ドクターBlog

中山歯科医院副医院長中山大蔵のBlogへようこそ
* 利用規約というほどのものはありませんが、左の「このブログについて」を一読下さい。
* 中山歯科医院&中山セントラル歯科のお知らせ も要チェック!?
* 全く関連のないコメントの投稿もOK!関連しないものは最新のエントリにコメント下さい。
* メールマガジン「これを実践!!スーパー衛生士への道。(ID:0000196966) 」を発行しています。
   メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
   
     まぐまぐ

集中力
Posted at Nov 29, 2007  19:02 in エンタメ

この間の、セミナーでやった実習の一つです。

テニスボール積み。

出来るまでの時間が、
何かあったときに切り替えることの出来る時間。

のっかてる時間が、集中できる時間の長さ。

です。
皆さんも試してみてくださいねー。
(^_-) DSC_8386


今日は。
Posted at Nov 28, 2007  18:44 in お知らせ

金沢市中央倫理法人会(名前だけ聞くと、なんかやばそうな団体っぽいですけど、金沢市内の結構な会社が名を連ねる団体です)主催の、セミナーに参加してきます。

タイトルは、
「七転び八起きー私の人生!」

初めての参加なので、緊張してます。。
が、楽しみです。

異業種の方との交流も楽しみです。

では、行ってきまーす\(^_^)/


とり野菜みそ。
Posted at Nov 27, 2007  19:44 in エンタメ

僕は、夜ご飯は、実家で食べて帰ることが多い。

だって、食費が浮くし、
栄養のバランス取れてるしね。

そんな我が家の食卓に、
「初めて」
とり野菜みそ鍋がお目見えしました。

えっ?!
皆さんそう思われるでしょう。

そう、あの「とり野菜みそ」です。
石川県の食卓鍋の定番ッと言っても良いような、
あのみそです。

でも、実は、僕も、ずっと知りませんでした。
だって、うちでは食べなかったんです。
うちの両親も、
全く知りませんでした。

では、何故、今なのか??

今、姉が赤ちゃん連れて戻ってきているのですが、
その姉がCMをみて、買ったそうです。。

うーん。
やっぱり、その家庭家庭で、
当たり前と思うものって、
まちまちですよねぇ。。

あっ、ちなみに、
美味しくいただきました。
(^_^)b


昨日は
Posted at Nov 26, 2007  19:13 in 思ったこと

わがCCCSの特別講演会でした。

内容が、直に、歯科医療と直結するか?
というとそうではありませんでしたが、
非常におもしろかったです。

集中することの重要性。
身体の調子を整える重要性。
結果をいかに出すか?
どうコミュニケーションを取るか?

など、
スポーツ産業の一線で、
多くの一流選手達の交流の中で、
得られた手法やテクニックを交え、
実習形式で、4時間。

あっ、と言うまでした。
というわけで、
伝わりにくいとは思います。。
体感しないとね。。

では、皆さんに課題を。。
テニスボールを縦に2つ詰めますか?
3つは?

これが、簡単に出来るようになれば、結構いけてます


山田ズーニー
Posted at Nov 24, 2007  19:24 in 思ったこと

昨日は、大阪にて山田ズーニーさんの講演を、拝聴してきました。

実は、ある出来事があって、
どーも、聞く気が無かったのですが、
最終的には、いい話でした。

それにしても、最近の研修というか、
講習会は、簡単な実習が込みのことが多いですね。

実習をすると、
参加した感がでて、
かつ、
時間をつぶせるという点で、
非常に有利です。

でも、楽しい実習にしないと、
逆効果の可能性もありますね。

山田ズーニー。
誰じゃそれ??

って方は、調べてみてくださいね。
意外と有名人です。


祝・オリンピック出場!!
Posted at Nov 22, 2007  11:55 in スポーツ

いやー、良かった!!

日本がカタールに逆転負けし、
再び、ドーハの悲劇が日本を襲ったときは、
「これで、終わりかなあ・・・」
と思ったが、見事にやってくれた!!

苦しい・本当に苦しい戦いでしたが、
その中で、結果を出したことに関しては、
すばらしい!!
と言いたい。

世界中で、サッカーの底上げが起こり、
どんなチームであったとしても、
簡単に勝てる試合は少なくなってきている。

EUROでも、
ベッカムのいるイングランド代表が敗れ、
予選敗退が決まってたように・・・

さて、今大会を少しだけ、分析してみた。
結局、五輪に出場できるのは、
我が日本・オーストラリア・韓国・そしてホスト国中国

結果を見れば、今のアジアサッカーを引っ張っている国がすべからく出場することになった。
しかし、各グループとも、簡単ではなかったようだ。

すべてのグループで、1位と2位の得失点差は、わずかに1。
ちょっとしたことでこれが、変わっていたとしても何ら不思議はない。

また、1位通過チームは、各リーグで最も失点の少ないチームが出場を決めている。(韓国・オーストラリアは総失点1。日本は総失点2。)
総得点は、必ずしも1位が一番多いとは限らない。

それを考えると、現代にサッカーに於いて、いかに守備が重要か?
がわかる。
つまり、「いかに負けないか?」
がポイントということです。

ちなみに、韓国・オーストラリアとも負けはゼロ。
日本だけが1敗でした。

まあいずれにせよ、
出場を決めたと言うことは、なんともめでたい。

しかし、反町監督曰く。
「『出場することに意味がある』なんていう言葉は気にくわない。出場する限りは、メダルを狙う」
いやいや、そこまで言うなら、優勝を狙うって言って欲しいな。

だって、優勝を狙いに行かないチームが優勝するなんて事はあり得ないし、
優勝を目指すからこそ、メダルに手が届くのだ!!と思うのですが・・・


国歌は必要か??
Posted at Nov 21, 2007  20:10 in 思ったこと

っと、いきなり、ちょっと恐くなるようなタイトルですが、
引かないでくださいね!!

僕は、右でも左でもありません。
ただ、思ったことを。。

さて、国歌を論ずる前に、
『校歌』は必要でしょうか?
あってもなくても良いんじゃない??
ッというのが、ほとんどの方の感覚ではないでしょうか?

さて、ここで、タモリの話。
タモリが、小学校だか中学校だかの創立80周年にゲストとして招かれたときの話です。

彼が学校を訪れると、
周りの景色から、
商店から、
校舎までもが、
当時とは、全く違っていて、
郷愁などこれっぽっちも感じなかったそうです。

壇上に上がり、
講演をして、
一生懸命、在校生が耳を傾けたとしても、
それは、ただの講演会程度でしかなかったと。

しかし、最後に、在校生一同が、
『校歌』を歌った瞬間、
幼い頃の記憶が走馬燈のように頭によみがえり、
涙が止まらなくなったそうです。

そうです。
形ある物は、必ず、無くなります。
しかし、形の無いもの、
それは、歌だったり、想い出だったりは、
心の中で生き続けるんです。

さて、国歌を考えてみると、
例えば、海外で仕事をしたりするときに、
やはり日本に郷愁を感じることがあります。
しかし、周りには、日本を感じさせるものが、ない。

そんな時、もし、国歌がラジオから流れてきたら??
その人は、日本というもの、
学校で国歌を歌ったという記憶から、
様々な想い出がわき上がり、
郷愁を強く感じるとともに、
自分自信のアイデンティティを強く持つことが出来るようになる。

何故、サッカーで国歌が流れるのか?
それも同じ事。
アウェーでの戦いにおいては、
スタジアムは相手サポーターで埋め尽くされ、
強い気持ちであったとしても、
心のどこかに、寂しさや弱さが顔を出してしまう。

そんな時、国歌が流れる。
心の中に、
多くの仲間の顔、サポーターの顔が浮かぶ。
家族の顔が浮かぶ。
それにより、勇気を得ることが出来るのではないだろうか??

では、「国歌』存在してさえいればよいのか?

そうではない。
それが、生活の中に組み込まれていなければ、
想い出を惹起することはない。

それは、思想を植え付けるなどと、そんなくだらないことではないのだ。

これから、日本人も世界で勝負をせざる終えない世の中に当然なっていく。
そんな中だからこそ、応援歌としての国歌をもっと見直しても良いような気がしたならない。


忘れないうちに・・
Posted at Nov 20, 2007  19:24 in 思ったこと

明日は、タモリのいい話。。

こうご期待!!


これで証明されました。。
Posted at Nov 20, 2007  12:11 in エンタメ

ミシュラン東京版が発売に向けて、星の発表?が行われました。

これで、日本が
「食い物がうまい」
事が証明されました。

僕は、それほどいろんな国を旅しているわけではないですが、
まあ、どこに行っても、
それほど美味しい物にぶつかったことはありません。

韓国に行ったときに、
現地では有名な焼き肉屋さんに行きましたが、
(もちろん、観光客向けという意味で有名なのかも・・)
「美味い!!」
と言うほどではなかったですし、
日本の美味しい焼き肉屋さんと値段もそれほど変わらないか、
むしろちょっと高いくらいでした。

アメリカ圏では、すごく大味な料理ですし、
ニューヨークで食べたイタリアンのファーストフード的なお店は美味しかったけど、まあ、値段がファーストフードだから・・という点は否めない。
その他は、決して美味しくない。という店の方が多かった。

アジアは、味付けが日本人にあうのだと思うが、現地の食べ物はそこそこだが、別の国の料理となると、ビックリするぐらい美味しくなかった。

というわけで、
どんな国の料理も、結構いける(^_^)
というのは、やっぱり日本だと思う。

ミシュランでは、食の都パリを圧倒しているし、
高級料理だけでなく、
食堂やビストロ、焼き肉屋などは調査対象外だが、
間違いなく、そういう料理も世界が追いつけないほどレベルが高いと思う。

でも、京都や、わが石川も調査の対象になれば、
多分、ビックリするくらいの星が出てくるに違いない!!

まあ、船場吉兆は入らないでしょうけど・・・・


100ドルパソコン
Posted at Nov 17, 2007  19:02 in 時事

ついに、100ドルパソコンが本格的に売りに出されるらしい。。

もともとは、経済格差が、IT格差に繋がってはいけない!!
という観点から考え出されたもので、
本当に100ドルというわけではないが、
100ドル台では売りに出されるらしい。

しかも、電源が無いところのために、手動によるハンドル型の充電器?までついてるらしい。

さて、そうなると、物の値段って何なんでしょう??

トヨタもインドで、格安の車を発売するという。

PCも例えば、高級な機種になると、
50万円位したりする。

一方、日本でも、3万円くらいで、モニター付きのPCが新品で探すことも出来る。

軽自動車が今やブームだが、
車メーカーは、100万円を超す軽自動車を次々発売し、
ものによれば200万円を超す軽自動車もある。

もちろん、物の値段は、
需要と供給と、コストによって決定されるのだが、
その感覚というか、
そういうものが、現代では、非常に分かりにくくなっている。

「もの」ではない、
「情報」が非常に高額で取引されることもあれば、

中古の絶版になったビジネス書が
数万円で取引されることも決して、稀なことではない。

大事なのは、
我々消費者側が、
本当に望むものを、どう判断するか?である。

そう言う意味では、難しい世の中ではあるが、
一方、
おもしろい世の中でもあるのだが・・・


今日2つめ
Posted at Nov 16, 2007  18:55 in スポーツ

あまりのショックに、また書いてしまいます。

な、なんと三田佳子息子が、また?!

なんていう話題ではなく、
オシムが倒れました。

彼が監督である
ということが、僕にとっては楽しみで、
「きっと世界と戦えるチーム」
を作ってくれそうな気がしてた。

ジーコには全くなかった・・

そんなオシムが・・
川淵キャプテンが涙ながらに、
「代表どうのこうのではなく、彼に生きて戻ってきてほしい」
と話していたところをみると、脳梗塞の状況がかなり悪いのだろう。

彼が生存できたとしても監督として代表を率いていくことは難しいだろう。
ただ、僕はスーパーバイザーとして日本代表だけでなく、
日本のサッカー全体のために日本に残ってほしい。

もちろん、その前に、
彼が元気になることを一番に望む。


防衛庁問題
Posted at Nov 16, 2007  13:54 in 時事

すごく良い展開になってきました。

やってることは、酷いことだし、
明らかな税金の無駄遣いが行われていることが
明るいに出てきた。

さらに、久間氏や額賀氏の関与も出てきた。

日本の防衛予算が、アメリカに次ぐ世界第2位(たぶん。適当に言っているので嘘かも)の中で、
日本は強力な軍事力(防衛力?)を持っていることは間違いない。

ところが、その防衛予算。
どうも、ほとんどが正規価格での納入は無かったみたい。
いろんな報道を見ていると、
予算が半額でも、今と同じだけの防衛力を維持出来る感じがする。

そう考えていくと、日本の国家予算すべてが、
そのような構造の中にあるとするならば、
60兆の予算のうち、30兆を毎年、借金返済に充てることが出来る。

金があまっちゃいけないから使う。
この構造の、ダメなところはさんざん言われています。

例えば、道路特定財源で言えば、
今後10年間で30兆円くらい必要だと・・・・

今、この日本で、道路が無くて困っている人は一体何人くらいいるのでしょう?
ほとんどいないんじゃない??

確かに、石川県で言うと、
環状線が出来て、便利になった面は大きいかも知れません。

ただ、それが、対投資効果が本当にあるのかどうか??
が大きなPOINTでしょ?

だって、30兆円で道路作るとして、
国民一人あたりで言うと、
約30万円。。
これ、
「道路はもう造りませんから、皆さんに30万円づつあげます!!
でも、道路に関しては文句言わないでください!!」
って、言えば、みんな賛成でしょ?多分。

だって、道路に困ってないんだもん。

いま、白山の山奥に行っても、道路あるよね??
一体どこに作るんだよ?

無駄をなくして、
環境に配慮して。

人が人であるように生きましょう。
(最後が支離滅裂)


うらーわレッズ!!
Posted at Nov 15, 2007  18:55 in スポーツ

いやー、やってくれました!!

ようやく、日本のクラブが、
世界の舞台に上がれた!!

もちろん、世界のビッククラブ、
特に、南米チャンピオン・欧州チャンピオンとは、
まだまだ大きな差があることでしょう。

でも、その差を感じることが、
必ず、次の進歩に繋がります。

あの、観客。
たしか、どこかの雑誌が、
世界のビッククラブベスト50に
「浦和レッズ」
を選んでいたような気がします。

間違いなく、サポーターはそうでしょう。

次に実力も世界と渡り合えるようなクラブ。
世界のビックネームが連なるクラブ。
担ってくれることを望む。。

ちなみに、今年のトヨタカップのチケットは売れるだろうなー。

準決勝で、ACミランと当たるレッズ。。
必見でしょう!!


様々の理由で。。
Posted at Nov 14, 2007  18:01 in お知らせ

本日は、時間がありません。

明日ももしかすると、勉強会で時間がないかも知れません。。

お許し下さいませ(◎-◎)


ネタ無し
Posted at Nov 13, 2007  19:38 in お知らせ

というわけで。

あしからず。。


さーて
Posted at Nov 12, 2007  19:17 in n/a

東京は相変わらず、人が多いね。

そういえば、地方出身者が、東京へ行くと、
「今日はお祭りかぁ」
などと思うらしいが、
僕は、そういう風に思った記憶がない。

そういう感性がないのだろう。。

でも、週末、その混みようをみると、
(なるほどなぁ)
っと思うくらい人がいっぱいでした。

今回は、僕は、買い物も遊びも無く、
人とお食事をするくらいでしたが、
ぱーっと遊びたくなっちゃいますね。。

そんな東京も
雨&寒さ

金沢も当然そうでした・・

というわけで、身体には気をつけましょうねぇ


ストーブリーグ
Posted at Nov 09, 2007  13:25 in スポーツ

今冬のストーブリーグは、熱い。

大物選手がFA目白押しだからだ。

過去も、大物はいたものの、
ピークを過ぎた選手が多かった。

ここ数年、FA制度がようやく、軌道に乗ってきたという感じがする。

しかし、すべての球団がその恩恵にあずかれるのか?
というと残念ながらそうではない。

例えば、広島。
今期は、エース黒田と4番新井という2枚看板がチームを去ることが決定的となった。
FAでは、移籍に伴う保証がチームには無いので、
「育て損」
という感じになる可能性も高い。

しかし、選手の自由も尊重しなければならない。
難しい問題だ。

一方、大リーグへのスター流出も大きな問題である。
こちらも、FAでは、何の保証もない。

スターがみんなアメリカに行ってしまっては、
やはり淋しい思いがする。

いっそのこと、金持ち球団、
例えば、巨人・阪神・ソフトバンク
あたりがお金を出し合って、大リーグに日本人選手だけのチームでも
作ってしまえ!!
なんて思う今日この頃。。


勉強会
Posted at Nov 08, 2007  19:37 in お知らせ

のため、時間ありません。。

すみません(T_T)


今度こそ・・・
Posted at Nov 07, 2007  19:45 in スポーツ

新たな日本人F1ドライバーとして、
中島一貴がウィリアムズに選出された。

中島一貴は、あの中島悟の息子である。

思えば、中島悟が日本人として初めてF1ドライバーになり、
鈴木アグリが、初の表彰台に立ち、
佐藤琢磨は、若くしてF1ドライバーに選ばれ、今も現役である。

F1の世界は、
「車」
が最重要なのは間違いがない。
どんな大物ドライバーでも、
チームが変わった途端に、表彰台が遠くなり、引退の道へ進むのは必然である。

従って、日本人が、トップに立つには、そんな運も必要である。

昨年のハミルトンのように、
新人から、ガツガツ活躍するドライバーが、
そろそろ出てきて欲しいものである。

頑張れ
中島!!


プロフェッショナル
Posted at Nov 06, 2007  19:21 in 思ったこと

プロフェッショナルとは、どういうものを差すのだろう。

簡単に言うと、
専門的
とか
職業的
とかになるのだが、

掘り下げたときに、
基準となる一つに、

「ばらつきがない」

ということが上げられると思う。
特に、サービス業においては・・・

『期待値の確かさ』
と、言っても良いかも知れない。

つまり、歯科医療で言うと、
100の仕事が出来る人と、
50の仕事が出来る人。
当然、人間ですから、そのばらつきはあります。

しかし、いつも50であれば、人は、
50の仕事を求めていらっしゃるわけですから、
問題は少ないと思います。
(医療なので、実際は、みなさんが100の仕事をしていると思いたいかも知れませんが・・)

これが、バラバラであったとしたら?
例えば、前回の治療が100だったのに、今回10だったとか・・・

こういうことこそ、
「期待値への裏切り」
になるので、絶対に合ってはならないことだと思います。
だから、いつも、命を賭けて仕事をしなければならない。

そして、そのばらつきのなさがプロであると思う。

さて、これが、接客だとしたらどうだろう?
気に入ったお客様にだけ、愛想良くて
そんなに合わない人は、ほっておく。

こんな事はプロだと、言えるだろうか??

ようは、やりたいこと、
話したい人だけ話す。
これは、アマチュア。
遊びと一緒です。

プロは、絶えず、同じレベルの仕事をしなければならない。

①全員が60の接客を受けるのと、
②一部の人だけが100の接客を受けて、残りが60の接客だったとする。
平均点で言えば②が上だが、どちらの方が、お客様が残るか?といえば、①の法なのかも?っと思う。

なぜなら100の接客を見た人は、100の接客を自分にも期待するからだ。
そんな時60の接客だったら??
お客様はクレームを言うでしょう。
期待値以下の接客ですから・・・

だからこそ、ぶれないことが大事。
じゃあ、低いレベルで考えればいいのか??
それは、その他のプロに負けてしまいます。

で、一流のプロは、気に入ったお客様と同じような接客を、
全員に出来ることであろう。

「ぶれのないこと」
真剣に、考えるべきだと思う。


小沢一郎
Posted at Nov 05, 2007  09:00 in 時事

大変なことになってきましたね。

これからどうなっていくのか?
非常に見応えがあります。

さて、いろいろなテレビを見ていると、
大連立のことばかり取り上げられているが、
僕は、今回の件は、やはり特措法と切り離すことは出来ないと思う。

今の状況の中で、
「日米安保」
を一気に揺るがすことは、やはり問題がある。

これは、小沢一郎も分かっていることだと思う。
でも、今の流れのままでは、
新特措法に賛成することは出来ないだろう。

一方、これが通らなければ、
アメリカは日本に対する不信感を持つばかりでなく、
小沢一郎への反発は必至だ。

つまり、もし、小沢一郎率いる民主党が政権を取ったとしても、
アメリカとうまくいくことは非常に難しい情勢になりかねない。

だから、どこかで、
「反対はしたけども、国際貢献の中で、OKをだした」
という状況に、
国民を裏切ったと思わせずに、持って行く必要は
小沢一郎も感じているのではないだろうか?
そこで、自民党とアメリカに、小さいかもしれないけれど恩を売って、
将来的な運営を有利に進める。

しかし、今の現状の中で、
一方的に特措法反対を打ち出すことは、
民主党の一方的な不利な状況を作り出す可能性がある。

でも、ただの賛成では、国民も、
民主党員も納得はしない。

大連立はもしかすると、
八方ふさがりの、最後の大勝負だったのではないか?
と見る。

小沢一郎くらいの人が、
何にも自分の将来を見据えずに、
いきなり辞任をするとは考えにくい。

何か、次の狙いをもった辞任のような気がしてならない。
もちろん、いきなりの辞任は褒められたことでは、絶対にないのだが・・・


中日優勝
Posted at Nov 02, 2007  14:01 in スポーツ

今回の日本シリーズは、ものすごい幕切れでした。

8回までパーフェクトをしていた、山井を9回にあっさり交代。

それを引き継いだ、岩瀬がこちらもパーフェクトリリーフで、
中日が、53年ぶり2回目の日本一に輝きました。

この、采配は、いろんなところで議論を呼ぶことでしょう。

まあ、それは良しとして、
微妙と言えば微妙な日本シリーズだったような気もします。

まずは、ヒルマン監督問題。
あれだけ、人の心を掴み、勝ち上がってきたヒルマン監督が、
念願のメジャー監督就任に目がくらみ、
な・なんと、日本シリーズ前に、
アメリカまで行き、就任会見を開く始末。

本当に、目がくらんだとしか思えない。
日ハムは負けるべくして負けたという気がする。

また、中日が、
ポストシーズンを
9勝1敗で勝ち上がってきた、強さが目に付きました。

ここ数年の中日の強さの秘訣は、
いろいろあるでしょうが、
一番は、「抑え」の安定にあるでしょう。
特に、岩瀬は素晴らしい。

野球好きでなければ、岩瀬という名前は知らないかも知れないが、
その能力の高さは折り紙付き。

たまに、
現役選手をドラフトして、最強チームを作ろう!!
みたいな番組がありますが、
そこに出演するほとんどが、岩瀬を絶賛することからも
分かる。

そして、今シーズンは
「中村ノリ」
だろう。

古田が獲得を進言しながら、ヤクルトフロントがそれを拒んだと言われる、
どの球団も取らなかった中村があの活躍。

いずれにせよ、
落合のしたたかさ。
勝負へのどん欲さ。

が目立ちましたかね?

さて、残すプロ野球は、
アジア選手権。

是非、3年連続、日本の勝利を達成してもらいたいものだ。


当院では。。
Posted at Nov 01, 2007  19:33 in 思ったこと

転勤族の方が、良く来られます。

場所柄がそうなのか?
診療スタイルなのか?
原因は分かりませんが、
本当に多いです。

そして、そういう方は、いい方が多いです。

さらに、いろんな歯医者さんをご存じの中で、
当院で、がっちり治されるかたも多いです。

これは、本当に嬉しい限りです。

でも、ご転勤されます。
折角の出会い、
本当に残念です。

あと、僕に出来ることは、
僕の治療した歯が、
しっかりと、
なるべく長い期間、
患者様のすばらしい生活をサポートしてくれてる
といいなあ
っと願うこと。

そして、
ちゃんとした、
クリーニングの出来る歯医者さんを
僕の、全国知り合いリストからご紹介することぐらい。

一期一会。
一つ一つの出会いを大切に出来る男になりたいものだ。