスを、出来のいいクラス
優秀な子を集めたクラスを、出来の悪いクラス
と逆に教えて、授業をした結果、
出来の悪いこのクラスが非常に優秀になった
という研究があります。

西田文郎氏は、

ガンなんて呼び方をするから悪くなっちゃう
ピンとかピョンとかの名前にしたらガンなんて怖くないでしょ

っていいます。
それはその通りのような気がします。

いかに、意識付けをするのか?
そして、いかに変なレッテルを貼らないのか?

これが、とても重要ではないでしょうか?


パラダイムシフト
Posted at Nov 27, 2013  08:59 in 思ったこと

パラダイムシフトって、ちょっとしたことで起こる。
それは、大きい物から小さい物まで様々だ。

今日の職場の教養で、僕に、それが起こった。
小さいけどね。

それは、「将棋」をテーマにしたものであったが、
将棋の
「自らが負けを宣言する」
ということが、日本人らしさのアイデンティティを表現しているとのこと

たしかに、そう言われるとそうなのかも知れない

詳しく、その感じを口で説明することは難しいが、
なんとなく、それが受け入れられたし、
理解できる一方で、

将棋という物を通して、
そういう視点で捉えるということが全くなかったので、
驚いた。

結局、パラダイムシフトとは、
「気づき力」「感性」
に左右されるのだと思う。


栄養をどう取るのか?
Posted at Nov 25, 2013  11:09 in 医療

昨日、TVを見ていたら、
ミスユニバースの栄養コンサルタントの女性の方が栄養について話していました。

まさに、僕が勉強している栄養の話とマッチしていましたので、かなり腑に落ちた話でした。

見逃した方、もう一度聞きたい方へ、簡単にまとめてみます。

彼女が言っていたことの基本は、
痩せるためには、
カロリーコントロールではなくて、
重要なのは、
「血糖値コントロールである」
ということです。

血糖値が上がることで人は脂肪を蓄えるからです。
(詳しい話は、気が向いたら書きます)

そのためにすべきことは、

たべるもの

食べる順番

です。

彼女が言うのは、
オイルが太るのは迷信であるということ
オイルつまり脂質は、それほど大きく気にすることはありません。
彼女が言っていたのは、ウィーン大学の研究結果で、オイルを取った方が満足度が高くなるために、摂取カロリーをむしろ押さえることが出来る
ということでした。

もう一つは、緑黄色野菜を多く取ると言うこと。

そして、タンパク質を毎食取ると言うことでした。

3つめは、タンパク質を取ると太るっと思われている方が多いと思いますが、
身体を作るのはタンパク質ですから、これを摂取しないのはアウトです。
肉でもどんどん食べても大丈夫。

さて、食べ方ですが、ちょっと一般的な考え方と違いました。

彼女は、まず、タンパク質から食べなさい
といっています。

一般的には、
野菜から食べる
ということだと思います

では、彼女が何故、タンパク質から食べると良いといっているのか?
これは、実は、緑黄色野菜を食べるということにリンクしています。

緑黄色野菜の中には、GI値が高い物が含まれています。
GI値とは、血糖値の上昇しやすい度合いを示した値です。
つまり、野菜を食べることで早期に血糖値の上昇を招いてしまいます。
したがって、血糖値の急上昇をおさえるために、まずは、タンパク質からの摂取をオススメしているということになります。

ちなみにGI値が高い野菜は、カボチャとか、にんじんとか。
根菜類はGI値が高いものが多いです

さて、健康的に痩せる

皆さんも実施されてはいかがでしょうか??

もし、そのつもりがあるのであれば、リバウンドなし、食事も楽しいダイエットにご協力しますよ〜
当院で声をかけて下さいね!!


自動運転車
Posted at Nov 21, 2013  09:54 in 時事

自動車産業の転換がどうなっていくのか??

エコという中で、トヨタが世界に先駆けてハイブリッドを世に産みだし、
日産は、EVが主体になるであろうとそちらに注力し、

今年、FIAが電気自動車のF1を立ち上げた。

機能でいえば、
衝突を自動で回避するシステムが、徐々に一般的になりつつある。
(しかし、どこかの試乗会で、そのシステムが働かずに衝突し、怪我をするというニュースも流れた。調査の結果、人為ミスだという話なのだが、人為ミスを補うためにシステムだったのでは??)

そして、今後、自動車メーカーは
「自動運転」
を目指して行く方向らしい。

開幕する東京モーターショーではそれがひとつの盛り上がりらしい。

さて、その中で、注目されている自動運転車を金沢大学が開発したものである。

めざましTVでかなりの時間を割いて放映していた。

なんか地元ががんばってるとうれしいよね!!!

それにしても、今後、もし事故が起きたときには、
メーカーは責任をとるのでしょうか??

例えば、衝突防止装置
それがあるから、人は気を抜くし、
それを頼りにする
その機械が動かないのを人のせいに出来るのか??

今後は大きな問題がはらんでいくと思うし、
法律の改正なんかも視野に入れていく必要があるんだろうと思う


メディアがいかに義務と責任を果たしていないかがよくわかる
Posted at Nov 21, 2013  09:28 in 時事

テレビ朝日の写真が14000万円着服してたというニュースが流れました。

それなのに、氏名を公表しないらしい
社員には返済する意志があるからだと

それにならうように、他のTVメディアはバッシングもしない

もしこれが他の企業なら、
メディアは平気で報道すると思う。

自らを律することが出来ないのに、報道に携わる義務と責任を全く果たしていないと思う。

もしこれをするのであれば、他の報道も同じスタンスでするべきである


スタッフが遊びに来ました〜
Posted at Oct 30, 2013  14:47 in お知らせ

出産・子育てのため、退職した、安藤(旧姓白尾)が当院に遊びに来てくれました〜

こういうのは嬉しいもんです。

ついでに、復帰してくれるともっとうれしいんだけどな〜

まあ、母子ともに元気で良かった!! 写真-47


阪神阪急ホテル偽装問題に我おもふ
Posted at Oct 25, 2013  09:28 in 時事

やばいよね

一応、一流と言われているところがこれをやっては、いかんでしょ

そして、起こってしまったものは、仕方ないのだが、その後の記者会見で、

偽装ではなく、誤表記だってさ

そんな言い訳通用すると本気で思ってるんだろうか?

どんな理由があるにせよ、
消費者には、嘘をついた
という事実しかないわけで、
それには、平謝りするしか道はないのに・・・

これに伴い、リッツカールトンでも偽装が見つかったようだ

おいおい、
一泊5万も6万も取るようなホテルで、
フレッシュジュースといいながら、出来合いの市販品を使ってたって・・・

いずれにせよ、あの記者会見はまずいとしか僕は思えないんだけどね


オリンピック来た〜
Posted at Sep 09, 2013  09:47 in エンタメ

2020年東京オリンピックが決定しましたね!!

日本国内でも、
汚染水が大変なときに、こんなことしている場合じゃない

なんていう方もいらっしゃるようですが、
僕は、バリバリ賛成派です。

汚染水・原発対策は大事です。
対策が遅遅として進まず、復興財源がアホなところに使われまくっている状況には、はっきり言って、腹立たしさを感じます。

けれど、それはそれ。
オリンピックはオリンピックだと思います。

復興対策と、成長戦略は全く別の話です。
細かく言えばリンクはしているでしょうけれど、基本は別。

例えば、カネボウは大変な事になっていますが、
その間に、問題が解決していないからと、
新製品開発を中止し、化粧品事業以外も中止するのか?って言えばしないですよね。

つまり、企業戦略としては全くの別物ということです

オリンピック招致によって、
日本は自信を取り戻していくでしょう。
子供達も夢を抱くでしょう。

経済は間違いなく良くなっていくでしょう。

だって、オリンピック決まっただけで、
僕も何か買いたくなった(笑)

ただ、経済が活性化することで、
一時的に問題にマスキングされることでしょう。
大事なのは、経済が良くなってるからこそ、
問題を解決する方向にも、しっかりと対策をしていくこと言うことです。

2020年まで7年の間に、
財政を立て直し、医療・福祉の方向をしっかりと見据える。
原発問題にも解決の方向を与え、
そして、日本人の道徳観を取り戻して、
決してバブルにならないようにしていくことが大事でしょう。

いずれにしても、日本が元気を取り戻すことは間違いないと思います。

2020年。
バスケ見に行きたいな


最近、ヒマがあると映画を見ることが多いかも
Posted at Sep 02, 2013  14:02 in エンタメ

土日と、サーバーがダウンしていたらしく、
HPとメールが使えない状態になっておりました。

申し訳ございません。

さて、最近、見た映画を。

ワールド・ウォーZ
ブラピが、その脚本に惚れ込んで、出演させてくれ!!
と言ったらしい映画。

まあ、Zがゾンビを指すことは、すぐ分かったけど、
ブラピがそこまで言うな!!
と見に行きました。

内容は、まあ、最近のゾンビ映画にありがちな展開です。

突っ込みどころ満載です。

なんで、もっといろんなことを詰めないのかなって思うんです。

ここからネタバレ。

ゾンビに襲われない病気がある!!
そこまではいいとして、だったらそういう人間が、ゾンビを駆逐すればいいわけだし、
そして、その病原菌を突き止める!!
といって、スイスのWHOの研究所まではるばる行きますが、
だったら、韓国の米軍基地にいる兵士がそうなんだから、そいつを調べれば良くない?
って思うわけです。

また、病原菌、1種類しか飲んでないので、それがビンゴって。。

また、各都市がぼろぼろにやられているのに、
一般市民の疎開先は、意外と平穏だったり。。。

イスラエルのあんな壁ですら、乗り越えてくるのにね(笑)

でも、まあ、それなりに見れました。

もう一つは、
スタートレック

僕は、スタートレック好きです。

まあ、こちらも、突っ込みどころ満載なんですけどね

でも、僕は好きだからスタートレックはOKでしょ(笑)

あんなでかい戦艦作れるなら、
最初から作ればいいのに。。


祝イチロー4000本安打
Posted at Aug 22, 2013  10:37 in スポーツ

イチロー4000本安打達成したようですね。

仕事に行く前、ギリギリまで粘ってたのですが、
ライブでは見れませんでした。

MLBでは日本人が表彰されるようになると、必ず議論が持ち上がりますよね。

例えば、日本で実績のある人間を新人王に選出していいのかどうか?

日本でのヒットは、計算すべきでは無い。

様々な意見があり、批判がありながらも、
でも、アメリカという国は、結局、ちゃんと褒め称えるという文化があるような気がします。

日本のプロ野球で、外人選手が新人王を取ることなど、きっとありえないでしょうからね

それはさておき、
超一流の選手がMLBに渡っているとしても、
そして、上手くいかない選手も多くいるけれども、
しかし、アメリカで確固たる地位、
記憶に残るスーパースターになっている人間が多いのも事実だと思います。

先駆者と言われている野茂英雄は、トルネード投法でMLBを席巻し、
ナショナルリーグ、アメリカンリーグの両リーグでノーヒットノーランを達成している、MLBの中でも非常にまれな存在ですし、

松井秀喜は、チャンピオンシリーズでのMVPを獲得するという、信じられないことを成し遂げていますし、超異例の扱いでヤンキースでの引退セレモニーが行われました。

そして、伝説の選手達に並ぶ実績をもつイチロー。

日本の安打も多いのは事実ですが、
MLBと比べ、日本の年間の試合数が、当時なら4分の3程度。

だったら、やはり十分な評価がされるべきでしょう。

ちなみに、
松井は2こ下
イチローは一個下。

同世代に負けないように、
もっともっと頑張らないと!!


10年も立ちました。
Posted at Aug 19, 2013  16:38 in 医療

僕が金沢に帰ってきたのが、2002年の6月くらい。

そして、知り合った歯医者仲間と勉強会を立ち上げたのが2003年でした。

目標の一つは、
開催回だけでも日本のトップへ。

コレを目標にしてきました。

そして、ほぼ毎週木曜日に勉強会をする
というスタンスで、10年経過しました。

この頻度で10年勉強会を続けている会は、そうそう無いと思っています。

もちろん、その結果は、まだまだ先にならないとわかりませんが、
若い歯科医師も育ち、
やってきたことは、間違いないと、思っています。

そんな10年の節目に
記念講演会を実施しました。

演者は、
日本で最初のエンドドンティスト(歯内療法専門医)であり、
実は、本当にエンドしかしていないという点では、今もでも唯一かもしれない、
井澤常泰先生でした。

思えば、僕が、歯科用実体顕微鏡にふれ、
その魅力にとりつかれたのは、
卒後1年目!!
ちょうど、井澤先生がコロンビア大学の留学から戻られて、
マイクロエンドを教室に持ち込んだのとほぼ同時期でした。

そして、嫌な顔をされながら(笑)
毎週土曜日に、オフィスに勉強に行っていたのを思い出します。

その流れで、勉強をすることの重要性も学び、

補綴のトップランナーである内藤正裕先生にお世話になり、

そして、そこで得た知識が、
のちの、北陸SJCD発足に繋がったことは言うまでもありません。

井澤先生の講演は、
やはり、楽しく、臨床豊富で、
当然エビデンスも豊富。

懐かしくも新しい、10年の節目にふさわしい時間でした。

そして、
また、勉強をしようと思ったのでした。

写真 のコピー 2

よくなったねえ
Posted at Aug 12, 2013  09:45 in 医療

他院で何度根管治療をしても、すぐ悪くなり、
次悪くなったら抜歯しましょう。

といわれた患者様。

当院に来られて、
治療を開始。

パーフォレーションはあるし、
排膿・浸出液はなかなか消えないし、結構難儀しましたが、
約1年後。

根尖の透過像もほぼ消失し、患者様も快適な様子。

良かった良かった(^_^) 2012606 20130720


痛みが消えました!!
Posted at Aug 02, 2013  18:43 in 医療

他院で、顕微鏡による根管治療(根っこの治療のこと)をし始めて、
1年以上も痛みに悩まされ続け、
精神安定剤も処方されたりしてた患者様。

当院にたどり着き、
リスク等もお話しした上で
治療を開始して、
わずか2回。

ほぼ、通常の根管治療中の痛みに落ち着きました。

次回は、もう根管充填です。(最終的な根っこの詰め物のこと)

当院には、他院での根っこの治療後の痛みが消えずに来院される方が大勢いらっしゃいます。

全ての方が治るわけではありません。
残念ながら…

ただ、5割くらいは、比較的早く(数回の治療で)治ります。
3割くらいは、難儀しますが、経過観察も入れて、3〜6ヶ月くらいで、問題なくなります。

残りの2割は、難しいですね。

根管治療後の痛みは、その周りの組織の痛みに変わってしまっていたり、
もしくは、
三叉神経や上顎洞といったアプローチが難しい症状を呈することもあり、こういう場合は、非常に難しいとされています。

ただ、何年も苦しんだ痛みがうまくなくなれば、これに越したことは無いですよね。

そして、実は最も大事なこと。

根管治療は、最初の処置が最も予後がいいとされています。

再治療であればあるほど、成功率はどんどん低くなっていくことが知られています。

だからこそ、歯を残すには、最初にいかに、きっちり正しい治療をするか?
がポイントになります。

インプラントも素晴らしい治療ですが、
「やはり自分の歯であること」

コレが最も大事ですよね。


家電メーカーのTV戦略その2
Posted at Jul 31, 2013  09:41 in 思ったこと

以前ブログで書きましたが、やっぱりという感じ

http://news.livedoor.com/topics/detail/7907638/

内部でどんな話が行われているのか?


マイクロスコープは素晴らしい道具であることは間違いありませんが・・・・
Posted at Jul 30, 2013  09:25 in 医療

歯科治療において、
マイクロスコープの存在は、とても重要になっていくだろうと思います。

根管治療で言えば、成功率は20%くらい上がると言われていますし、

コンポジットレジン修復では、
ギャップを目立たなくすることにより、審美的に優れ、虫歯の再発も減少します。

また、傷の縫合も、よりキレイに縫うことが出来るので、治癒も早く、キレイになります。

その他、多くの利点があり、素晴らしい道具であることが間違いないでしょう。

さて、先日来られた患者様。

もう、2年近く、神経を取った治療から痛みが消えないとのこと。
よくよくお聞きすると、その先生はマイクロスコープを持っていて、それで治療はしていたらしい。
でも、痛みが強くなって、それから、いくつかの歯科医院をかかり・・・
ということでした。

で、あるところから、紹介されて、拝見しました。

確かに、中はキレイになっていました。
しかし、ざんねんながら、根管治療の基礎がされていない。

僕に言わせたら、痛みは出るべくして出たという感じ。

はっきり言って、顕微鏡治療は、高度なものです。

最も大事なことは、まずは基本の基本をすることなのです。

根管治療で言えば、
・虫歯をしっかり取る
・ラバーダムをする
・しっかり仮封をする

これが、基本です。
それが守られなければ、
顕微鏡なんて意味がありません。

ラーメンで例えると、
最高の食材を使って、泥水で、スープを作る
みたいなもんです。

だったら、普通の食材で、普通の水で、作ったスープの方がいいですよね???

基本の上に、積み重ねるからこその、マイクロスコープです。

でも、患者様には分からないでしょうけど・・・・・


In Bodyしてみました
Posted at Jul 29, 2013  09:04 in 医療

In Bodyっていうのは、簡単に言うと、
体の組成も分かる体重計のいいやつ
というと分かりやすいと思います。

年齢と身長を入力して、
あとは、体重を量りながら、
多分、電気抵抗をはかりながら、筋肉量とか体脂肪量とかを分析するだと思います。

で、結果は写真のとおり、
身体年齢33歳!!

ここ5ヶ月の体作りの成果だ!!

でも、まだ、脂肪の量が多かった。

もし、5ヶ月前に計ってたら…と思うとコワイね。
だった、脂肪があと8キロあったわけだから…(>_<)

さて、これは、体の組成の話。
単純に言えば、体重を落とせば、基本データはよくなります。

けど、我々の本来の目的は、
「痩せること」
ではなくて、

「健康であること」

ではないでしょうか??

健康であるには、ただ単に痩せればいいというわけではなりません。

身体的
精神的
社会的

に健康であることがとても大事です。

世の中に、ダイエットだけして、
痩せたわいいが、不健康になるヒトのいかに多いことか!!

脂肪燃焼や、糖代謝サイクルを学び、
そこにアプローチすることが、
健康への第一歩であり、
実は、それが出来れば、体は、勝手に痩せるのです。

ある本によると、

過食によって太るわけでは無い
太るから過食になるのだ

と書いてあります。

そうなんです。
栄養をしっかり補うと、
必然と痩せ、そして、食も必然と量は減っていきます。

そんな健康を考えたい
知りたい
という方は、是非、お気軽にご相談ください 写真 のコピー


白山登山してきました
Posted at Jul 22, 2013  08:56 in エンタメ

白山というのは、
富士山・立山と並び称される日本3名山に数えられる名峰です。

小さい頃は、たまに親に連れられて登っていました。

久しぶりに登ってみたくなり、
友達と毎年計画するものの、日程と天候が合わずに、
ここ2年断念しておりましたが、
3年越しで、ついに昨日、登ってきました。

朝3時半に起床し、
(普段の土曜日なら下手したら飲んでる時間だな)
準備万端で!!

いや〜
しんどかった。

もうちょっと楽なイメージだったんだけど、
甘くないです。

これが、痩せる前だったらと思うと、やばい!!

さて、登りながら思ったこと。

これは、目標達成のプロセスと同じだなって。

山の頂上という明確な目標があるから、しんどくても、ゆっくりでも、必死で
一歩一歩進み続ける。

ヒトに抜かされることがあっても、
焦らず、自分のペースで。

でも、頂上は見えども、一体どのくらい行けばゴールなのか分からない。

あと、何時間歩かなければ行けないのか?
この努力の程度が分からないって、本当にしんどい。

普段の「こうなりたい」目標でもそうだと。
一体、この努力がいつまですれば、目標とする自分の姿になるのか?
成長しているのかどうかも分からない。
けれど、あきらめずにやれば、必ず、目標には到達する。
どこかで、あきらめれば、
目の前に迫っていた頂上を見ずにあきらめて、下山している。

そんなことを人生でも繰り返しているんじゃ無いか?

そんなことを感じながらの登山でした。

①明確なゴール設定。
登山であれば、頂上って言うのは本当に明確なゴールであるわけです。

②焦らず、自分のペースで、必死に一歩一歩進む

この2つが本当に大事なんだと思う

そして、もしかしたら、最も大事かもしれないこと

それは、

③仲間を持つこと

今回は、気の置けない仲間と3年越しの計画を実施しました。

もし、仲間がいなかったら、本当に登山をしたか?
しんどいときに、仲間がいなければ、引き返していたかも知れない。
達成したときに、共に喜びを分かち合う。

これって、すごく大事なことだと思う。

仲間に感謝!!!

PS 厳密には、室堂までだから頂上では無いんだけどね ^_^; DSC00699


インプラントに力入れてますか?
Posted at Jul 13, 2013  08:59 in 医療

先だって、業者さんと話していたときの話。

「そういえば、先生のところって、インプラントに力入れてないんですよね。
たしか、そうやっておっしゃっていたので」

って。

いやいや、これっておかしい言葉だと思うんです。

僕が当時何を言ったか?

「うちはどんどん積極的にインプラントを勧めるのではなくて、まず残せる歯を残す努力をするんだよ。他院で抜歯っていわれたケースでも残せることは良くあるよ」

って。

我々、歯科医師は、本来、そのある歯を、
いかに保存し、いかに守り、健康でいていただくか?

に力を入れるべきです。

それでも、どうしようも無いときに、
『インプラント』
という選択肢が来るわけです。

つまり、インプラントは最終手段であり、
そうなった場合に、
そのインプラント治療が長く継続的に使えるために、
インプラントの勉強も欠かさないわけです。
だから、僕はインプラントの勉強も結構してます

多くの歯科業界に携わるヒト、
業者も歯科医師、そして患者様も含め、
その辺を、圧倒的に誤解していると思います。

インプラントはケースの選択と、適切な処置さえすれば、
QOLを高める非常に有効な治療方法であることは間違いありません。

しかし、あくまでも、最終手段です。

まずは、歯科業界が、
必死で
「歯を保存し、守る」
ことを、実践しないで、
明るい歯科の未来は無いだろうと思います。


何故、栄養療法なのか?
Posted at Jul 10, 2013  09:07 in 医療

昨日のこと

患者様と、ダイエットについて、
栄養療法を元に話していたところ、

「先生、なんでそんなこと勉強してるの?」

という話になりました。

僕は、
歯科医院こそ、
『ホームドクターになるべきである』
と考えています。

1,日本中隅から隅まで歯科医院はあること
2,医療機関で唯一、問題を意識していないにも関わらず定期的に受診する
3.基本、治療は出来ないので、問題があると分かれば速やかに、紹介できる

だからこそ、歯科医院で、
体全体のこともある程度、把握して
そして、慢性疾患にたいしてアプローチすることが
日本全体の元気に繋がるからです。

そして、
元気になるため、
慢性疾患を予防するためには、
栄養療法が必要だと考えています。

コレを考えるだけで、
ダイエットにもなります。
あっという間に痩せますよ!!


七夕
Posted at Jul 03, 2013  08:56 in エンタメ

小さい頃って、
七夕ってなんか、一大イベントみたいな感じがしてたけど、
大人になって、そういうのって薄れてきたって気がしませんか??

でも、自己実現には七夕って実は、
結構「あり」なシステムだって思います。

思えば、
僕は幼稚園の頃、七夕に
「お父さんみたいな歯医者さんになる」
って書いてたそうです。

大人になると
なかなか自分の想いとか、目標とか、夢って恥ずかしくて表に出しにくいですよね

けれど、表に出して、
アピールすればするほど、到達に近づくということはよく言われています。

七夕なら、人知れず、アピールでき、
そして、
自分の中では、
「書いた」
という事実が、目標到達に向けてドライビングフォースになる
そう思うんです。

当歯科グループでは、
毎年恒例、七夕祭り開催中

是非、みなさまコレを機会に
短冊を書きにだけでもお気軽にいらっしゃってくださいね!! 写真-46


日本のメーカーの戦略は正しいのか?
Posted at Jul 01, 2013  16:31 in 思ったこと

現在の日本の家電メーカーの苦境は、TVのシェア争いに負けた点が大いにあると思われる。

かつてのブラウン管市場は、
長年培った技術が非常に生きる商品だったらしい。
したがって、その辺の部品を集めてきても、
おいそれと商品力の高い製品を真似することが難しかった。

しかし、薄型TVになっては、その蓄積した技術が全く意味をなさなくなった。

もちろん、細かいところで言えば、大きな技術力の差はあっても、
部品さえそろえれば、誰が組立ててもとりあえず、それなりに映るということになった。
それも、デジタル化によって、それはより鮮明になった。

そこで、
新興勢力は、安い部品を集め、低賃金の労働力で組立て、
そして、信じられない低価格で、販売をしました。

もちろん、そこには明確な差は一見無くなり、日本メーカーは苦戦を強いられました。

そこに、サムソンを代表とする韓国メーカーの追い上げがありました。
技術の蓄積では、やはり日本メーカーと韓国メーカーには、それなりの差はあるものの、ウォン安と、販売戦略によって、日本メーカーは一気にシェアを奪われました。

アメリカでは「メイドインジャパン」の信頼度は非常に高いのですが、
アメリカ人の中には、サムソンが日本のメーカーだと思っている人も多いと聞きます。

そこで、完全に、日本メーカーは八方ふさがりになりました。

今の日本メーカーの戦略を見ると、
4K、高性能
という戦略のように見えます。

果たして、この戦略で本当に勝ち抜けるのでしょうか??

4Kがどれだけ素晴らしくとも、
ほんの数年、もしかしたらほんの数ヶ月で、
新興メーカーは4Kパネルを格安で手に入れるかも知れません。

高性能は一見素晴らしいのですが、
家庭用TVでネット検索をする人間が一体どれほどいるでしょうか??

僕は、今自宅でのネットサーフィンにはiPadをWi-Fi経由で使っています。

PCすらもほとんどネット利用には使わなくなりました。

今の若い子達は、ほぼ携帯が主要端末になっています。
TVも携帯で見る時代ですよ???
何故、スマートテレビに走るのか??
僕は現在のTVはねっとにつなげてもいません。

消費者は、

映りが良く、
見た目がオシャレで、
大容量のHD録画が出来、
ブルーレイはTVの設置状況による

という点ぐらいしか求めていないのでは??

訳の分からない機能は排除して、
もっと安くして

っと思っているのでは無いでしょうか??

そして、もう一つの疑問

もし、安く作るメーカーの押されているのであれば、
そういう会社を作ってはダメなんでしょうか??

ANAだって、PEACHという別会社をもってますし。

いずれにせよ、メーカーは将来をどう見ているのか??
凡人にはわかりませんね


効果的なダイエットとは?
Posted at Jun 28, 2013  14:45 in 医療

とある雑誌で、どの年代にどのようなダイエットが向いているのか?
そして、様々なダイエットの中で、どれが非常に効果的なのか?
を特集していました。

細かいことは忘れましたが(爆)

結局は、
・食生活を気をつけて
・有酸素運動を取り入れて
・筋肉トレーニングをする
ということでした。

まあ、この3つをやればそりゃあ痩せるよねって。

で、1番気をつけなきゃ行けないのは、食生活ですね
いかに、健康な状態を保ちながら、かつ、太らない脂肪を燃焼させる体作りをしていくのか?
一般的な、「食べないダイエット」は、カロリー摂取は減るので、たしかに痩せるかも知れませんが、体に必要な栄養素を摂取しなくなるので、その後に大きな問題を引き起こします。

したがって、カロリー摂取を押さえつつ、栄養を得るということが必要になります。

個人的には、カロリー摂取量は多少くとも、必要な栄養素を摂取することの方が「痩せる」と実感していますが・・・


スタッフが退職しました
Posted at Jun 26, 2013  20:03 in お知らせ

昨日で、中山歯科医院のスタッフである
安藤(旧姓白尾)が出産の退職しました。

涙腺の弱い子でしたが、
人知れずガッツがあり、
必死でついてこようとする子でした。

また、人の良いところを見るということが自然と出来る子でした。

これから、もう一ステージ上がったところでの活躍を期待していたのですが、
出産では仕方がありません。

でも、きっと、落ち着いたら、復帰してくれると信じています。

会えなかった方は残念。

でも、今週末の、当歯科グループでのBBQには参加予定ですので、
是非、皆様もどうぞ!!


体重
Posted at Jun 21, 2013  09:47 in 思ったこと

最近、僕は3つの成長戦略を立ててます。(笑)

1,糖質コントロール
2.サプリメント
3.加圧トレーニング

この3つで、僕の体重は、3〜4ヶ月でおおよそ6キロぐらい痩せました。

しかも、炭水化物以外は食べたいものを食べ、
お酒もそれなりに飲み、
それほどストレスを感じずにです。

今日は、朝、何年かぶり、いや、へたしたら10年ぶりくらい?に
体重計が60キロ台を示しました!!
といっても、69.9キロだったんですけどね。

嬉しくなって、写真を撮ろうと、
携帯を持ったら、70キロになってしまいました。

体重計は正確だ…


統一球問題
Posted at Jun 13, 2013  09:57 in スポーツ

どうみても、加藤コミッショナーはおかしいでしょ。

彼がコミッショナーになってからの報道(報道が正しいかどうかも疑問はあるけれど)
から判断するに、
彼がかなり独裁的であるのは、明らか。

飛ばなかった統一球にしても、彼の発案でボールが変わったはず。
その独裁者が決めたボールを勝手に事務局が変更するとは思えない。
しかも、メーカーにまで公言するなって。

もし、本当にコミッショナーが知らなかったとしたら、
コミッショナーを落とし込めるための何かか?
もしくは、野球賭博とかに絡んだ大がかりな組織のやり口なのか?

とにかく、現状の説明は全く腑に落ちない。

「アメリカで巨人阪神戦をする」
なんて、訳の分からないことを勝手に決めて見て、
結局、棚上げになってしまったり。

いずれにせよ、
加藤コミッショナーに、組織が長がつとまる資質があるとは
この一連の不祥事や対応を見ても思えないね。

それにしても、
日本の組織、今のトップは質が低いと思うのは僕だけだろうか?

全柔連の、
「暴力ゼロ」
の報告書を平然と出してしまう、感覚のなさ。

様々、心配になっちゃいますね


言い方には問題あるのかも知れませんが・・・・
Posted at Apr 26, 2013  19:00 in 医療

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013042401070

麻生さんの記事。

現代病の多くは、
生活習慣病です。

こういう側面は確かにあります。

歯科治療で言えば、
虫歯も歯周病も、一部の特殊な細菌を持つ方を除けば、
普通に予防出来る疾患です。

糖尿病もそうです。

けれど、誘惑に負けてしまう気持ちもよく分かります。

僕は、最近、3本の矢で、ダイエット成功中です。

一つは、糖質コントロール。
一つは、栄養療法
一つは、加圧トレーニング
です。

まず、糖質コントロール。
現代病は糖質の摂取が非常に多くなっています。
しかし、我々の体は摂取した栄養素から糖質を作ることが出来ます。
ですから、実はわざわざ糖質は取る必要が無いのです。
糖質を摂取した場合は、それによって、血糖値の乱高下を引き起こし、低血糖状態になったときに様々な症状を引き起こします。
糖質の摂取は、体内で生成される糖質を使わないことになりますから、代謝のサイクルが狂うことになります。
逆に、糖質の摂取量を減らせば、サイクルが回り出し、糖代謝によって体は痩せていくことになります。
では、糖質は何か?
一瞬お菓子などと思われますが、もちろん、それもそうですが、
大きいのは炭水化物です。
ご飯、麺類、パン。
これら、主食とよばれるものです。
ただ、糖質が滅茶苦茶多いのです。
で、僕が実践しているのは、
炭水化物の摂取量を減らす(本当は無くした方がよいのですが、僕は、ご飯が好きなので精神的にも無くすのは無理!!)
お酒は、ビールは飲まずに、ハイボールや焼酎。
甘いものはなるべく食べない。
これだけで、かなり痩せます。

次の柱。栄養療法。
代謝のサイクルをしっかり回すには、それに必要な栄養素を摂取することが欠かせません。
いくら、ただ、サプリメント摂っていても、そのサプリメントが吸収され、利用されなければ、そのサプリメントは全くの無駄と言うことになります。
いかに、効率的・効果的に栄養を摂取するか?
これが、リバウンドをしない、健康的な、体調維持管理には欠かせません。
しかし、そのバランスが難しい。
もし、知りたかったら、いつでも相談して下さい。

3つめ、加圧トレーニング。
本当は、有酸素運動もいいのでしょうけれど、基礎代謝を手っ取り早くあげるために、筋肉量を増やす事が大事。
というわけで、ちょっと加圧を始めてます。
まだ、3回しか行ってないけどね

これで、僕は、4〜5キロ2ヶ月で痩せました〜。


イレッサ問題に我おもふ
Posted at Apr 13, 2013  09:46 in 医療

イレッサ問題で、原告側が完全敗訴した。

これは、十分想像できたことである。

しかし、やはり違和感はぬぐえない。(判決がどうのこうのではなく、あくまでも違和感)
どんな違和感か?

イレッサは確かに、効くケースはびっくりするほど効くらしい。
もう手の施しようがないような肺がんの患者様でも、びっくりするような効果があることもある。
そういう意味で、たしかに「夢のくすり」の側面はある。

しかし、何故、世界で初めて日本で認可されたのか??

これは、明らかに不自然ことだと思う。

日本の認可は恐ろしく遅い、いや、慎重だ。

海外で、十分に実績があり、
もはや第一選択として用いられてるようなものも、認可が全く下りない。

我々の業界で言うと、
Bi-ossという、骨補填材は、もう10年以上も使われている補填剤である。
しかし、認可が下りたのは、およそ1年前。
あまりにも遅すぎるとしか言いようがない。

そういう点で言うと、
何故、イレッサは、異例の早さという以上に、
世界で初めて認可されたのか??
完全に、実験場となってしまったのか?
だ。

記憶にある、異例の早さでの認可は、
「バイアグラ」
だった。
なぜ、バイアグラが、恐ろしく速いスピードで認可されたのかは、
政治家や官僚が使いたかったから
なんてことが、まことしやかに言われている。

現在、子宮頚癌ワクチン接種が義務化?されつつあるが、
これにも、製薬会社の思惑がかなり絡んでいると言われています。

例えば、日本会社が開発したものであれば、早く認可を通すことも、
ある程度、大目に見ることも必要かも知れませんが、
日本の政策は何故、海外の企業に+のことばかりなのでしょうか??

TPP問題でも、
アメリカ側から
かんぽでの、ガン保険の認可を下ろさないで欲しいと言う要望をうけ、
政府は、そういうOKをだし、発表した。

もともとガン保険は何故か外資系の企業しか、商品をつくれなかった。
一体何故、日本の保険会社がガン保険をしてはいけないのか??

薬の問題も含め、
ダブルスタンダードが最も問題だと思う。

ルールとは、
守らないものを罰するためのものではありません。
運用する側の行動を制限するものです。

例えば、万引き犯が裁判を受けるとして、
法律が無ければ、
ある裁判官は無罪にして、
ある裁判官は死刑にする
なんてことも起こりうる。
だからこそ、権力者側の行動を制限するのがルールなのである。

そのルールがダブルスタンダードになっていて、
自らの行動を、より良いようにルールを解釈していることが、
現状の様々な問題に繋がっているのではないだろうか?


原発水漏れ問題に我思ふ
Posted at Apr 10, 2013  14:37 in 時事

福島原発で水漏れ問題が出てきた。

僕は、原発は非常で危険ではあるものの、安全保障上の問題で、
維持せざるを得ない
という考え方なのですが、
それは、十分な管理が出来るという前提です。

今までのシステムでは、全く管理が出来ないことが分かっていたにも関わらず、
そのミスの放置が、福島に十代難問題を引き起こした。

そして、それは、変わってきたと信じたかった(なかなか信じられるものでは無かったが・・)

今回の問題は、やはり、彼らに原発の運営は無理だと言うことを露見したと思う。

原発に関して言えば、もはや、楽観主義はだめなのである。
「もしかしたら???」
を前提にセーフティーネットを整備しなければならない。

水をためておく状況があれば、
万が一、漏れ出すかも知れない。
万が一、破れるかも知れない
そういう危機管理を当然すべきであったはずだ。

それが、この2年、全く放置されてきた。

この2年の間に、万が一起こるかも知れない全ての問題に対処出来るような取り組みを何故してこなかったのか???
つまり、もはや、今のシステムでは何にも管理が出来ない。セーフティーネットの整備が出来ないということが分かった以上、残念ながら、原発は無くす方向に進むしか無いように感じる。

現在の安倍政権は原発維持派である。
個人的には、安倍さんなら変えてくれるそう思うのだが・・・・・


Happy Wedding
Posted at Apr 08, 2013  12:37 in 医療

およそ1ヶ月前、ある患者様が来られました。

式まで、もう1ヶ月を切ってる状態で、

前歯の暗いのを、どうにかして欲しいと。。

どういう状態かといえば、
昔、神経を取った歯が、変色してしまっているという状況でした。

もう時間もなく、
一応、ねっこの治療もベストではないものの、
問題はなさそうでした。

通常であれば、
削って型取りをして、
被せて、
結婚式だからキレイにしましょう。
っといって、自費で被せて10万円。

そんな感じかも知れません。
でも、やっぱり天然の歯の美しさには勝てないと、
一本だけのホワイトニングをオススメしました。

で、
今日来られて、みると、見違えるようなキレイな天然の歯の色を取り戻していて、
結婚式も無事に終わられたとのこと。
写真もみんな白い歯で撮れたし、
お母さんも喜んでいた
とお聞きして、
良かったな〜
っと思ったのでした。

出来れば、もうちょっと早く来ていただいていればな〜
っと言うところでしたが、
結果OK。
間に合って本当に良かった

やっぱり、一生に一度。
キレイな状態で、
後悔のない式を送って欲しいですよね!!


体に必要な栄養素の話 番外編
Posted at Apr 05, 2013  17:51 in 医療

さて、全然書いていないのに、いきなり番外編の登場です。(笑)

当院でも行っている、栄養療法は、血液検査データから、お医者さんが分析して、
その人に必要な栄養素を提案するという、
とても科学的なシステムなのですが、

その血液検査データを調べる際に、70項目も調べるのです。

血液検査のデータは、いろんな事が分かるとても有意義なものですが、
栄養不足出ると、それらがマスキングされて、本来のデータとは違うことがあります。

例えば、糖尿病の指標となる、
Hba1cですが、このデータもマスキングされるそうです。

HbA1cはヘモグロビンと糖の結合を調べるものなのですが、
栄養不足の場合、ヘモグロビン量も少ないケースが多いために、
通常よりも低く表示されるようです。

逆に言うと、ヘモグロビン量が多い方は、必然的に、HbA1cが高くなると言うことです。

また、高齢者や飲酒者は、血液が濃縮されているので、一見ヘモグロビン量が正常とみられることもありますが、実は総量はもっと引くだろうと言うことも予想されます。

というわけで、血液検査はとても奥が深い。

実は、この話、勉強したばかりでした(笑)

HbA1cは無視しろっと言うことではなく、総合的に見ていく必要性があると言うことです。


静脈内鎮静法
Posted at Apr 05, 2013  09:30 in 医療

当院で大きなOPEをするときは
(といっても、入院するようなことではないですよ)

患者様に、
静脈内鎮静法を用いるかどうか?
とおたずねすることにしています。

ひとことでいうと、
ぼーっとしている間に処置が終わる
ということです。

でも、僕自身、実はうけたことが無かったのです。

というわけで、
昨日、人間ドックをうけた際に、
胃カメラを飲むとき、静脈内鎮静法を選択してみました。

その感想は??

全く、何をしたのか?
記憶が全くありません。

何が起こったのか??
注射されて、
「なんか体に回ったな??」
って感覚になってから、20秒くらいしか記憶が無い。
で、目が覚めたのは、
回復室?みたいな椅子の上。

えっ??
なにがあったの??
という感じでした。

恐るべし、静脈内鎮静!!


本日より新人さん入社!!
Posted at Apr 01, 2013  09:06 in お知らせ

当中山歯科グループの中山歯科医院に、本日新人衛生士が入社しました!!

やる気がある彼女をどう導いて行けるのか?

それはもう、僕次第と思っています。

リーダーとは、
「その人の行きたい場所に連れて行く人」
ではなく、
「その人の本来行くべき場所に連れて行く人」
といいます。

人は、自分の可能性に夢を見ながら、
それでいて、過小評価する傾向があります。

でね、
人って言うのは、もっと無限の可能性を持っている。
その可能性を最大限に広げるためのお手伝いが是非、出来たら良いな


おそるべし日本ハム
Posted at Mar 30, 2013  09:15 in スポーツ

昨日、プロ野球が開幕しました。

巨人ファンの僕としては、
宮国が桑田以来の若さで開幕投手に選ばれ、
しかも、
チームは勝利を収め、言うことのない開幕でした。

しかし話題にしたいのは、日本ハムです。

日本ハムは、
まさしく、フロントの重要さをまざまざと感じさせるチームです。

主力を放出した年には必ず優勝するというジンクスがあります。

2007年新庄、小笠原、岡島という主力を放出
2009年マイケル中村
昨年はダルヴィッシュ

そこには明確な戦略。
つまり、戦力的に問題が無いというフロント、編成力があります。

今年は、糸井、田中とこれも、主力も主力。
大黒柱的な二人を放出しながらも、明確な意図があるのでしょう。

それは、もしかしたら、「大谷」
の存在かも知れません。

大谷は、メジャーを第一志望に掲げながら、
栗山監督に説得?されて日本ハムに入団しました。
その際の口説き文句は、2刀流でした。
つまり、野手としても投手としても育てると。

で、その言葉通り、
キャンプではそういう使い方をされていました。

また、評価も高く、
中田翔いわく、初めてダルヴィッシュを見たときと同じ衝撃を初めて感じた
と言っています。

そんななか、びっくりしましたが、
昨日の開幕戦、スタメンでの起用をされました。

そして、またまたびっくりなのが、
2安打を放ち、
しかも打点まであげるという、大活躍でした。

さて、もし、このチームに糸井がいたらどうだったでしょう。
きっと大谷はスタメンでの出場はなかったでしょう。
つまり糸井放出には、明確な意図があったのです。

ちなみに、2007年の時、若手として成長したのが、糸井でした。

もちろん、そうなるためには、
フロントと現場の密な関係が絶対に必要だと思います。

いつも選手を放出やメジャー行きをバックアップしながら、
年俸を抑制し、
かつ
勝つチームを見事に作り上げる
その戦略と戦術は、素晴らしいと思います。

さて、次の楽しみは
「大谷が一軍のマウンドに立つのか?」
です。
そうなったら、日本の、いや、世界の注目を集める事となりますし、
野球人気が復活してくるかもしれませんね


銀行の責任は重い
Posted at Mar 26, 2013  11:17 in 時事

各地で起こる金融危機。
その大本をたどると、その責任の多くの部分が銀行が占めていると言っても過言では無いと思う。

今回のキプロスの金融危機のからくりはこうだ!!
(実際調べたわけではく、TVからの情報なので、嘘だったらごめんなさい)

キプロスは、EUの中で最も法人税が安く、
またチェックも甘いので、
多くの「裏金」が銀行に流れ込んでいました。

特に、ロシアンマネーは、
地域的・経済的な繋がりから
相当な額がキプロスの銀行に流れ込んでいた。

それによって、銀行は、
国のレベル以上の預金を抱えることとなる。

銀行側は、その預金の運用に、
「ギリシャ国債」
の購入に多くを充てていました。

で、皆さんご存じの通り、
ギリシャはああいう状態ですから、
国債の価値ががた落ちし、
キプロスの銀行や国は一気に破綻に向かった

というのが、構造です。

つまり、預金に汚いお金が使われていた
というのは置いておいて、

銀行は、やる必要が無かったかも知れない投資をして、
なんら責任の無い国民に大きな付けを払わそうとしていることになる。

誰かは忘れましたが、
(超有名な経済学の古典)
この世で最も良くない職業は、
「ものを生み出さず、お金を動かしているだけで儲ける仕事だ」
といっています。

もちろん、現代社会において、
銀行はとても必要なものだとは思います。

ただそこに、倫理観や道徳観というものは、
どんな職業の人よりも持つ必要性があるかも知れないと言うことです。


映画『アルゴ』
Posted at Mar 23, 2013  13:11 in エンタメ

ちょっと時間が合ったので、
アカデミー賞でのベンアフレックの興奮ぶりが思い出される中、ゲオに行って、『アルゴ』をレンタルして見ました。

僕的には、かなり面白かったなっという印象です。

普通に考えて、
あり得ない設定で、
こんなバカなことを・・・・

っという内容が、史実に基づいているという点が、
不思議な感覚です。

最終的に、「たすかる」
というのは、分かっているのですが、終盤はドキドキしました。

久々に、ブルーレイでも買おうかなって思いました。

お暇なら皆さんも是非!!

PS
返しに行くの一日延滞。
借りるときは、なるべく長めに借りる方がリスクが低いと思いました


がん検診してきました!!
Posted at Feb 26, 2013  12:04 in 医療

つい先日、がん検診をしてきました。

一般的にがん検診というと、

胃カメラ飲むとか、
X線写真とか、
最近はPETなんてのもあります

けれど、僕が受けたのは、これ
http://www.yobouigaku.jp/pickup02.html

血液を採るだけという手軽さと、
新しもの好きな、そして、医療人の僕は、ちょっと試したくなり、
やってきました。

結果は問題なし。

それにしても、きっとこういう時代になっていくんだろうなーっと思いました。

値段は髙って感じですが、
リスクが低く、かつ、簡便で、精度が高い
なら、今人気っていうのも分かる気がします。

現在のバリウムを飲んでの造影は、意義が低いと言われていますが、未だに、これが主の検診の形態です。

よりコストが低く、手間がかからず、精度が高い
そういうものにシフトしていくことこそが、
少子高齢化や、労働人口の減少、世界への競争力でも必要だと思うんですけどね。

いずれにせよ、
消化器系のガンは多分大丈夫!!
ピロリ菌もいなかったしね〜


雑感②
Posted at Feb 21, 2013  09:29 in 思ったこと

六本木襲撃事件

はっきりいって、これが日本の事件なのか??
と思うくらい、
超凶悪事件だとおもう。

それなのに、殺人事件の適用がされないらしい。

明らかに計画的で、
かつ、
犯人グループの多くは出頭している。
つまり自白していると言うこと。

何故、
誤認逮捕をし
自白を強要させ、
証拠もでっち上げたような事件がある一方で

これだけ明らかな状況で、
これほど凶悪な、安心して町を出歩けなくなるような事件に
何故、殺人罪が適用されないのか????

なんか、うさんくさいよね


雑感1
Posted at Feb 20, 2013  16:38 in 思ったこと

未成年無免許居眠り運転事故

刑が軽いということで、問題になっている。
僕が思うのは、以前も書いたかもしれないが、
無免許で運転をすると言うことは、凶器を振りかざしているのと同じと言うことです。
つまり、本来交通事故として扱う事案ではない。
交通事故を論点にするから、こういうことになるのだと思う。
今回の事件。
日本刀やたらめったら振りかざし、今までは周りの人にたまたま刺さらなかったけど、今回は、大勢の人に刺さった。
いつも拳銃を乱射しているんだけど、今までは、たまたま当たらなかったけど、今回は大勢に当たった。
これらのたぐいと全く同じだと思う。

つまり、僕は殺人罪の適用が望ましいと思う。

今回の判決で、被害者並びに遺族の方は上告するだろう。
論点をかえてみたらどうだろうか


カラダに必要な栄養素のおはなし③
Posted at Feb 19, 2013  15:32 in 医療

さて、鉄分をいかに摂取するか?

一日に摂取したい有機鉄は24㎎です。

では、どのくらいの食品を摂れば良いのか?

イワシなら34匹
豚レバーなら750グラム(レバニラ炒め10人前)
ほうれんそうなら24束

です。

さあ、みなさん、頑張って食べてくださいね!!!

って、そりゃあ無理な話ですよね。

食生活を気にするには越したことはありません。
例えば、肉も魚も赤身は鉄分摂取しやすいです。

ほうれん草を、それなりに食べるのもありでしょう。

けれど、やっぱり足りない。

ではどうするか???

やはり、補助的にサプリメントを使用するのも一つでしょう。

ただし、
医科で処方されるものは、非ヘム鉄ですので、注意が必要です。
また、安いサプリメントは添加物が含まれていたり、吸収を阻害するようなものがあったり。

そういうことに気をつけて、楽しい鉄分ライフを!!!(笑)


進む時間をコントロールする
Posted at Feb 18, 2013  17:26 in 医療

我々は、そのまま生活していれば、
時間の進むスピードは一緒です。

そりゃあ、
ドラえもんがいれば・・・
009のように加速装置が使えれば・・・

さて、
録画した番組で、ちょっと気になった、一瞬の絵を見直そうとした場合、
皆さんはどうされますか??

多くの方は、こうするのではないでしょうか?

スロー再生。

何故スロー再生にするのか?

それは、その方が確実にわかるからでしょう。

では、歯科治療をする場合、
通常のスピードで再製する場合と
スローで再生する場合
どちらが確実な処置が可能となるでしょう??

もちろん、スロー再生ではないでしょうか?

つまり、我々は、見ている絵をなるべくスロー再生のように見たいわけです。
けれど、我々には、

ドラえもんも

009も

いませんし、

時を止めることも
出来ません。

ではどうするのか?
それは、視野を拡大するのです。

裸眼であれば、
1㎜は1㎜です

しかし、もし10倍の拡大が出来たら、
1㎜は10㎜につまり1センチになります。

人の手がもし、最高に丁寧に治療出来る能力が
「1ミリを1秒かけて削る」
だとしましょう。
もし、1㎜を10㎜と視野が判断すれば、
「1㎜を10秒かけて削る」
事が可能になるのが拡大視野なのです!!!

どちらが、精度の高い治療になるのでしょうか???


カラダに必要な栄養素のおはなし②
Posted at Feb 08, 2013  19:41 in 医療

現代において、ついつい不足しがちなミネラル、鉄分。

特に女性は、そういう傾向が強いです。

「私は血液検査で問題なかったよ!!」

というあなた!!
前回の記事で書いたように、
血液検査の基準値はとてもいい加減なものです。
それを鵜呑みにしてはいけません。

現代人は、総じて、鉄分不足である傾向が強いですから、
基準値に入っていたとしても、それは
みな鉄分不足
ということになります。

鉄の働きは何か?
・赤血球を作ったり
・酸素を運んだり
・骨、皮膚、粘膜の代謝に働いたり
・コラーゲンの整合性に働いたり
・免疫に影響を与えたり
・知能、情動に影響したり
・消化器に影響したり
・筋肉を収縮させたり
します。

つまり、不足してくると
・シミが増えたり
・肌のハリがなくなったり
・ニキビが治らなかったり
・ツメが変形したり
・貧血、頭痛、耳鳴りがしたり
・手足が冷えたり
・疲れてイライラしたり
・集中力が無くなったり
・粘膜が弱くなったり。

みなさん、ちょっと心当たりありませんか???

そんな方は鉄分不足かもしれませんよ〜

では、その対処の仕方は?!

それは、次回に。。


カラダに必要な栄養素のおはなし①
Posted at Feb 06, 2013  12:28 in 医療

人には、どのくらいの栄養素が必要なのでしょうか?

現在の過不足を調べるのに、最もよく知られたものは、血液検査でしょう。

では、その血液検査。

データのもととなる基準値(昔でいう正常値)。

それが、凄く重要だ。
僕も、そう思っていました。

しかし、本当のところは、とてもいい加減だったのです。

データは、どこかのお医者さんの団体や学会が定めていると勝手に思っていたのですが、実は、各検査会社が決めています。

また、データを取るためには、基準を厳しくして、
おかしなデーターが出そうな場合、それを排除すべきですが、
そういうことは、あまり行われていません。

サンプリングは120名以上が望ましいとされているようですが、
多くの会社では、10〜20名程度しかサンプリングされていないようです。

つまり、基準値自体がとても、いい加減で、
本当の参考程度にしかならないということです。

とはいえ…です。

皆さんの血液検査から得られたデータは
非常に重要なものです。

したがって、基準値に、ただ単に、右往左往するわけでは無く、
純粋にデータを見ていく必要があるので。

というわけで、
今後、栄養素について、連載をしていこうと思っています。


お知らせ
Posted at Jan 26, 2013  09:52 in お知らせ

訳あって、ブログの更新を中断しておりますが、
これだけは、書いておかなければと思い、ブログを更新させていただきます。

当グループ、
中山セントラル歯科の受付であります、竹原が明日をもって退職させていただく事になりました。

入社当初は、頼りなく見え、
大丈夫かな
っと思いましたが、

持ち前の明るさと、
人の事を絶対に悪くいわない性格、
そして、
強い責任感をもつ

本当に、素晴らしい受付でした。

彼女がいなくなるのは、
当グループにとって大いなる損失ですが、
結婚そして、別の土地へ嫁ぐという人生の転機

彼女なら、きっと笑顔を絶えない、
素晴らしい家庭を築かれるのだろうなっと思いますし、

心から、応援したいと思います。

皆様には、
ご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、
今後ともよろしくお願い申し上げます。


骨粗鬆症
Posted at Jan 09, 2013  19:56 in 医療

歯科医院での骨粗鬆症の問題は、
その多くは、ビスホスホネート剤による、骨代謝不全が問題とされていました。

骨粗鬆症は、人の体のターンオーバーの中で、
骨吸収が骨再生を上回ることによって起こる疾患です。

ですから、その骨代謝の流れを押さえ込むことで、
骨を維持しようという考え方です。

以前は、あまり大きく取り上げられていませんでしたが、
高齢になった後の骨折が、QOLの低下だけでは無く、
比較的死期を近づけるという点で、最近は大きなトピックになっています。

さて、
口の中どういう関係があるか??

口の中というのは体の中でほぼ唯一、外界と常に大きなストレスを接する器官です。

そのストレスに対抗するために、
口の組織は、代謝を高めることで、多くの機械的刺激や感染から体を守っています。

ビスホスホネート剤を使用することで、
その代謝が押さえられてしまうので、
口の中で、ストレスに対抗できないということも起こりえる訳です。

歯を抜いた後、治りが悪くて、重篤な状態になることもあります。

しかしながら、骨粗鬆症が、死期を早める可能性がある以上、それを無視することが出来ない。

というわけで、僕が考えるに、
予防的投与はなるべくさけ、

確実に骨粗鬆症と診断された場合に、投薬に踏み切るというのが正しいかと思います。
現状の、医科における問題点は、
「あまりにも安易な予防的投与」になると思っています。

では、その診断、スクリーニングをどうするか???

そこで、我々、歯科医師の出番です!!!

実は、歯科医院で非常に良く撮影される、パノラマX線写真(横長の大きなレントゲン写真)ですが、これで、骨粗鬆症のスクリーニングが出来ることが最近分かってきました!!!

僕は、歯科医師こそ、ホームドクターになれる存在だと常々おもっているのですが、
このような、慢性的な疾患をスクリーニングできることは、
国民の生活に大きく寄与出来ますし、

また、

スクリーニングされていることによって、
医科の先生も診療体制を築きやすいと思います。


毎月恒例!!
Posted at Jan 04, 2013  12:40 in お知らせ

お客様通信アップしてます!!


あけましておめでとうございます!!
Posted at Jan 04, 2013  09:02 in お知らせ

みなさま、あけましておめでとうございます!!

本日より、当歯科グループも通常の診療になります。

皆様にお会いできるのが楽しみです。