ドクターBlog

中山歯科医院副医院長中山大蔵のBlogへようこそ
* 利用規約というほどのものはありませんが、左の「このブログについて」を一読下さい。
* 中山歯科医院&中山セントラル歯科のお知らせ も要チェック!?
* 全く関連のないコメントの投稿もOK!関連しないものは最新のエントリにコメント下さい。
* メールマガジン「これを実践!!スーパー衛生士への道。(ID:0000196966) 」を発行しています。
   メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
   
     まぐまぐ

既に・・・
Posted at May 31, 2006  10:04 in 思ったこと

ふと気が付けば、
こんなおっさんになってしまった僕も34歳の声を聞くまでになりました。
歯医者でいうともう10年目になるのかなあ。

何か、大きな事を成してきたというと、全くそうではなく、温室でぬくぬくと育ってきた僕ですが、そろそろ何かしないとなあっと思うわけです。

また、周りにも迷惑をかけ続けてきた34年だったわけで、周りの人たちにも恩返しをしないとなあっとも思ってみたりしてます。

そんななか、スタッフがお誕生日プレゼントをくれました。
(写真参照)
「山崎」
日本が世界に誇るMALTウイスキーの一つでしょう。

これだけ、毎日イヤなことを言い続ける僕なのにお祝いしてもらえるのは、本当にありがたいと思います。
スタッフに感謝です。
というわけで、なかなか自分を変えるのは難しいのですが、ちょっとでも周りが幸せになれるように生きていきたいと思います。

PS 
ところで、「山崎」をくれた理由が実はあります。
日本でも、世界でも有名な歯科医で、僕のメンターの一人でもあります「山崎先生」を飲んで、追い越せという想いがあるようです。
こんな僕ですが。、なんとかそうなりたいと思います。

本当にありがとう!!

口べたな、太った34歳より。。
   

DSC_7812

歯科医療
Posted at May 30, 2006  09:44 in 医療

知り合いの技工士さんに教えて頂いた、サイトです。

OUR PLANET TV

この4月3日の部分に技工士さんの仕事の現状について流れています。
これを見て頂くと、保険診療の負の一部分が、よくお分かりいただけるのでは無いでしょうか??

そのほかにも、おもしろい映像がありますので、お暇ならご覧になってください


新たな、眠りを妨げるものは??
Posted at May 29, 2006  14:34 in エンタメ

数ヶ月前までは、『24 シーズン4』を見てました。
毎日借りに行っては、物がないっという状況にイライラしたものです。
そんなシーズン4の終わりは、
「もう次は無いだろう」
ってな感じだったのに、しっかりアメリカではシーズン5が放映され、
相変わらずの高視聴率を維持しているようです。

日本でも、そのうちレンタルが開始されるでしょう。

それが、僕の眠りを妨げる物ではありません。
既に、ちまたでは噂になりつつありますが、今の一押しは
プリズン ブレイク まだレンタルが開始されて間もないですし、知らないヒトも多いうちに、見ておきましょう。
ちょっと威張れるかも。。

ちなみに、1巻目には、24シーズン5の序章(内容とは関係ないですが、潜伏期間中の様子が語られています)が出てますから、24ファンの見る価値ありですな。

PS もし寝不足になっても責任は負いかねます。。

PS2 でも期待しすぎるとイマイチかもー 2


ふと思ったら・・
Posted at May 27, 2006  15:57 in エンタメ

昨日、ブログ書いてませんでした。
申し訳ございません。
最近、どーも疲れ気味で。。
得意の言い訳ですけどね。

でも、昨日の午後、何をしていたかというと、
一人寂しく映画を見てきました。
見てきたのは、

ナイロビの蜂

なかなかおもしろかったですよ。
愛と、軽いサスペンス。
そして、ドキュメンタリー??とふと勘違いしてしまいそうな、アフリカの現状。
題材は、普通にあるんじゃないの??と思うような新薬の治験。
アフリカの難民は、どうなろうと実験台になればいいという、世界的な大企業とそれを後押しする、政府と高官。お金ほしさに、それを黙認する現地政府。
それに立ち向かい、殺される主人公の妻。
その妻の意志を引き継ぎ、その愛のために戦う主人公ジャスティン。

実は、僕は映画館に行くと最初の30分くらいどーしても、うとうとしながら見ちゃうので、微妙なんですが、でも、結構おもしろいです。
女性も男性も見れるのではないでしょうか?
僕は、最初の30分をしっかり見るためにビデオが出たら、買うか借りるかしようと思います。

にしても、タイトルはいいね。なんか。
洋題は「the constant gardener」だって。
日本じゃあ、このタイトルではみないだろうねえ。
何故、蜂なのか??
ずっと分からなかったのですが、さっき気づきました。
蜂ねぇ・・・・・


ボクシング
Posted at May 25, 2006  19:25 in スポーツ

ここ最近は、亀田兄弟効果で、ボクシング人気が高まってます。。
でも、現在、日本人の世界チャンピオンは5人もいます。
ちなみに、ボクシングあまり知らない方のために、亀田は、まだチャンピオンではありません。
少し前になりますが、辰吉丈一郎がビックマウスで、かつ、史上最年少でチャンピオンになったことを考えると、亀田3兄弟となんかだぶります。
そんな、最強と思えた辰吉でも世界戦での防衛は2回しかありません。(3度チャンピオンにはなってますが・・)

そんなか、最近、強い日本人チャンピオンといえば徳山昌守でしょう。
彼は、8度の防衛後負けましたが、その後再度チャンピオンに返り咲いています。その、強いボウサーは引退を決意していると言います。
しかし、周りがそれを許さないらしいです。
強く、お金を稼げるボクサーは大変です。
今、彼のモチベーションは下がりまくっているでしょう。
そんな中、周囲の人たちが彼のモチベーションを高めるマッチメークをしようとしています。
その中の一つが、亀田との試合のようです。

徳山曰く、「やってもおもしろいかもしれない。彼(亀田)は本物と試合をしていないので本物のボクシングがどういうものか教えてあげたい気もする」
っと言っています。

この試合は、すごく見たい!!
是非、実現して欲しいものです

PS 徳山は日本人でしょうか??
  韓国人のような気もします。
  でも、どっちでもいいや。
  応援するのは一緒だから。


いつもは・・・
Posted at May 24, 2006  20:24 in 思ったこと

思ったことを、精査せず、バリバリ書いちゃいますが、
今日は、やめときます。
何を書いてしまうのか分からないので・・・

ゆっくり落ち着けます。。


私事ですが・・・
Posted at May 23, 2006  19:57 in お知らせ

本日、正式に、石川県衛生士学校より辞令がありました。
授業は10月20日金曜日の午後からですから皆様にご迷惑をおかけすることもありません!!
生徒への教育を通じて、皆様の健康にお役に立てるようがんばりマッスル。。


東京にて。。
Posted at May 23, 2006  14:19 in お知らせ

東京出張の際に、こんな人と、仲良くなりました。
セミナー等をやっている会社のCEOの方です。
さんざん飲みました。
それで、一緒になんかやるかもしれません。。

ネクストサービス

とりあえずは、年2回行っているCCCS(僕が始めた勉強会です)のミーティングで話してもらおうと企画中。。
異業種の人の話はおもしろいですよ。
CCCSは一応、歯医者関係者の勉強会ですが、一般の方も参加OKです。
夏は、9月3日(日)富山で開催されます。
こうご期待!!

PS 写真の方の講演は、多分、冬にやりますよー

サイズ小さい

検索
Posted at May 22, 2006  19:33 in お知らせ

当院のHPがどのくらい認知されているのかなあっと、
ちょっと遊んでみました。
「中山歯科医院」で検索すると全国で一番に引っかかりました。
「歯医者」で検索すると全国で90番目に引っかかりました。
「歯医者・金沢市」
「歯医者・石川県」
「歯科・金沢市」にて、1番でひっかかりました。
「歯科・石川県」にて、3番目で引っかかりました。

これも、これを見てくださる皆様のおかげです。
感謝感謝!!


果たして、自分たちの目標とは??
Posted at May 19, 2006  12:06 in 思ったこと

我々が、生活する上で、もしくは、ビックになろう!!もと良くなろう!!という向上心を持つ中で、ただ漠然と考えているだけでは、その目標に到達できないのは、多くの人が言っているとおりだし、その通りだと思う。
そのために、明確なビジョンを持つことが重要である。
ビジョンは、「夢」の類のものでは、まずい。
もちろん、夢を抱くことは重要であるのだが、夢は、今現在すぐに実現出来る事ではないことが、得てしてあるために、結局何をしてよいのか??見失ってしまい、結局はその夢に到達できない。
従って、夢とビジョンを持つことが重要であるのだが、その二つを持ったとしても、なかなかそこへ到達することは簡単ではない。
何故だろうか??
我々は、いつの間にか、ビジョンに到達するための課程を目標にしてしまっていることが多い。
例えば、英語がペラペラに話したいっと思った時に、多くの人は、
「まずは英会話学校に通おう」
っと思うわけであるが、実際そうなる人は限られる。
なぜならば、いつの間にか、その目標が、
「英会話学校に通う」
と言うことになってしまい、そのうち、その目標すらも、
「英会話学校に通うための時間を作る」
となり、それも
「・・・・・」
と言う風に、だんだん、本来の目標がぼやけ、形もおかしくなり、結局モチベーションも下がっていってしまう。

そして、その目標設定を誤らずに、到達できる人はごく限られる。
なぜなら、人間は弱いからだ。
そこに、ある種のコーチングが活用されることがある。
絶えず、道を元に戻し、モチベーションを高め、かつ成果をフィードバックしてくれる。

昨日から、ちょっと考えたことをだらっと書きました。
自分が甘えている、でも、何かをなしたい、頑張りたいと言う人には、コーチをつけることはお勧めかもしれません。


今日も・・・・
Posted at May 18, 2006  19:25 in 思ったこと

勉強会で時間がありません。
木曜日はいつもこんな感じだなあ・・・

ごめんなさい。。


父性と母性
Posted at May 17, 2006  21:23 in 思ったこと

この二つの違いは何でしょうか??
僕の、何となくな認識では、
父性は、厳しい優しさ
母性は、包み込むような優しさ
というニュアンスがあります。

さて、僕が、ひょんな事から、衛生士学校の講師をすることになりそうなのですが、それについて、自分の中ではある程度のビジョンがありましたが、
「どうせなら、より良い物を提供しよう」
っと思い、何人かの方にアドバイスを求めました。

その中で、ある先生はこのように言ってました。
メールをそのまま、添付します。

>原田先生ですら、「いきなり父性を前面に押し出したら、今の子にはキツイ。
特に、女子にはまずは受容感を与えてあげなければダメ。」と言ってたよ。
やっぱり、「受け止めてもらえる」という感覚を与えて上げられなければ、
ダメなんじゃないですか?
とういことで、いきなり気合入れすぎにはご注意を。

(◎-◎;)ドキッ!! としました。
以前、僕は同じようなことをスタッフに怒られました。
「先生は助けてくれない」っと。
僕は、自主的に行動できる人間になって欲しいために、結構付けはなす事が多いのですが、それは、ある程度の信頼感がないといけないのだなあっと。。

また、前任者先生はこうおっしゃっていました。

>どうも、認めて欲しいみたいだよ。彼女たちは。
いつも、「勉強できない」とか「頭が悪い」とか言われて。。

まさに、この二人の先生の意見が、はからずもリンクした瞬間でした。

また、たまたま読んだ、短文には、このようなことが書かれていました。
>「優れた人(すぐれたひと)は、優しき人(やさしきひと)なり」
例えば、客室乗務員とパイロットの優しさは違います。客室乗務員は人を気遣う優しさ。パイロットは時間通り安全に人を運ぶといったタフな優しさです。

この文章も、ある意味、母性と父性の比較ではないでしょうか??
この2日間に、びっくりするほどリンクすることを情報として得ました。
これは、天の声でしょう。。

っと思いながら、診療中にまた怒ってしまった、もうすぐ34歳でした。。


ジェームススキナー
Posted at May 16, 2006  19:33 in エンタメ

ご存じですか??
ジェームス・スキナー。

蝶ネクタイの、外人のおっさんですが、
日本語ペラペラ。ちょっとした有名人です。

そんなおっさんの、セミナーに、僕の知り合いが行ってきたようで、ちょっと話を聞きました。
セミナーと言うより、宗教の合宿みたいですが(笑)

2泊3日だか3泊4日だかの合宿なんですけど、中身は以上に濃い。
朝6時くらいから休憩なしで(ご飯の時だけ)夜中3時くらいまでぶっ続けらしいです。
手法は、疲れた中で、無理矢理ハイテンションに持って行き、今まで恥ずかしいとか思っていた行為をやることによって、馬鹿になるって感じでしょうか?
食事も、体調をリセットするための食事でなんかやけに質素らしく。。
そして、ボランティアと称する人が、周りを盛り上げる。
これってマジで宗教みたいだよー。

でも、歯科界では、ちょっと有名なコンサルタント(←僕はあんまり好きじゃないだけど・・・)が紹介したもんだから、1割くらいは歯医者さんだったらしい。
それもすごいね。
でも、そうやって頑張ってるのはたいしたもんです。
でも、一番すごいのは、ほぼずっと話しっぱなしのジェームススキナーらしいけど。。。


ついに!!
Posted at May 15, 2006  19:28 in スポーツ

サッカーワールドカップの代表23人が発表になりました。
久保がはずれて巻が入ったくらいが、ちょっとしたサプライズでしたが、
あとは、ほぼ、テレビ等での予想そのままという感じでした。

さて、泣こうがわめこうが、もうこのメンバーで戦うしかないのだから、是非頑張って欲しいものだ。
でも、やっぱり、
「今回は駄目だろうなあ」
っていうのが、大方の予想ではないでしょうか?
キリンカップがあまりにもふがいなくて・・・

個人的には、松井を入れて欲しかったんだけどねぇ。。。

僕は、今年はドイツまで見に行きます!!
っていういわけは無いので、スポーツバーで、友達と観戦かなあ、きっと。。
いつか、ワールドカップを生でみたいものです。


村上ファンドが外資系になります
Posted at May 13, 2006  19:34 in 時事

なんじゃこりゃ??
と思われる方もいるかもしれません。

村上ファンド。
皆様も最近よく耳にすることでしょう。
ここ数日は、阪神電鉄とのやりとり。
ちょっと前は、ライブドアのフジテレビ買収にも一枚絡んでたり、結構世間を騒がす、目の大きい村上世彰氏率いるあそこです。

その会社が本拠地をシンガポールに移すそうだ。
どうもシンガポールは税制を優遇することによって、世界中の金融投資会社を誘致するつもりのようです。
そこに乗っかったわけです。
一見、投資する人にとっては、より儲かるように見えるわけですが、
我々日本人としては、儲けたお金はシンガポールで納税されると言うことです。つまり、完全に日本を売るような行為みたいな感じです。
これだけでもむかつくのですが、一番むかつくのは、
彼は、もと官僚で、我々の税金を使って、給料・生活費・学費等をまかなっていてもらい、海外のMBAを取得していることです。
何故、我々の税金が、国のために労力を使わない奴らのために使われなきゃいけないのでしょうか?

僕の先輩で、
「国立大学の歯学部を出た人間は税金で勉強しているのだから、卒業して、結婚をして歯医者を辞めるなんて言う女性は許せない」
と言う人がいました。
ちょっと過激かもしれませんが、でも、一理あると思います。
たしかに、国民の税金で勉強しているわけですから、その分、国民の健康増進のために寄与する必要はあると思います。

そんなわけで、国のお金で、MBAを取得するなんて言う制度はなくすか、もしくは、最低10年は辞められないという縛りをつけるぐらいじゃないと駄目だと思う。
ちなみに、今後そのような情報は、個人保護法を盾に、国はもっと隠し通す可能性もある。
はやく、日本を救う政治家が出てくることを願うのみである。。


なんかすごく悲しいです。
Posted at May 12, 2006  12:58 in スポーツ

連続試合出場。
これは、大変なことである。
スター選手であればあるほど、選手はファンの期待に応えようとし、ちょっとした無理をすることもあるだろう。そこで、手を抜いていては、ファンは付いてこない。
また、勝負の世界は厳しいから、絶えず、実力を示し続けないと連続試合出場は出来ない。

競馬の世界でも、
「日々これ名馬」
ということわざがある。

以前、NBAの話をした時にも、
何故、真のポストジョーダンが現れないか??という話をした時にも書いたが、ここ数年出てくるポストジョーダンと言われる選手達は、どうも怪我がちであった。もちろん、ハードなスポーツであり、フープの下は戦場と言われる世界ですから、それが普通なのですが・・・・
しかし、ジョーダンは怪我にも強かった。
だからこそ、ジョーダンは今でもジョーダンである。
残念ながら、名選手と疑うべきも無いラリーバードですが、どうも僕の印象は薄いです。なぜなら、彼は、後期は腰痛に悩まされ続けていたからです。

さて、日本が世界に誇る野球選手の一人である「松井秀喜」その人は、まさにその要素を兼ね備えていた。
だからこそ、野球に携わる人の中での方が、もしかすると一般人よりも評価が高いのはそこら辺にあるのではないだろうか?先日述べたが、かの野村克也をして真の4番といわしめた男である。
しかし、今日、メジャーリーグでその記録が途絶えてしまった。
一回の守備の際に手首を痛めたようだ。
ユニフォームのまま、病院に直行したらしい。
試合に出たじゃないか??
僕もそう思いました。しかし、野球規約では、1イニングの表裏を出場しないとそれは認められないらしい。(未確認ですが・・)
もしそうだとしたら、一ファンとしても、悲しい事です。
でも、彼のことだから、甲高い声で、あっさりとこういうのかも、しれない。
「仕方ないですね、はい」

でも、これにより、逆に彼は連続試合出場の呪縛から取り除かれる。
休養をとれることにより、過去最高のシーズンを送ってくれることを切に願う。


エンタメ??
Posted at May 11, 2006  17:02 in エンタメ

またパクリなんですけど、ある人のブログに書き込んでた人の内容に、
「財務省作成のゲーム」
なるものが紹介されてました。

たしかに、財務省のHPにいくと、
出てます。
なんじゃこりゃ!!
我々の税金がこんなところに使われている。
完全にコスト感覚の無い役人が作ったとしか思えません。
だって、どんな大企業でも、HP内で、自社をモチーフにしたゲームを作っているところなんかありますか??
これは、コストとお客へのアピール度を考えたときに、割に合わないから、どこもやっていないのでしょう。

財務省がこんな事をやっていて、各省庁が予算削減を飲むわけがない。
いつも言うが、リーダーが率先して変わらなければ、良い組織は出来ません。財政再建のリーダーが財務省であるとするなら、まずは、自分たちが背中を見せなければならないはずなのに、その逆を行くとは・・・・

ちなみに、財務省のHPの中には、なんとドラマも作られている。
あり得ない!!!

日本が駄目になるはずだよ、これじゃあ。。。


今日は・・・
Posted at May 10, 2006  21:16 in お知らせ

このあとお食事に行きます、
ので、時間がありません。
ごめんなさい。

明日、頑張って書きます


いよいよ
Posted at May 09, 2006  19:23 in スポーツ

サッカーワールドカップまで、およそ1ヶ月。
今日から、キリンカップが始まります。
ワールドカップ前の最後の真剣勝負。
とはいえ、今日対戦のブルガリアは、ワールドカップに出場出来ず、ベストメンバーではない。だから、その点では、真剣勝負では無いかもしれない。
しかーし!!
本当の真剣勝負は、日本代表の中にあると思う。
まだ、確定されてないメンバーは、最後のアピールの場となる。
個人的には、実績があり、名前もある選手と、今シーズン勢いのある選手を選んで欲しいのだが、ジーコはちょっと違う。
選手を選ぶ基準は
「ジーコジャパンにおける貢献度」と「格付け」によると言われる。
前者は、今調子がどうのこうのよりも、今まで、コンスタントに貢献してきた者を選ぶということ。そして、この関係と後者の「格付け」は比例する。
どんなに調子が良く、能力があっても、海外組が戻ってくると、国内組は控えになる。点をここ最近取っていなくとも今までの実績で、選手に選ばれる。
たしかに、この点において、ジーコがぶれることはまずなかった。
ジーコ自身も、
「客観的に公平に選手を選べるのが自分のすごいところだと思う」
と言っている。
たしかに、この2点があれば、8年前のキングカズ、4年前の中村俊輔のようなサプライズは無いであろう。
しかし、残りの数人はまだ固定されていないはずだ。
是非、最高のメンバーで、本戦でも大暴れして欲しいものだ!


GW空けということで・・・
Posted at May 08, 2006  19:33 in 思ったこと

なんか書けそうなこと一杯あると良いんですけど、
なーんにも無い。
時事ネタも、、GWぼけで、書く気もなんかしません・・・・
こんなんじゃまずいぞ!!

でもねぇ・・

あっ、そういえば、いつも一緒に勉強会やってる、富山の友達夫婦の家に初めて遊びに行きました。
あー、よー飲んだ。
テレビでかかった。
赤ちゃん、かわいかった。

そんな感じ。
さて、また、普段どおりにがんばろー。

PS  気づいたら、ビデオの返却期間が過ぎてた。がーん・・・
   しかもあまりおもしろくなかったのに。


そういえば・・・
Posted at May 02, 2006  12:09 in お知らせ

皆様にお知らせしていませんでしたが、
4月をもちまして、セントラル歯科のスタッフが一名退職しました。
セントラル開業当時より、働いてくれたスタッフで、創世記を支えてくれたすばらしいスタッフでした。
当院にとっては、痛手ではございますが、皆様のご迷惑にならぬようにスタッフ一同頑張って参りますので、今後ともよろしくお願いします。

PS 今日は、ちゃんとしたブログも書きました。
   下も見てください


NEET
Posted at May 02, 2006  11:37 in 時事

not emmployee,education,training

ようは、ちゃんとした雇用に付かず、勉強もせず、就業研修も受けない。
そういう人たちを差す言葉である。
現在の日本のみならず世界的に問題になっています。
このような人たちがいることは、間違いなく、国力の低下を招きます。
フリーターの方々も一応、この中に入ります。

したがって、国は、いかにNEETをなくすか?に躍起になるわけです。

以前から、凶悪犯罪の低年齢化等が叫ばれ、学校教育のあり方が、学力低下という点でだけでなく道徳教育の点でも問われています。
現在の状況は、文句だけ言う親と、何もしない(出来ない)教師という構造で、子供のみが助長するようになっています。

先日、戸塚ヨットスクールの戸塚校長が出所して、
「教育方針は今まで通りやります。体罰は必要です」
と言ってました。
その課程の中で、理由は何であれ(詳しくは知らないので)人が何人か亡くなっている以上、全く変わらないのもどうかと思います。
また、テレビのコメンテーターの多くは、自分を守るためなのか、受けがいからか分かりませんが、体罰なんてもってのほか!! みたいな意見を言う人ばかりです。
僕は、たまに、叩いたりするのは、絶対に必要だとは思いますし、(殴るのとは違う。当時は殴られた!!ぐらい痛かったけど、今となれば、そんなもんだったろうと思います)かと言って無茶苦茶な体罰だったりは反対です。つまり、必要か必要じゃないか?なんて議論があることの方がおかしいと思います。すべては、程度であり、1か0なんて事はあり得ない。。

話は戻るが、ちょっと叩けば文句を言う親、それを盾にしてやりたい放題な子供、怖くて何も出来ない先生。教育も学校か家庭か?なんて言うのはくだらない議論で、両方して当たり前で、そんな学校に文句を言う親が増えたから、今の様々な問題が起きているような気がする。

ヤフーニュースに出ていた記事を下記にのせます。

夢をかなえるためならフリーターもいいと4割の学生が肯定するが、親は半数近くが“拒絶反応”-。東洋大(東京都文京区)が4月上旬に実施した新入生親子アンケートで、「フリーター観」の大きな違いが浮かび上がった。
 新入生約7400人のうち2801人と保護者1525人が回答した。
 フリーターについて新入生は「夢をかなえるためならいい」が40%、「条件・環境が厳しく就職がどうしてもできなければ仕方ない」が34%。「どんな状況でも反対」が16%だった。
 逆に親は47%が「どんな状況でも反対」。「仕方ない」は26%で、「夢をかなえるためならいい」と肯定的にみる人は23%にとどまった。

僕が思うに、本人は、そう育ってしまったし、若いし、駄目なのは間違いないが大目に見るとしても、それを認めている親が半分以上いる現状が問題だ!!
親は、やはり、それは良くないっと強く言うべきであって、その中から本当に自主性が出てくると思う。野放しの状態では、心から出てくる真の自主性は絶対に育たないと思う。
ちなみに、もう一つ驚くべき事は、ヤフーニュースのタイトルである『学生4割は肯定、親は否定的』
このデータで否定的って言ってしまうマスコミが、実は一番大きな責任があると思う。
良くも悪くもマスコミの力は既に無視できなくて、国家を動かす力があると言っても過言では無いと思う。そこに問われるのは倫理観しかなくて、倫理委員会なる物が存在するのだが、例えば消費者金融に対して今まで強い報道が出来なかったマスコミの責任は否めないし、事件に発展と報道はしたが、すでにほとんどの局でこの問題を取り上げるところはない。
もちろん、すべての事象は、リンクして起こることであるので、マスコミの責任は重いが、それを鵜呑みにする視聴者である我々も悪いし、
NEETにしてもそう育てた親の責任もあれば、学校の責任もあるし、赤の他人であっても社会の責任もあるはずである。

自分の事を考えるのも大事です。
自分に自信を持てなければ、生きていくのは大変なことです。
でも、自己犠牲で成り立っている世の中です。
もっと本当にいいこと、国や社会や組織が良くなることを考えていく必要があるのではないでしょうか??


映画
Posted at May 01, 2006  20:20 in エンタメ

久々に、見てきました。
以前にも、お話ししていた「プロデューサー」を。

ブロードウェイでの人気ミュージカルを完全映画化ということで、
なんか昔の映画を見ているような感覚になりました。
はい。
内容は、ブロードウェイでは、出資金を集めて、それを元手にミュージカルを作り上映するわけであるが、つまらないという評価が下ったとたん、客足は一気に途絶え、そして打ち切りになる。その場合、当然、出資者は儲からず、プロデューサーの評価は下がるし、ギャラももらえない。そこで、2人組は、帳簿を改ざんし、経費が莫大にかかったことにして、裏金を作り、ミュージカルを最高にくだらない物をつくり、さっさと打ち切りにすることにした。そうすれば、裏金がまるまる、懐に入る仕組みだ!!それで・・・

って書きながら、僕には、人に何かを伝える能力は乏しいらしい。
まあ、すっげー楽しいか?というとそうでもないですが、
なんか、昔の映画を見ているような感覚に陥る、エンターテイメント作品であるのは間違いないでしょうか??

でも、ミュージカルを見ると、いつも「タモリ」を思い出すのは僕だけでしょうか??