ドクターBlog

中山歯科医院副医院長中山大蔵のBlogへようこそ
* 利用規約というほどのものはありませんが、左の「このブログについて」を一読下さい。
* 中山歯科医院&中山セントラル歯科のお知らせ も要チェック!?
* 全く関連のないコメントの投稿もOK!関連しないものは最新のエントリにコメント下さい。
* メールマガジン「これを実践!!スーパー衛生士への道。(ID:0000196966) 」を発行しています。
   メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
   
     まぐまぐ

BBQ
Posted at Jun 30, 2007  19:03 in お知らせ

明日は当グループでのBBQパーティーです(^_^)

普段の感謝を込めて、是非皆様にご参加頂きたく・・

あとは、晴れるか?晴れないか??

m(_ _)m


何かを決めるとき
Posted at Jun 29, 2007  21:17 in n/a

こんなに大変なことはない。

決めて、前に進むには、こんなに苦しいことはないし、
こんなに恐いことはない。

口ではどれだけ言ったとしても、そんなことは分かっている。

でも、未来は誰も切り開いてはくれない。
失敗を恐れては、そこには何も生まれない。

でも、無謀はいけない。
はたして無謀なのか???

それは、わからない。
だから、人は、努力する。
ビジョンを持って、事に当たる。

あとは、がむしゃらに進むだけ。
人生どうなるかは分からない。
ただ、後悔だけはしたくない。

過去は未来を作らない。
未来を作れる可能性があるのは、今、この一瞬だけ。

今を真剣に生きよう


イベント
Posted at Jun 28, 2007  19:10 in お知らせ

七夕祭り。絶賛開催中。
まだの方、是非遊びに来てくださいねぇ。

7月1日(日)
中山歯科グループBBQ開催!!
患者様の皆様、ふるってご参加ください!!


頑固疲れたぁ(金沢弁)
Posted at Jun 28, 2007  19:07 in 思ったこと

3日間の泊まり込み研修。

頑固疲れました。

でも、多くの人との出会い。
新たな気づき。
などなど有意義でした。

でもでも、疲れはありますね。
ブログを書くパワーの充電が・・・・

そのうち、しっかり書きますっる。


中山セントラル歯科臨時休業
Posted at Jun 24, 2007  18:13 in お知らせ

明日、25日(月)から27日(水)まで、中山セントラル歯科は臨時休業致します。

また、26日(火)は中山歯科医院も臨時休業です。

皆様にはご迷惑お掛けしますが、よろしくお願い致します。

また、
「七夕まつり」
ご好評いただいております。
是非皆様も遊びに入らしてくださいね\(^_^)/


歯は大事。有名人編
Posted at Jun 23, 2007  19:28 in 医療

この間、患者様とお話ししていたら、

星野仙一氏の著書
「シンプルリーダー論」
の中に、歯の大切さに書かれていたとのこと。

「読んでみます」
っと言ったものの、もう廃盤になってました。
で、読めていなかったのですが、
昨日、その患者様に、本のコピーをいただきました。(^_^)b

内容は、歯を治し終わってから急に阪神が勝ち始めた。
というような内容でした。
しかも、11ページ目という冒頭にですよ!!

皆様も歯を大事にね\(^_^)/

文章、元気なときにアップしますねぇ。

PS  K様ありがとうございました


つい「バカじゃないの」って言っちゃいました。
Posted at Jun 22, 2007  14:30 in 時事

ヤフーニュースを見ていたら、こんな記事が。

硫黄島

本当に、アメリカ人の横暴さというか、キチガイじみたナルシストぶりというか・・・

まあ、国土地理院がわざわざ名称を変えることも無いとも思うが、
でも、変えたとしても、それに対してゴタゴタ言われる筋合いはない。

我々の歴史の一部などと、
少なくとも両軍にとって、硫黄島は、不幸な場所であったとしても
称える場所でもなければ、誇りに思う場所でも無いはずだ。

感覚としては、
「俺らがぶっつぶしたWTCの跡地に建物を建て直すなんてナンセンスだ!!」
というテロリストと同じようなもの(テロリストでもこんなことは言いませんが・・)

本当にアメリカという国は・・・・・・

そこに迎合せざるを得ない日本も微妙といえば微妙。

何故、人は他人を踏みにじろうとするんでしょうか?
例えば、職場の中で、多くの人は
「楽しく仕事をしたい」
ッと思っており、目標という点では同じベクトルを向いています。
でもうまくいかない。

戦場にでも、多分、ほとんどの現場の当事者は、
「平和でありたい」
ッと思っているはず。
もっと、同じベクトルに向かう努力をしても良いのではないか?

とにかく、
「いおうじま」だか「いおうとう」だかどっちでも良いですけど、
我々が思わなければならないのは、敵味方関係なく無くなった方のご冥福を祈ることと、
二度とそのようなことが起こらないよう努力することではないでしょうか?


(^_^)b
Posted at Jun 21, 2007  18:37 in スポーツ

巨人が強い。

まあ、誰が活躍しているかと言えば、

一時期はスターになりかけていたが、怪我のため、ここ数年は活躍していなかった谷。

言わずとしれたミスター日本ハム、小笠原。

去年はことごとく期待を裏切ったが、上原の抑え転向によりプレッシャーがなくなったか?ここ十何試合無失点の豊田。

誰だよ?と言われそうだが、地味~な活躍の助っ人、ホリンズ、GG

いつの間に??と思うような元広島キムタク。

っと、結局生え抜き選手なんかほとんどいない。

でも、今年は、なんかいい。
一杯取ってはいるものの、昔のような4番集めということでは無く、
「足りない部分に、良い選手を」というのが好感が持てる。

結局、ファンなんてこんなもの。
あれだけ、生え抜きを!!って言ってた僕がこうですから・・・
勝負事は勝たないとダメだってことなんでしょう。

でもね。
やっぱり、僕ら世代の生え抜きが減っているのはさみしいものです。

いずれにせよ、東京にいたらドームに見に行ってたのになー。(T_T)
今年は、優勝しそうな予感。
でも、プレーオフだからどうなるんでしょう?
まあ、でれるからいいか。


成長するとは??
Posted at Jun 20, 2007  19:41 in 思ったこと

ふと、思う。

あれ?
これって、以前見た光景のような・・・・

もちろん、それが、予知夢的なモノの場合もありますが、
完全に同じような「学び」をしていることも多いです。

3年前と同じこと言われているなあっとかね。

それで、落ち込んだり、悲しんだり・・・
それなら、まだいいんですが、
「自分は成長している」
っと、別の部分を指摘して、現在の指摘された部分をおざなりにしてしまう輩もいる。

大事なのは、他人がどう判断しているか?だ。

そして、今それを気づいたのであれば、
3年前のことであっても、今、前に進み始めるべきである。

確かに、昔に出来ていれば、今はもっと成長していたはずである。
でも、過去にしてしまったことは、後悔できても変えることは出来ません。

我々が変えることが出来るのは、今の自分。
そして、その先にある未来。

皆さんは、どう考えますか?

さて、安心している方。
他人のふり見て我がふり直せ。
他人が指摘されていること、自分の立場に置き換えたらどうですか??

誰が見ても、
「GOOD!!」
という表現をもらえるほど出来ていますか??

自分の成長は、誰からも与えられません。
自分が自ら進むだけ。


ありゃりゃ
Posted at Jun 19, 2007  19:53 in 時事

Jリーグの雄、ジュビロ磐田で起こった事件。

幼い頃から日本代表として各年代で戦ってきた選手が、淫行事件。

なんででしょう?
そんな選手なら、そんなことせずとももてただろうに・・・

性犯罪の多くは、再犯率の高いもの。
一種の病気です。
でも、一流選手が、しかも、道ばたで見かけた、制服を着た女の子を無理矢理(ここは本当のところはわかりませんが、そう書いてありました)車にのせ、
無理矢理お金をつかませて・・・

極楽とんぼどころの騒ぎじゃあありません。

飲酒も、淫行も、捕まったら一巻の終わり。
何でそんなことしたんだろう・・・・

PS 本当は、朝鮮総連事件を書きたかったのですが、恐いから辞めておきます。


ご冥福をお祈りします
Posted at Jun 18, 2007  08:55 in 医療

九州に、筒井先生というか違います。

奥様とともに診療され、
ご本人は、技術の天才。
奥様は理論の天才。
というような感じで、教育にも熱心な方でしたが、
天才のため、受講者が、それをなかなか実践が出来ずに・・・・
というような人でした。

間違いなく日本のトップ10にはいるドクターであったと思います。

その筒井先生が亡くなりました。

昨年、秋、横浜の学会で拝聴した講演が僕の筒井体験の最初で最後となってしまいました。

より学びたいと、秋のコースに参加予定でしたが、実りませんでした。

奥様先生はショックで、大変だと思います。
ただ、歯科医療のために今後も頑張って活躍してもらいたいです。

しばらくは、おつらいことと思いますが・・・

この場をお借りして、歯科医療に多大な貢献をされた筒井先生に
ご冥福をお祈りします。


本日
Posted at Jun 16, 2007  19:09 in お知らせ

セミナーのため、時間ありません。

来週より七夕イベント開催!!!

ふるっておいでくださいね(^_-)


スイープ
Posted at Jun 15, 2007  15:04 in スポーツ

NBA。
レブロンジェームス率いるキャバリアーズは、予想通り、スイープにて、
敗退してしまいました。

各方面では、
レブロン批判が起こっているようです。

エースは、唯我独尊。
普段はチームプレーに徹していたとしても、
ここぞと言うときは、自分が決めるという強いメンタリティーを持っています。

終了間際、ほとんどの試合で、ジョーダンが最後のシュートを託されるのと似ています。

そして、ちゃんと結果を出す。

それがオーラになり、伝説になる。
レブロンには足りないようです。
チームリーダーである前に、強いハートがいるのかも知れないですね


教える側。そして学ぶ側の本来あるべきメンタリティとは?
Posted at Jun 14, 2007  18:28 in 思ったこと

どの組織でも、見られる光景。

先輩が後輩を教える。
先生が生徒を。
コーチが選手を。

これは、素晴らしいことである。
まるで、生まれてきた我が子に、狩りの仕方を教える母ライオンや、
巣から羽ばたくのを見守る親ツバメ。
そして、そこに刻まれたDNAがその教えを見事に習得し、また、
次の世代へとそれを受け継いでいく。

ここで、「見事に習得する」というのがポイントである。
上記に述べたような、風景。
教えられたことを、見事に習得する後輩や生徒や選手はほとんど存在しない。
逆に言うと、そこまで教えることの出来る先輩や先生、コーチもほとんど存在しない。

では、人間の世界で、そのような世界は無いのか??
いや、そのような伝承がほぼ行われ続けている場所がある。
それは、伝統工芸や伝統文化の世界である。

例えば、輪島塗。
例えば、歌舞伎。
例えば、九谷焼。
例えば、加賀友禅。
例えば・・・・

では、何故、このような場では、ほぼ100%伝承が行われるのに対して、
我々が存在するこの組織では無理なのでしょう?

僕は、ここに、メンタリティの問題があると思います。

何か一つの行動を教える。
これは、簡単ですし、誰もが伝承できることです。
「朝、8時に来なさい」
「毎日10本走りなさい」
「営業電話を100件しなさい」
などなど。

こんなことはたいしたことはありません。
教える側は何を教えるか?
それは、
「ヒットを打つにはどうしたらよいか?」
「スムーズにアシスタントを出来るには?」
など、複合的な要素が絡むケースです。

そのような場合、100%伝承することは難しいです。
なぜなら教える側が100%出来ていないケースが多いからです。
出来ないのに、教える。
大きな矛盾がそこにあります。
しかし、組織の中ではしようがないこと。

だからこそ、そこにメンタリティの重要性が出てきます。
100%では無いけれど、そうなるように努力して、勉強をする。
さらに上の上司から学ぶ。
だから、申し訳ないけれど、後輩に教えるのを許してもらう。
という、
「自分はより成長するんだ!!」
というメンタリティ無くして教える資格は無いと思います。

簡単なことであれば、出来て始めて教える側に回るべき。

そのようなことをしていない人間が多すぎるのではないだろうか?
「俺は出来る!!」
と勘違いしている人間が、教育する。
「勘違い人間」
の伝承が起こります。

さて、学ぶ側を見ていきましょう。
多くの場合、教えてくれる人は、自分の貴重な時間を費やしているわけです。
従って、その想いに応えるメンタリティが必要です。

例えば、予習が必要なら予習。
復習なら復習。
して当然だと僕は思います。

もし、そこに、別の人が絡む場合。
例えば、歯科医院だったり、レストランだったり・・
そのメンタリティは、普通の企業以上に、必要です。
なぜなら、その行為自体に、お客様はお金を支払っているのですから・・・

今一度、見直して欲しい。
この教える側と学ぶ側のメンタリティが根付いた時、
その組織は、素晴らしい組織になることだろう。


やっぱりまだ早いのか・・・
Posted at Jun 13, 2007  20:43 in スポーツ

いよいよNBAが大詰めを迎えています。

ファイナルは、
デビッド・ロビンソンを要した頃から常連となった、スパーズ。
一方は、
ポストマイケルジョーダンと騒がれる多くのスーパースターの中で、
最もその地位に近いのでは?と思われているレブロンジェームス引っ張るキャバリアーズ。

レブロンジェームズは、その能力の高さと若さ、
入団前からの話題性、
ナイキとの巨大契約と、話題が満載でドラフトを迎え、

ジョーダンと同じく当時の弱小チームに入団した。

そしてわずか4年で、プレイオフファイナルまでチームを導いた。
しかし、結果はスイープ目前の0勝3敗。
多分、優勝は難しいだろう。

神様マイケルジョーダンがプレイオフでピストンズに辛酸をなめさせられたのが入団4年目。
その後、念願の優勝を果たしたのが8年目。

レブロンがどこまで行くか?
じっくり見させてもらおうと思う。
近い将来、「キング」の呼び名にふさわしい場所に立つことを祈って。


今日は
Posted at Jun 12, 2007  19:18 in お知らせ

お出かけするので、時間がありません。

また明日(T_T)


凹みます
Posted at Jun 11, 2007  19:37 in 医療

今日、患者様を怒らせてしまいました。

明らかに、当医院(セントラル歯科)のミスでした。

一生懸命、患者様のためと思い仕事をしていても、
ふとした時に、患者様不在の決定をくだしてしまう。

自分のアホさに嫌気が差します。
なんと、愚かな人間だろうと・・・・・

僕らにとっては、
一日の中で、いろんな治療をし、その中の一人だったり、一本の歯だったりするのですが、
患者様にとっては、それは、かけがえのない時間であり、歯であったりするわけです。
いつも、自分に問いかけ、スタッフに話しているのに・・・・・

本当に申し訳ないことをしました。

なんとか、すぐに、改善策を探りたいと思います。
そして、なるべく早くにその患者様に、改善した姿をお見せしたいと思います。

すでに、信頼関係を失ってしまったかもしれませんけれど・・・・


この世の中、まともなことってあるんでしょうか?
Posted at Jun 08, 2007  13:36 in 思ったこと

最近のニュースやワイドショーを見ていると、まともなことが一つもない。

社会保険庁は、当然、無茶苦茶です。今朝は、チラシを配ってお詫びと言っていたが、そのチラシ代も、配っている職員のその間の給料も、ようは税金。
完全なスタイルだけと思われる。

その解決をしようとする国会や議員も・・・
麻生太郎が、総理不在のあいだにパーティーを開き、お金を集め、その中で、次期総理の話題が出ている。
次期総理を目指す前に、まずやらなきゃいけないことがあるだろう!!

追求する側も、そのほとんどが、元自民党員。
つまり、現在の責任の一端があることになります。
非難する資格はない。

コムスンも相当、無茶苦茶していたらしい。
介護ビジネスを儲かると言い切って、現に、悪さをして儲けてきた。
で、法をすり抜け、今後も存続しそうである。
もちろん、存続が、介護を受けたい人たちに恩恵があるのも分かる。
本来であれば、全く関係のない、他の会社に譲渡されるべきだろう。

それに関して、
「介護で儲けるなんて考えてはダメ。」
っと言う人たちもいるが、それもどうでしょう??
ぼろもうけはする必要は無いですが、資本主義で生きている以上、ボランティアでは生きていけません。
ある程度、儲けていけるシステムを構築していく責任も、国にもあると思う。

東洋経済という雑誌によると、
歯科医師の5人に1人は年収300万円という時代らしい。
サラリーマン並と言うことになる。
それでも、良いだろう!!
と、おっしゃる方もいるでしょう。
もちろん、仕事をする上でノーリスクなら・・・・・
歯科の開業という半端無い借金を背負うリスクを考えるならば、
歯科医療の将来は、真っ暗ですし、そうなれば、国民の方々も必ず損をすることになると思う。

そう言えば、サミットでの環境宣言も結局、形だけの宣言という感じです。
日本が偉そうに言っても、京都議定書の時点よりも排出ガスは増えているのだから、目も当てられない。
しかし、その責任は、我々国民、一人一人の責任でもある。

全ての物事を、冷静に考え、本当にWIN/WINの関係を構築するだけの、
知恵を、我々人類は持っていると思う。
そこに、本気があるかないか。

本気で生きましょう。


暑いっす。
Posted at Jun 07, 2007  19:22 in 思ったこと

まあ、暑い。
蒸し暑い。

クビ周りとかがネットリします。
一部では、梅雨入りした地域もあるそうです。

雨はいやですが、
水がなければ我々は生きていけません。
ちょっと前テレビで、徳島県の既に、ひからびる寸前の川が出ていましたが、
今はどうなっているんでしょう?

金沢は、
「弁当忘れても傘忘れるな」
と言われるほど雨の多い地域のはずでした。
僕の小さいころは、本当に雲行きの怪しいときは、本当に傘を持ち歩いていました。

でも、今の金沢は多少ぱらついていても傘を持たなくても大丈夫なようになってきてます。
エルニーニョだか、ラニーニャだか知りませんが、どうなるんでしょう?

ちょうどサミットで環境に関して議論も行われているようです。

いろいろ気になりますね


難しいモノです。
Posted at Jun 06, 2007  21:08 in 思ったこと

皆さん、お仕事場で辛いこと、嫌なことありますか?
 
上司に文句を言われるとか、思い通り仕事がやらせてもらえないとか・・
仕事がつまらないと思ってないですか??

多くの人は、「いつも楽しく生きたい!!」と
思っているに違いありません。

仕事でもそう。
社長でも、上司でも、部下でも、平社員でも。
みんな楽しく仕事をしたいと思っています。
つまり、実は、その仕事場に存在する全ての人間の目標は、
「同じ」
ということです。

目標が同じ、進む方向が同じなのに、何故そうはならないのでしょうか?

その多くはコミュニケーション不足から生じます。
上司は、まずちゃんと、部下の話を聞いてあげること。そして、信頼される人間関係を構築するように努力すること。
部下は、尊敬して、上司と真剣に話、そして、信頼される人間関係を構築するように努力すること

お互いがお互いのことを踏まえながら物事を進める努力が大事です。
それは、本当に難しいこと。
でも、それがクリアできたときにきっと、楽しい職場がそこに存在するはず。
その雰囲気が必ず、お客様。
我々の立場であれば患者様に伝わるはず。

みんな頑張っていきましょう!!(^_^)b


ザ・シューター極大射程
Posted at Jun 05, 2007  19:45 in エンタメ

をこの間、見てきました。

期待はしていなかったのですが、
まあ、やることもなかったので見てきました。

原作は
「このミステリーがすごい!!」
で第1位になったらしい。

スティーブンハンターお得意の分野。

んで、内容は期待していなかった分?!
結構楽しめました。
今までの純粋なヒーロー的な感じではなく、
人間味あるというか、なんというか。。。

でも、この手のものには欠かせない、
恐ろしいまでの超人さには、ちょっと・・・・
だって、強すぎでしょ?

見るモノが無ければ、見に行っても損はしなそうです。
大日本人は、当たりはずれが、ちょっと恐くて劇場にみにいきにくいでしょ?


スポーツにおける若年化
Posted at Jun 04, 2007  19:40 in スポーツ

ここ最近のスポーツ界では、恐ろしいような天才がポコポコ生まれてきます。

その現状に関して、先日新聞にこういうことが書いてあった。

成功している若年者の選手の多くには共通した事柄があると。
それは、
練習量×コーチング
である。

成功者の多くは、3才とか非常に若いころから練習づけの毎日を送り、
練習している総時間数では、大人と同じくらいの量をこなしている場合がほとんどである。
例えば、3才から15才まで一日10時間の練習をこなしたとすれば、それは既にトップレベル並みの総練習量となる。

しかし、ただ練習をしているだけではなくて、
そこに関してはコーチングというモノが加わらないとダメだと言われる。
ティーチングではなく、コーチング。

我々おとなは、成功を諦めていたり、無理だと感じる前に、
そのような子供達よりも自分たちが努力をしていないことを気づくべきだ。

ちなみ、新聞記事の最後には、
「しかしながら、成功を収めた子供達は、多くの犠牲を払っていることを忘れてはならない」
とも書いてあった。

すごいというのは簡単。
文句を言うのも簡単。

でも実際に行うことは大変難しい。


本日は
Posted at Jun 02, 2007  18:42 in 思ったこと

来週より、新しいスタッフが増えます。
(セントラル歯科)

そのための歓迎会なので、
ブログをゆっくり書けませぬ。

また来週!!
ばいなら・・


昨日のつづき
Posted at Jun 01, 2007  09:36 in 思ったこと

スタッフからこんなモノももらいました、

ありがたやありがたや。
\(^_^)/ DSCN2937改