ドクターBlog

中山歯科医院副医院長中山大蔵のBlogへようこそ
* 利用規約というほどのものはありませんが、左の「このブログについて」を一読下さい。
* 中山歯科医院&中山セントラル歯科のお知らせ も要チェック!?
* 全く関連のないコメントの投稿もOK!関連しないものは最新のエントリにコメント下さい。
* メールマガジン「これを実践!!スーパー衛生士への道。(ID:0000196966) 」を発行しています。
   メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
   
     まぐまぐ

淺田真央のなみだ
Posted at Feb 27, 2010  19:57 in スポーツ

浅田真央が、泣いた。

たった一つのミスを嘆く、涙だったに違いない。

しかし、僕は思った。

それでこそ、アスリートだ!!

あの場面で、
涙があふれてくるほど、
悔しかったのだと思う。

今回の銀メダルで、
淺田真央は必ず、
次のオリンピックを目指すはずだ。

もし、今回金メダルを取っていたら、
燃え尽き症候群になっていたかもしれない。

銀メダルのおかげで、
浅田真央自身ももっと成長するだろうし、
僕らは少なくともあと4年は彼女のスケートを見ることが出来る。

こんなラッキーなことはないでしょ???

ピンチはチャンス!!


アングルサクソンらしさ
Posted at Feb 25, 2010  19:36 in 思ったこと

オーストラリアが、日本の捕鯨を訴えると言い出した。

○ーシェパードが、
ゆすりたかりの名人達で、
金目当ての集団であり、
そのためには、犯罪行為もいとわないというのは、周知の事実だと思われるが、

そんな意見に流されて??
○ーストラリア政府がこんなことをいう。

自分たちのやってきたこと、
やっていることを棚に上げて、
本当に短絡的だと思う。

アングロサクソンの支配する国とともに、
歴史の浅い国は、
「文化」
というものを持っていないために、
それを理解するというすべをしらないのだろう。

鯨を食すというのは、日本の伝統的な文化であり、
極端に言えば、
○スキモー(これって差別用語??)がアザラシを食すみたいなものだ。

もちろん、「採りすぎ」は良くないとは思うが、
現状では相当数増えていると聞く。

彼らの良い分は、
鯨は知能が高いから
だそうだ。。

理論がめちゃめちゃなんだよね・・


オリンピックが盛り上がる裏で・・
Posted at Feb 24, 2010  16:18 in スポーツ

連日、冬期オリンピックが盛り上がり、
意外にカーリングが面白いという発見や、
今日のフィギュア女子に注目が高まっています。

そんななか、
朝日新聞のスポーツ面で、
あの元スケート金メダリスト 清水氏のコラムにこのような事が書かれていた。

JOCには予算や枠がある。
本来は、それを選手強化や、選手派遣に使われるべきなのに、
JOCはオリンピックに理事や会員を大挙して送り込み、
そのために、選手とともに二人三脚で頑張ってきたコーチがオリンピックに帯同できないということが起こっている。

と。。

これが事実であれば
こう言うことこそ、マスコミは報道すべきではないか??

世界中見ても、
日本の強化費はダントツで少ない。
何故、各国は、お金にもならないスポーツ強化に乗り出すのだろうか??
それは、国威掲揚という大きなものがあるからだ。
オリンピックに勝つ姿を見ることで、
人、特に子供達は元気になる。
そして、日本という国に誇りを持つことが出来る。

今までの日本のスポーツは、
完全に企業におんぶにだっこであったが、
既に、経済が停滞する中、企業にそれを求めるのは難しい。

だからこそ、
今、国は、
本気でスポーツ強化に乗り出してもいいのかもしれない。

今後、明らかに国民の数が減少し、
かつ、脱車社会が明確になる中で、
道路などは明らかに必要がないし、
必要だとしても、
その前に、壊れて使えない橋梁を修繕することが先決だ。

財源がないと嘆き、
消費税率をアップするぐらいなら、
高速道路の無料化など辞めて、
その財源を用いるべきだ。

それらを思うと、国に、
本気で考えている人達がいるとは到底想像できない。

まあそれはさておき、
日本を元気に、
しようと思えば、
お金をかけずとも、色々なことが出来ると思う。

ちなみに、
清水氏のコラムには、こう言うことも書いてあった。

ヨーロッパの報告で、
国民ひとりあたり1ドルのスポーツ予算を付けると、
医療費が一人あたり3ドルほど安くなる。
という試算があるようです。

ワクワクするような国にして欲しいものです。

そして、
自分たちも、
ワクワク勝手にしていきましょう。


ふと思った。。
Posted at Feb 23, 2010  19:16 in 思ったこと

誰かが何かを変えなければ、
何にも変わらない。

そうしなければ、結果的に不幸を生み出すかもしれない。

なので、
もう一回、
大改革が必要だ。

エネルギー貯めないと!!


週末。。。
Posted at Feb 22, 2010  08:35 in 思ったこと

東京に勉強に行っておりました。。

いや〜楽しく勉強をさせていただきました。

時間をいただけること、
両親

スタッフ
患者さま
に感謝です!!!

ちなみに、この写真の主だれでしょう??

フォレスト出版の社長の太田さんです。
こんな出会いにも
また感謝!! 写真-1


フィギュアスケート
Posted at Feb 19, 2010  16:27 in スポーツ

高橋大輔が4回転を失敗しながら、日本男子初のメダルをとるという一方で、
小塚は4回転を成功させながら失速。
まあそれもよしとして、
織田くんはなかったね。。

不運。
そんな言葉は簡単だけれども、
そこまでの準備をしていなかったとも取れる。

まさか、
自分を一番裏切らないであろう、「道具」に裏切られてしまっては命運はつきるでしょうね。

しかし、道具に裏切られることも、意味があるはず。

イチローが自分の道具をものすごく大事にしているのは周知の事実のように、
日本では、ずっとそういう文化があった。

かれが、どれだけの愛情を道具に注ぎ込んでいるのか??
は分からないが、
何らかの落ち度が合ったのだろう。

しかし、彼はこれでもう一皮むける。

4年後までモチベーションが保てるか??
が問題だが、次はきっとなにかわやってくれる。

それにしても、
裏切らないはずの道具に裏切られるのは、
明智光秀に裏切られた信長のように、ちょっと感じました。。


国母選手への大バッシング。
Posted at Feb 18, 2010  19:25 in スポーツ

なんなんでしょう。

たしかに、大事な場面で、あの服装はないかもしれませんが、
国会議員や、
大相撲、
亀田一家、
その他のプロフェッショナルなヒトの方が
よっぽどでしょう?

一番いけないのはマスコミだと思うけど、
マスコミってなんなんでしょう。

もはや、視聴率やCMを簡単に得られる時代ではなくなりました。

いまこそ、本来のマスメディアの形に戻ることが、
生き残る唯一の方法だと思うのですが、
それが出来ないのであれば、終わりでしょうね。。


映画3部作
Posted at Feb 17, 2010  21:53 in 思ったこと

ハリーポッターが成功してから、
一時期、やけに
最初から「三部作」を売りにする映画が多かったように思います。

僕は、
「つまらなかったらどうするのかなぁ・・」
なんて思っていたのですが、
大概は、「うやむや」にすることが多いような気がします。

皆さんも、そんな映画頭に思い浮かびませんか??

僕が最近気づいたのは、
「GOAL」
と言う映画。

サッカーのシンデレラストーリーを映画にしていたものであるが、
「GOAL2」はみたものの、
3の話はとんと聞かない。

っと、そんな時、
僕の愛してやまない家電量販店で、
DVD「GOAL3」が!!!

??
あれ??
2までは劇場公開してたのになぁ。。。。

というわけで、ネットで検索。

これが、超駄作らしい。
2までの流れがほぼ分断され、
映画もWカップの過去のシーンばっかりだって。。

個人的には、
「3部作っていった手前、無理にでも・・・」
というあえて、前向きに捉えてあげたい。

でも、購入してしまった人は可哀想だね。

まあ、暇な時に借りて見ます。


ムシ歯予防の必需品
Posted at Feb 16, 2010  20:11 in 医療

ムシ歯予防の必需品といえば、
フッ素・キシリトールです。

じゃあ、甘いおやつにキシリトールが入っていれば・・・

と思うところですが、
そういうおやつはなかなかありません。。

キシリトールチョコなんかもあったのですが、
粉っぽくて、
かつ日持ちがしない。。
そして、高い。

というわけで、なかなかオススメも出来ませんでした。
んが!?
こんなチョコレートでました。

味もそこそこ。。

値段はお高めですが、
賞味期限も十分と、
なかなか良い製品です。

チョコ好きだけど、
虫歯も心配・・・・・

そんな方は是非、お買い求めしてみてください!!

DSCF3462

日本の組織は、いつ日本型の成熟した組織になるのでしょうか??
Posted at Feb 15, 2010  17:03 in スポーツ

サッカー日本代表。

もう正直どうしようも無いところに来てます。

世界の常識でいえば、
間違いなく、監督解任でしょうね。

それが、
「新しい人物に任せるのはリスクが高すぎる」
という、訳の分からない理由で
犬飼会長自身が打ち消しました。

もし、日本が現在のバルセロナのようなチームであり、
それで、
「新しい人物に任せるのはリスクが高い」
と言うならいざ知らず、
既に日本は、
「どう見ても本戦で勝てないだろう」域に達していて、
ある意味、ノーリスクの状態です。
変えなくても3連敗なら、変えてギャンブルしてもいいと思う。

日本の官僚的な組織の上の人間は、
全く自らリスクを取ろうとしない。
明らかにおかしい状況であっても、
決断によって自分が追い込まれる可能性があることは知らんぷりを決め込む。
それによって、最終的には自らのクビを締める結果になるのだけれど、
そんなことを全く考えていない。

大相撲の問題も、先送りした結果が、こんな事になりますし、
薬害エイズや、薬害肝炎などの問題も、そうです。
つぶれた船場吉兆は、こねくり回したあげくにつぶれてしまいました。
すっきりはっきり対応した企業は、
白い恋人しかり、赤福しかりV字の勢いで回復しつつあります。

Wカップまであと4ヶ月。
本来楽しむべき4ヶ月だが、このままでは苦しむべく4ヶ月になりそうです。

監督交代をしてもらいたいものです。


パワーアップ
Posted at Feb 12, 2010  15:59 in 医療

昨日は、お休みだったので、
顕微鏡のシステムをパワーアップするために、
いろいろと買い物に行きました。

まずは、TV。
今までは、レントゲン用のモニターで見ていたのですが、
やはり解像度が低く、
今のハイビジョンの世の中にぞぐわなくなってきたので、
ハイビジョンTVを購入。
それにしても、ちょっと前まで、
1インチ1万円と言われていたのに、
32インチで、約60000円。
安っ!!

そして、
ハイビジョン化に伴い、
デジタル一眼レフを付けます。
このカメラが高い!!
でも、やはりキレイな写真は、
患者様にもわかりやすく見ていただけるので、
仕方のない出費。。

まだ、工事をすんでいませんが、
来週中くらいに出来るといーなー


記憶力
Posted at Feb 10, 2010  20:04 in 思ったこと

どーも最近記憶力が落ちてきたような・・

これ、ブログに書こう!!
っておもっていたのに、
全く記憶にない。。。

ど〜しよ〜、俺!!


ああ岡田ジャパン
Posted at Feb 09, 2010  18:40 in スポーツ

ほぼ全ての世論が、
ほぼ全ての評論家が、
このままではアウトだ

という評価になっている。

聴くところによると
今時のサッカー少年すら、
「代表の試合は面白く無い」とTVも見ないらしい。

たしかに、
僕もあんまり見たいという気が起きない、
やっぱり期待感の問題だと思う。

現在の岡田監督のよりどころは、
明らかに、
「あのオランダ代表に、前半のプレッシングサッカーが通用した」
ということだと思われるが、
それも、なかなか面白いサッカーをすると思われただけで、
「怖い」
と感じさせるものではなかった。
と言われています。

それは、ひとえに、ゴールを感じさせるものではないし、
あのプレッシングが90分間もつなんで、
誰も思っていなかったからだ。

案の定、
後半は、前半の穴を見つけたオランダ監督の見事な采配もあり、
日本は何にも出来なくなった。

さらに言えば、
あのプレッシングサッカーを
それ以来見ていない。

そして、ここ数試合のていたらく。

岡田監督だけが、
「いいサッカーだった」
と言っているらしいが、
誰も期待はしていない。

ここでどうにかしないと
日本のサッカーの火が消えていってしまうような気がします。

オシムさん復活したら
それだけで盛り上がるんだけどねぇ


巨人軍論
Posted at Feb 06, 2010  12:49 in 思ったこと

今日、北陸では大雪らしい。

最高で、1㍍の積雪予測だって。

まじかよ?!
たしかに、
今日は、めっちゃさむい。

それはさておき、
今更ながら、
野村克也氏著の『巨人軍論』を読んでみた。

内容は、
かつての盟主巨人がどう作られてきたのか??
を、野村克也氏が語るというものだ。

野村氏と言えば、
「アンチ巨人」
の先方のように感じるし、
げんにそうである。

しかし、誰よりも、当時の巨人を尊敬し、
目標としてきたようである。

それは何故か?

巨人軍が、
盟主であるという『誇り』を持ち、
そして、なにより強かったからだ。

では何故、そのような組織が出来たのか??
それがこの本書ではよく分かる。

しかし、それは別段特別なことが書いてあるわけではない。

ここ最近、
いかに強いチームを作るのか???
というような話の中で、言われていること、そのままである。

手本となる選手を取り、
その選手を中心に「人間力」を鍛え、
絶えず新しいものを学び、吸収し、
それにより自信を生み付ける

たったそれだけのこと。
そのためには、
今の組織論で語られるような、
「スタッフ中心主義」だけでは決して、
常勝軍団は作れないと語っている。
必ず、その裏に厳しさも必要であると。

今の組織論があまりにも、
「甘くすることが、組織にはよい」
と、誤って広まっている節があるが、
決してそうではないということである。

是非、多くの人に、
読んでもらいたい一冊だ。

PS
ちなみに、巨人ファンじゃない人が読んだ場合、
どういう感情を抱くのかは???
当方はその件に関して責任は負えません(笑)


ああトヨタ
Posted at Feb 05, 2010  14:25 in 時事

昔から、
「実はトヨタ車は欠陥が多い」
と言われていました。

しかし、巨費の広告費のため、ほとんど報道されてこなかった。

それが、
不況のため、広告費を削りだしたとたんに、
この始末。

日本を代表する企業で有るトヨタが今後どうなっていくのか??

気になります


ついに
Posted at Feb 04, 2010  18:44 in スポーツ

朝青龍が引退を発表しました。

ようやく、と言ったところですが、
でも、実は、彼も被害者だと思う。

本来は、もっと若い時に、
相撲道をしっかりと教え込ませなければならなかった。
それをしてこなかった、親方の責任は非常に重い。

もし、そこら辺が出来ていたならば、
朝青龍は、きっと記憶にも記録にも残る大横綱になっていた可能性は高い。

相撲協会も含め、
横綱審議委員会も含め、
その辺を、十分理解する必要があるし、
責任を朝青龍だけになすりつけるのではなく、
自らも進退をはっきりすべきだと思う。

特に、高砂親方は、どうしようもない。

ちなみに、
今回の騒動の、
一般市民ですが、
実は、夜の世界にも、格闘技の世界にもとても顔が利く人物と言われていて、
芸能人のK-1参戦などにも深く関与した人物と言われています。

実は、
今回の件、
やや低迷の続く格闘界が、
朝青龍をマットに引っ張るための作戦で、
朝青龍ははめられた。
という噂もあります。

なんか、
とっても信憑性がある話に聞こえてしまいます。

いずれにせよ、
今回の件、残念ではありますが、
過去の件を考えると
「仕方のない引退」
と言う気はしますが、

擁護はしませんが
さみしい気持ちがしますし、
多くの人達が同じような気持ちなんではないでしょうかね??


救いようがない
Posted at Feb 03, 2010  10:23 in スポーツ

相撲協会は本当に終わってる。

魔女狩りをして、何になるんでしょうか??

その一方で、
なんと安治川親方のいさぎのよいことか!!

部屋ツキの親方っていうのは、
親方株を借りて、親方を名乗ってるんだって。

だから、将来の保障は一切無い。

関取以外の、髷を結ったり、行司さんだったりも、
その処遇は、非常に冷遇されている。

そんなような、状況を打破したいと思っているのが、
多分(あくまでもたぶんですが・・)貴乃花で、
自分の立場、これからの相撲界の多くの底辺を考えて、
自分を犠牲にしてまで、投票した、安治川親方。

もう、こんな相撲協会必要なのでしょうか??

だって運営だって、
そんなに難しいとは思えないけどね・・・

若い人たちに夢を与えられる職業でなければ、未来はない。
相撲協会は逆に、未来を奪っているのではないか??


ネタがあるようでない。
Posted at Feb 02, 2010  19:36 in 思ったこと

というわけで、また明日。。


昨日は、
Posted at Feb 01, 2010  19:47 in 思ったこと

栗城氏の講演会でした。

いや〜、本当にすごいよ、あの人は。

そして、人間的にも、すごく信頼できるって感じです。

普段反応がないかたからも、
素晴らしかったという感想をいただいたり、
僕自身も、本当に充実した時間でした。

写真をアップしたいのですが、
ブログへの転載は辞めて欲しいとのことでしたので、
載せられません。。

残念です・。。