ドクターBlog

中山歯科医院副医院長中山大蔵のBlogへようこそ
* 利用規約というほどのものはありませんが、左の「このブログについて」を一読下さい。
* 中山歯科医院&中山セントラル歯科のお知らせ も要チェック!?
* 全く関連のないコメントの投稿もOK!関連しないものは最新のエントリにコメント下さい。
* メールマガジン「これを実践!!スーパー衛生士への道。(ID:0000196966) 」を発行しています。
   メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
   
     まぐまぐ

懐かしい写真
Posted at Oct 28, 2011  09:44 in 思ったこと

先日、小学校の同窓会がありました。

んで、その縁?で、facebookに懐かしい写真を友達がアップしてくれました!!

なんか、いいね。

てか、僕の人生最大のモテ期は、幼稚園だったのですが(笑)

(そこからどんどん顔が変形してきた)

小3くらいだから、まだその片鱗があるかもね(爆) 294089_130547980385252_100002901517213_127487_1719283336_n


自信と過信
Posted at Oct 27, 2011  13:00 in 思ったこと

生きて行く上で、
仕事をする上で、
自信はとても重要だ。

これがないと、人生大変だと思う。

でも、過信は最悪だ。
過信をしては、物事が全く見えなくなってしまう。

でも人って、勘違いついしてしまう。
そこに、自ら気づくのか??
誰かにきづかせてもらうのか??

どちらでも良いと思う。

大事なのは、
気づいて、自らを律して、
また前に進むこと。

その時に、
自信を失う必要はない。
気づいたと言うことも、自分がそれだけ成長できているから気づくのだ。

だから、自信を持って、過信を持たない。
とても大事なことです。


タイの洪水そして、トルコの地震
Posted at Oct 26, 2011  11:31 in 時事

日本も大変ですが、世界も大変です。

災害が多く起こっています。

さて、そんな現状を見ながら思ったことがあります。

トルコの地震。
多くの死者がでて、大変なようです。
数年前もトルコには大きな地震があって、
同じような光景を見たような気がします。

世界中で起こる地震の約10%ほどが日本で起こっているという話らしいのですが(未確認)
トルコは、そんな日本よりも地震が多いらしいです。(未確認)

そこで、今回の地震の様子をTVで見るわけです。
えっ、見るからに耐震なんかされてないような建物ばっかり・・・・
ビルも何軒もつぶれてる。
地震大国なのにですよ。
結局、そこまで深刻に物事を考えていないのだと思います。
もちろん、真剣には考えているでしょうけどね。

そういう視点でタイの洪水を見てみると、
あんなすごいことになっているのに、
深刻そうな様子って全然感じない。
腰まで水につかっているのに、商売だってしてる(笑)

そう考えると
日本って、やっぱり被害者妄想が強いというか、
深刻に考えすぎる傾向が強いのだと思う。

様々なことは言われながらも
世界水準の医療を、世界一安いお金で受けられ、
世界一インフラが整っていて、
世界一安全な国。
食べ物は、信じられないような量が廃棄され、
浮浪者が糖尿病にかかる国。

全く、まともな行政が出来ない、
国と自治体のために、
未来への不安はありますが、
現時点だけでいえば、あまりにも悲観しすぎなのかもしれません


猿の惑星
Posted at Oct 21, 2011  15:35 in エンタメ

昨日は、久々の午後休み!!ということで、
猿の惑星を見てきました。

内容は、まあ全く有りえなくはないかもなぁ
って感じ。
途中で、飽きちゃいましたが。。。

でも、最近のハリウッド映画って、
バイオハザード以来、落ちの多くは、
「細菌感染」
です。

どっかで見たことのあるような、製薬会社の研究室。
どっかで見たことのあるような、細菌保管器
どっかで見たことのあるような、キャラの上司
どっかで見たことのあるような・・・・・

そうじゃなければ、落ちは、
宇宙人か、幽霊。

どないやねん、ハリウッド!!


復活
Posted at Oct 19, 2011  09:34 in エンタメ

「あ、デロリアンじゃん」

バックトゥーザフューチャーで、
マイケル・J・フォックスを織田裕二の吹き替えでの一場面。

なんか妙に頭に残ってる。

当時は、バットマンカーみたいなもので、
映画のためだけに作成されたものと思っていましたが、
実は、「デロリアン」という市販車だったと知ったのは、ずいぶんだってからのことでした。

日本にも数台あるようですが、
当然本物は見たことがなく、
なんと近未来の乗り物だっと思っていたのでした。

そんなデロリアンが、復活するらしい!!!

まあ、
当然買う気もないですし、
高くて買えないでしょうが、
知り合いには是非買って、乗せて貰いたい。(笑)

http://www.carview.co.jp/news/0/155084/


脳トレ報告
Posted at Oct 14, 2011  09:50 in お知らせ

改装記念、第一弾。

患者様向け 脳トレセミナーが昨日終了しました。

いかに、脳が混乱するようなトレーニングや、
記憶術、
脳の使い方など、
楽しいセミナーでした!!

アンケートの結果、患者様の評価も高かったので、
機会をみつけて、
再度行おうと思います!!!

参加していただけた皆様、ありがとうございました!!

参加していただけなかった方、残念でしたねぇ(^_-)


患者様、必見!!
Posted at Oct 13, 2011  10:30 in n/a

本日、13時より、
中山歯科医院ビル5階セミナールームにて
患者様向けの無料セミナーを実施します!!

脳を鍛えて、
輝かしい未来を築こう!!

脳トレセミナーです!!

是非、ふるってご参加ください。

076−222−8201まで


シンガポールに行ってました
Posted at Oct 11, 2011  10:45 in 医療

実は、金曜日の夜中便でシンガポールに行っておりました。

当然、勉強会のためです。

2泊4日の強行日程でしたが、まあ、その分、ぎゅっと詰まった旅程で、
濃い4日間でした。

それにしても、
羽田の国際化はやっぱり便利!!!
丸一日仕事をして、
小松から最終便に乗り込んでの、次の日の朝にはシンガポールですから時間のロスがほとんどありません。

一度、体験してしまうと、
成田便は利用しなくなっていくでしょうね。

ただ、それは、国内に限った話。
国際的なハブとして、
羽田が最適なのかどうかはわかりません。

でも、きっと羽田が大きくなれるのであれば、
それがベストなのかもしれません。

写真はおいおいアップできたらします。


ジョブズの死
Posted at Oct 07, 2011  10:37 in 思ったこと

apple社の創設者である、スティーブ・ジョブズ氏が昨日なくなった。

各方面で多くの報道がなされている。

彼が、稀代の経営者であり、
発明者であることは、いうまでもない。

PCをDOSというよく分からないものから、
一般人が使える物に変え、
マウスを生みだし、
iPodやiPhoneを世に送り出した。
たしかに、彼によって
人々の生活は変化したのは間違いなそうである。

さて、
そんな彼が、卒業する学生達に送った伝説のスピーチ
「stay hugry,stay foolish」
は有名だが、その中でこんなことを言っています。

毎日を、人生最後の日だと思って、
過ごすことが出来れば、
誰もが、人に影響を及ぼす人間になれる

っと。
たしかに、そうかもしれない。
しかし、いつも、自分の死を連想することは、
もしかすると、自分の死を早めてしまうかもしれない。

脳は、思った通りの自分になる。

ジョブズがどうであったのかは分からないが、
彼が56歳というあまりにも若さでなくなったこと。
そして、彼が生きていれば、今後生み出されてきただろう革新的な製品を我々が、使う事が出来なくなったこと。
この2つだけは、確かな事実ではありそうです。

ご冥福をお祈りします。


北國銀行ハンドボール部
Posted at Oct 06, 2011  08:54 in スポーツ

昨日、当院に、
北國銀行ハンドボール部の方々が来られました。

何故?
歯の治療??

いえいえ、
スポーツ専用のマウスピース作成のためです。

アメリカや日本のプロスポーツ選手から、
絶大な支持をうけているアンダーアーマー社製の、特殊パフォーマンスマウスピース

格好いいし、機能的だし言うこと無し!!

セット時には、写真をアップしようと思います!!

写真-21

歯根端切除術のOPEでしたが・・・
Posted at Oct 05, 2011  15:48 in 医療

前歯2本の根切のOPEでしたが、
開いたら思いっきり破折。

そのまま閉じました。

マイクロで撮影したビデオでご説明して
納得はしていただけましたが、
残せると思ったのに、
お互いがっかり。。。

残念でした・・


円高問題
Posted at Oct 04, 2011  12:54 in 時事

何故、ここまで円高が進むのでしょう。

ほんの少し前までは、
対ドルに関しての円高だったものが、
ついに対ユーロに関しても円高になりつつある。

さて、話はちょっと変わるが、
何故、ユーロはギリシャ問題でここまで、ゆれるのか??
不思議じゃないですか??
今まで、アルゼンチンや、韓国が、破綻寸前のようになったときに、
各国はそこまで危険な状態になったのか??
いやなっていない。

では、何故??

これは、国家が国家であるための、
大きな前提が、ユーロを形成したことによって無くなってしまったからだと思う。
その前提とは、
「お金を発行できる」
ということである。

借金が返せない。
だったら国は、紙幣をばかすか発行すればいい。
もちろん、紙幣の価値は下がるので、インフレにはなるのだが、
国は借金を返すことが出来る。
当時、アルゼンチンがインフレになっているのは、これが原因です。(たぶんね)
ハイパーインフレは国民生活をダイレクトに攻撃するが、でも、国はつぶれない。
だって、紙幣を刷るだけだからね。

これが、ギリシャの場合には出来ない。
すでに、ユーロに入っているために、通貨はユーロなのだが、
ギリシャはユーロを発行することが出来ないので、
借金をなくすことが出来ない。
したがって、欧州機構は、ギリシャにさらなる融資をして、ギリシャ経済を立て直す必要があるが、すでに破綻状態なので、さらなる融資は、融資元のリスクを高めることになってしまう。
もしギリシャが破綻してしまうと、それは、欧州機構全ての国に多くの影響を及ぼすでしょう。

もう、つぶせないし、存続させられない。
どーにもこーにも、行かない状態です。

では、日本はどうなのか??
日本は、紙幣の発行ができます。
つまり、円高が問題なのであれば(本当に、問題かどうかはわかりませんが)
紙幣を発行して、市場に紙幣の流通量を増やせば、必然的に円は安くなる。
ということです。

現在、日本はそういう方向に舵を取っていません。
一説には、それにより景気が回復して、税収が増えると、
増税にすすむという財務省の思惑から外れるから、わざとしないんだ

と過激なことを言う人もいます。

いずれにせよ、現状では、あんまりにも無策なのは間違いないことです。

って、この書いたことあってるのかな??


北国新聞に掲載されました 上
Posted at Oct 03, 2011  18:44 in 医療

取材が、
上下で、掲載されました。 上


新聞記事
Posted at Oct 03, 2011  18:43 in 医療

北国新聞に掲載されました 下