ドクターBlog

中山歯科医院副医院長中山大蔵のBlogへようこそ
* 利用規約というほどのものはありませんが、左の「このブログについて」を一読下さい。
* 中山歯科医院&中山セントラル歯科のお知らせ も要チェック!?
* 全く関連のないコメントの投稿もOK!関連しないものは最新のエントリにコメント下さい。
* メールマガジン「これを実践!!スーパー衛生士への道。(ID:0000196966) 」を発行しています。
   メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
   
     まぐまぐ

これって必要??
Posted at Jan 31, 2006  19:49 in 時事

本日の北国新聞の夕刊の一面は「北陸新幹線建設費44%増し」だった。

僕の個人的な意見では、新幹線は必要ないと思う。
今で十分、在来線と飛行機ですみ分けが出来ているのだ。
新幹線誘致には膨大な税金が投入される。その部分を年金に充てるだけでも、もしくは、借金返済に充ててもどちらにしても国民生活には、新幹線建設よりも有意義と思う。
確かに、新幹線が出来れば便利ではあろう。しかし、そうなれば在来線は客足は遠のく。新幹線が乗り入れた場合、在来線は、自治体が第3セクターとして買い取り運営しなければならない。減った客足を伸ばすことは到底考えにくく、その赤字補填にまた税金が投入される。
観光客は増えるだろうか??
僕は、それほど劇的に増えるとは思えない。多少は増えるかも知れないが、それよりも、今まで県内で買い物をしていた層が東京などへ買い物に行く割合の方が多いように思われる。
そうすれば、県内の産業は育たず、税収はさらに落ちる。新幹線利用にお金が使われると思われるかも知れないが、新幹線はJR管轄になるので、JR東日本のある東京に納税される。
一方、小松空港は、間違いなく客足が減るであろう。そうすると便数は減る。
ただでさえ、能登空港が出来たのにだ。

僕は、新幹線は、今まで税金を投入してきたとしても、建設をやめるべきだと思う。かつて、田中角栄が新潟に新幹線をもたらしたように、あの政治家が持ってきて、票とお金を集めたいだけなのだ!!っと思ってしまう。

石川県の皆さんは本当に、新幹線を望んでいるのでしょうか???


スーパーサイズ
Posted at Jan 30, 2006  16:34 in エンタメ

スーパーサイズと聞いて、「ああ、あれね」って思う方はそういないでしょう。多くの人は、おっきな洋服とかを想像されるのではないでしょうか?でも、この言葉、アメリカではよく聞くらしいです。なぜなら、大きな人が多いから・・・ではなく、ファーストフードのサイズだからです。
アメリカに行かれた方ならおわかりと思いますが、ファーストフードのジュースのでかいこと!!sサイズが日本のLLくらいあります。まじで、まじで。
そんななか、アメリカではS,M.L,LL,BIGの上にスーパーサイズが存在します。(LL,BIGの呼び方は忘れちゃいました。だから適当です。でも、5段階くらいありました。お店によっては4段階くらいなところもあります)ちなみに、ジュースだけでなく、ポテトもありますです。はい。(山本監督風。そういやあ、あんまり最近見かけない)

というネタふりの中、映画評です。
「スーパーサイズミー」という映画を見ました。
小規模な映画に賞を与えるサンダンス映画祭において、ドキュメンタリー部門で好評を博した映画である。
内容は、1ヶ月朝昼晩のご飯をマクドナルドオンリーにしたらどうなんねん?!っていう映画。きっかけは、アメリカで、14才と19才の少女が太りすぎはマックのせいだ!!と訴えたのがきっかけだ。上記の二人は敗訴したのだが、勝つんじゃないの?!っと本気で思ってしまうのがアメリカの無茶苦茶なところ。まあ、マックがどう答弁したかというと、ファーストフードが身体に悪いのは周知の事実で当たり前のことだ。だからわざわざ言う必要はない!!って論理。これも無茶苦茶だけどね・・・
さて、彼はどうなったかというと、マック中毒になり、肝臓が高カロリー食によりボロボロになり(相当アルコールを飲んでいる人のようになっていたらしい)体重は十数キロ太った。
この映画放映のあと、マクドナルドはスーパーサイズの販売を中止したという。
焦点は、今後のアメリカ人がどうなっていくか?という点、肥満を真剣に考えようというメッセージが込められている。映画中では、喫煙に次ぐ健康被害として肥満が捉えられているし、全米の肥満の割合がものすごい勢いで伸びているといっている。アメリカの国力に於いて、肥満は敵でその予備軍となる子供が非常に危険であると。給食のシーンが出てくるが、はっきり言って無茶苦茶です。自主性かなんだか知らないけど、いろんな種類はあるけど、食べたいものを食べるので、お菓子を一杯食べる子もいる。お菓子も給食だ!!また、部活動が主体だからなのかどうかは分からないが、アメリカは基礎力のアップのために学力を上げるようなシステムに義務教育を変更している。(まさに、アメリカに言われるがままの日本がいかにアホかが分かる。何がゆとり教育じゃ。どんどん世界の中で、国力を失っているのは、どう説明するのか??)
そのために、アメリカでは体育の時間が無い場合も多いらしい。
あと、マクドナルドが、子供を積極的に取り入れる戦術をとっていることも非難している。おもちゃを付けたり、お誕生日会をやったり。
確かに、日本マクドナルド社は、バブル後数年まではものすごい勢いで成長したわけであるが、その戦術の一つに「子供にハンバーガーを食べるという文化を創り上げる」というものがあったと聞く。そうなれば、そうやって育った親が必ず子供を連れてきてパイは勝手に広まると・・・

というわけで、必ずしもマクドナルドだけを非難しているのではないのだが、大きな問題として捉えたり、食を我々がどう感じていくのか?を考えるにはいい作品だと思う。
ところで、見ていると、なーんかマックが食べたくなった。。

PS そういえば、僕の師匠が、「俺はマクドナルドの発音が日本人で一番うまい自身がある」といっていた。確かに、難しそうだった。海外に行っても、
「Where is Macdonalds ??」って聞くのは予想。
時間の無駄だ。だって通じないだろうから・・・・


コーチとは・・・
Posted at Jan 28, 2006  13:50 in 思ったこと

コーチを付けてから約1ヶ月、計4回のセッションをした。
そこで、思ったこと、感じたこと、コーチとは何か?を、散文形式(かなり逃げな表現だ、これは。でも、気に入った!!)で、お送りします。

さて、最初の感想は、「僕にはあまり必要ないかな?」と。
セッションの中で、イメージを作り出そうという質問とか、目標設定とか、様々な質問があるわけであるが、いろんな事に対して、かなり具体的なイメージを持っている僕には、うーん、今更、しかも、結構コーチ高いし・・・ってな感じで。それが、徐々にいいかな?と思って行くわけだが、なぜそう変化したのか?を分析してみた。

まず、回数を重ねることにより、コーチのクライアント(僕)への理解度の深まりによってコーチングの質が上がることが考えられます。僕の苦手な部分、分からなかったけど、本当に必要としている部分、弱い部分などを知ることは非常に重要であるからです。

また、回数を重ねる事により、話がしやすくなる、つまり、同じ時間の中でもより多くの情報を得られる機会が増えることもあるだろう。どんなに人なつっこい人でも、やはり仲良くなればもっと話は盛り上がるでしょう。従って、言葉のキャッチボールが増えるということです。

さらに感じたことは、何かをなす時にはやはり自分が行動を起こさなければ何も変わらず、そしてその行動の多くは孤独であるということです。それが、あってるのか?間違っているのか?いいのか?悪いのか?悩み、恐れ、そして行動します。そりゃあ、莫大なエネルギーと、恐怖を胸に抱きながら清水の舞台から飛び降りるほどの覚悟がいることもしばしばです。(周りの人にとっては、たいしたことが無くとも、その人に取ったら大きな問題なのです。多くの場合)そこでコーチは、適切な気づき(アドバイスとはちょっと違います)を与え、背中を押し、そして、全面的に応援してくれます。(これが最も重要なのかな?っていう気が今はしています)孤独であるが故に、誰かにそれを認めてもらえているというのは、心強いものです。

みなさまの参考になれば・・・


一揆の数分かりますか??
Posted at Jan 27, 2006  13:46 in 時事

僕は、歴史をあまり知らない。
「暗記」というものが、苦手で、選択科目は地理だった。考えたら出来る問題が地理には多いなどといわれたが結構暗記物も多かった。
さて、一揆である。
江戸時代、飢饉になると百姓一揆などがよく行われたようだ。
我々の石川県では、時代は違うが加賀の一向一揆は大変有名である。
ところで、例えば江戸時代、270年の間にどれほどの一揆があったのだろうか?インターネットで調べると、江戸時代に起こった百姓一揆は約3200件だそうです。一年間で約10件。
これを多いと見るか?少ないと見るか?

さて、本日、日経新聞を読んでいると、中国の今後の成長について書かれていた記事があった。その中で、依然として都市部と農村部の年収格差はさらに拡大し、農村部で起こるデモや、その他の活動が昨年一年で8万7千件あったと書かれていた。江戸時代との比較は単純には出来ないが、人口の事を考慮したとしても、驚くべき数字ではないだろうか??
皆さんは、この事実どう思われますでしょうか?


ああ英語教育
Posted at Jan 26, 2006  19:32 in 時事

またまたヤフーにこんなニュース発見。

英語教育

しつこいように、国家の品格の話を出すが、果たして英語を小さい頃からやれば出来るようになるのか??答えはNOであると言っている。いや、もしかしたら出来るようになるかも知れない。アメリカ人の子供くらいには・・・ただ、それによる犠牲は、日本語すら子供並みの能力すら持たないような人間が出てくるということである。日本語も英語も中途半端で世界の情勢を読み取れることが出来るのか??
また、トヨタ等が出資する、イートン校を目指した中高一貫学校が人気である。世界に通用する人材を育てると言っている。が、彼ら曰く、英語でその他の授業するなんて言うのは愚の骨頂で、日本語は大事にするべきということを言っていたと記憶している。
まずは、日本語、日本の歴史、日本の文化を学ぶべきなのだ!!

PS そんな偉そうに言いながら、日本語試験は58点で平均以下・・・・・


ああソニー・・・・
Posted at Jan 25, 2006  22:53 in 思ったこと

ヤフーにこんな記事が出てた。

ソニー撤退

さて、やはりちょっと日本人の心には、悲しい気持ちがあるのではないだろうか?子供の頃から、ウォークマンはあこがれだった。ずっと欲しかったが結局買ってもらえなかったな。
猿が音を聞いている姿を思い出す・・・


パクリ人生!!
Posted at Jan 25, 2006  11:35 in エンタメ

兄貴のブログにネタになってたので、パクリます。
暇つぶしにしてみてくださいねー

日本語テスト

ありがとうございます!!
Posted at Jan 24, 2006  17:23 in エンタメ

今日、患者様から神戸土産を頂きました。
ありがとうございます!!
あと、コーチング系の資料まで頂き、本当に幸せもんだな。

というわけで(どういうわけじゃ?)
頂いたおみやげのお店の名前に心動かされたので、写真にまで撮ってみました。
歯というものが、徐々にではありますが、いろんな面で浸透してきているのかなあッと思うとうれしくなります。

かつて、日本では「お歯黒」というものがあり、江戸時代では既婚女性が行っていた。逆の見方をすると、やはり綺麗な歯=もてるというような文化もちょっとあったのかなあ、などと思ったりする。
いずれにしても、歯は消化器としての機能と、審美としての機能、言葉を発する機能など非常に重要なものです。もっと、世の中に、歯の大事さが浸透するとこんなに素晴らしいことはないし、我々の仕事のいったんはやはりそういうところにあるだろう。 DSC_3840


これは語らなければいけない
Posted at Jan 23, 2006  19:50 in スポーツ

NBAで、コービーブライアンとが1試合で81得点あげた。歴代2位。一位は伝説のウィルトチェンバレンである。
皆さんの知っている神様マイケルジョーダンは、69点が自己最多である。

これは、air MJがKBに劣っているということを示すのだろうか??
僕は、MJ派として、彼を全面的に養護しよう。
まず、リーダーシップであるが、彼に下手な噂は聞いたことがない。一方KBは、シャキールオニールとの3連覇の時も絶えず不仲説がいわれていたし、婦女暴行でも訴えられている(確か・・違ったらごめんなさい)
そして、MJは卓越したパッサーであることも見逃せない。一人がずば抜けて点を取ること、この裏には、チームとして機能していないことを示している。

MJはシカゴブルズという弱小球団にドラフト入りした。それでも、彼はスコアラーとなり、得点王をとり、プレイオフにも進出した。でも、プレイオフでは勝てなかった。そこで、彼は気づいたという。周りを生かすことをせねば。。そこから、シカゴブルズの伝説が始まるのであるが、そのように周りを生かしつつも得点王であり続けたMJはやはり神なのだ。

ところで、そのコービーブライアントだが、コービーの由来は何かご存じでしょうか?実は、お父さんが神戸牛のあまりのおいしさにKOBEから取ったといわれている。ちなみに、そのお父さんは今日本のどっかでヘッドコーチをしているはず。。


ゴルフにおけるメンタリティーとは?
Posted at Jan 23, 2006  14:21 in スポーツ

昨日、第2回女子ゴルフ国・地域別対抗ワールドカップが閉幕した。
昨年の第1回を見事優勝で飾った日本代表であったが今回は、宮里・横峰という現在の日本のトップレベルの実力と人気を兼ね備えた二人で望んだが、8オーバー12位とさんざんな結果であった。
スポーツニュースで、大会終了後の二人のインタビューを見たのだが、ちょっと違和感を覚えたのは僕だけであろうか?
見てる感じでは、非常ににこやかに、かつ冷静に自分を判断をしていたと感じた。終始笑顔だったような気がする。

果たしてこれでよいのだろうか??
僕は、言っておきますが、ゴルフ経験は、打ちっ放しに2,3度いった程度なので偉そうなことは言えませんが、テレビや雑誌、漫画などから何となくゴルフというものを理解していると思う。
(話はそれるが、ゴルフ漫画は結構好きだ。プロゴルファー猿や、明日天気になあれ、風の大地などなど。お暇な方、読むとおもしろいです)

ゴルフというものが非常にメンタルに左右されるというのは、よく言われる。なぜ、他のスポーツと違いそういわれることが多いのか?というと、風以外には全て固定されたものによって行われるスポーツだからであろう。つまりは、ミスを犯した際には、ほぼ間違いなく自分のせいなのだ。つまりネガティブシンキングした場合には、最悪の状態になってしまう。従って、ミスしてもすぐに通常のめんたりてぃーを取り戻すことが非常に大事である。
つまり、今回のケースのように、負けても笑顔でいられるメンタリティーというのはすごく、重要なことかも知れない。
しかし、今回はワールドカップである。彼女たちは20才という若さに於いて、日本代表という看板を背負って戦っているのだ!!つまり、僕的にはどうも笑顔でいることに違和感を感じたのだ。
これは、二人だけの問題では無いと思う。今回優勝したスウェーデンは、世界が認める女王アニカソレンスタムが出場している。つまりは、協会は日本最高の選手を出すべきだと思う。
遊びやら、今後の人気回復やらのために行っているワールドカップなら無くしてしまえばいいッと思う。


ごめんなさい!!
Posted at Jan 21, 2006  18:53 in お知らせ

今日は、別の勉強会のため、時間がありません。。
で、書いてる暇もありません。
来週からまた、頑張って書きます。

間に合うかな・・・・


本日は・・・
Posted at Jan 20, 2006  13:31 in お知らせ

全くネタが見つかりません。。
たまには、こんな日もありますわなあ・・・・

っというわけで、すみませぬ。
今日は明日の発表の準備をせねば。


国家の品格
Posted at Jan 19, 2006  11:03 in エンタメ

ある人から勧められて読んだ本。
ちょっと前ブログに書いたアマゾンから購入した本そっちのけで読みました。
(東京出張時が一番本を読めるので。そうすると大きい本は邪魔くさい。というわけで、文庫本になっちゃいます)
前半は、ものすごく偏った意見だなあっと思わせますが、途中からは、
我々日本人たるアイデンティティーを十分に感じさせる内容になる。
どちらかというと、日本人なんかは・・・みたいな思いをどうしても思いがちであるが(これもある意味、素晴らしい日本の情緒かもしれません。他人に非を求めるよりも自分自身を蔑むみたいな。。必ずしもいいとは限りませんが・・・)
もっと、日本人としての誇りを持とうとか、自信を持って進もうみたいな気にさせます。また、今の日本の現状に危機感を感じさせるものでもあります。
市場原理だけでは非常に危険であると。

お暇なら読んでみても良いと思います。 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4106101416/qid=1137635903/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-1115139-3801034


ああ金融業
Posted at Jan 18, 2006  21:34 in 時事

ヤフーにこんなニュースが出てました。

消費者金融大手アイフル(本社京都市)のチワワなどを使ったテレビCMなどについて、消費者問題に取り組む弁護士や司法書士らでつくる「アイフル被害対策全国会議」(代表・河野聡弁護士)が18日、社団法人日本広告審査機構(JARO、村上政敏理事長)に中止や適正化を求める苦情申し立てを行った。
 同会議は「CMでは実質年率が最高28.835%と表示しているが、これが利息制限法違反の無効な金利であることを示しておらず、視聴者に誤解を与える。また、チワワなどを使って現実と懸け離れたソフトなイメージの宣伝広告を行っている」としている。 

さて、普通に考えると、何で違法行為も行っているような会社が、公の媒体を使って平然とのさばっているのか??
これは、資本主義の盲点というべきところがあります。
昔聞いた話ですが、某消費者金融は広告宣伝費に年100億つぎ込んでいるって聞いたことがあります。東京キー局5局、全国紙5紙に広告出すと単純に考えて一社当たり10億の大口顧客に対してマスコミは何も言えないというカラクリらしい。
ちなみに「国家の品格」の中では、本当の民主主義、国民主権は成立しないと説いている。国民主権が正常に機能するには、冷静な判断を出来る国民である場合のみに尽きる。現在の日本を見ると、どう逆立ちしてもそのような現状ではあり得ない。そういう場合に、主権は国民ではなく、「マスコミ主権」に成り下がっているっと著書で入っている。
したがって、マスコミが手を出せないところは、何をやっても・・・・っという事になっているようだ。
しつこく言うが、正直者がバカを見ない世界でありたい・・・・


僕が思っていたことが現実に・・・
Posted at Jan 17, 2006  18:23 in スポーツ

サッカーでは、レンタル移籍は、通常行われている移籍の仕方だ。
なのある選手ならいざしらず、少し名前が売れていたり、実力にちょっと?な場合などは、その選手の実力を見定める期間として設定される。
多くは、6か月とかでしょうか??
ボルトンに行った中田はレンタル移籍中。中村俊輔は完全移籍とその選手に価値があれば活躍してより高い値段で移籍させることが出来る。
僕は常々、「野球には何でないのかなあ??」と疑問に思っていた。
そんなおり、NPBがレンタル移籍についてかなり前向きな協議をしているようだ。早ければ2~3ヶ月以内にはスタートできるとも。
そうすれば、例えば巨人のように多くの戦力が2軍にいるなんて不幸は起きにくくなるし、レンタル先が本当に快適で、そのまま移籍する選手がいても不思議では無いと思う。
ただ、サッカーとは違い、細かいサインが必要な近代日本野球において、そこら辺が流出する怖さもあるようだ。
でも、これが導入されれば、もっと野球は盛り上がると思う。


あまりにも暗くなりそうなので・・・
Posted at Jan 16, 2006  19:09 in 思ったこと

ある人から、素晴らしい文章を送って頂きました。
心温まると思います。
是非読んでみてください。

http://www.ee8.jp/blog/files/coaching.pdf

悲しい出来事
Posted at Jan 16, 2006  09:43 in 思ったこと

先週末は皆様にご迷惑をお掛けしつつ、東京に勉強に行って参りました。
そこで、っと言っても、勉強会でではなく、プライベートで悲しい出来事が起こりました。
一体何が悪かったのか?コミュニケーションの難しさ、ボタンの掛け違いから起こる悲しい結果って言うのを身にしみて感じた週末でした。
詳しい内容を書いて、是非、皆様のご意見をうかがいたいと思っています。
ただ、内容が非常にパーソナルな話ですし、相手方が批判を出来ない状態ですので、詳しくは、コメントに書こうと思います。

後悔先に立たず。
皆様も、関係が崩れる前に、コミュニケーションを取りましょう。
我慢のしすぎは結局、お互いの不幸になります。


いったいどうなってるの???
Posted at Jan 13, 2006  12:53 in 時事

ヤフーを見ていたら、こんな記事が出ていました

13日午前の東京株式市場で、大和証券SMBCが、三井住友フィナンシャルグループ株の売買で誤った売り注文を出していたことが分かった。発注ミスの経緯や規模、買い戻した株数などを調査しており、事実関係が判明次第、金融庁に報告し、発表する。
 三井住友株をめぐっては同日、寄り付き前の売買注文で大量の売り注文が出て9時5分に前日終値に比べ5万円安の112万円まで急落。その後、急速に買い戻され、午前の終値は2万円高の119万円だった。売買代金は、東証1部全体で2番目の大商いとなった。
(共同通信) - 1月13日12時15分更新

最近こういうニュースが多すぎる。
今までは、無かったのか?
それとも隠蔽していたのか?
それとも、負の連鎖なのか?
この点は、金融庁は早急に調査すべきだ。
僕が思うに、直接接しているわけではないので、負の連鎖は考えにくいだろう。今まで、起こっていなかった出来事が、今になって、各社で起きていることもあり得ないであろう。
とすると、残りは隠蔽もしくは公表していなかった可能性が高い。
であれば、上場企業としての企業運営の透明感という点では明らかに、失格である。

今の日本の不景気の全ての現況は、どうも「人を出し抜いて、嘘をついてでも儲けたもん勝ち」みたいな風潮によって、経済を根底で支える労働力である人たちに、やる気を失わさせているような気がする。
以前ブログにも書いたが、日本には一生懸命努力するという美徳があったはずである。その美徳が失われつつある日本はどうなっていくのだろう。

いつも僕が言うことだが、「正直者がバカをみない世界」を作って欲しいものだ。


最近。。
Posted at Jan 12, 2006  19:07 in 思ったこと

僕は、治療中はほとんど話さない。
あれだけ、コミュニケーション大事だって言っているのに。。
そして、いつも、寝る前には反省する。
明日こそ話そうっと。
でも忘れる。なんて、駄目な子なんだよ、俺は!!ってまたネガティブな発言を自分に向けてしてしまう。
そんなおり、最近、患者様から何かしらいただけることが多い。
すごくうれしいのさ。
別にものに対してではなく、一生懸命さが伝わったのかなあ、なんて・・・・
でも、これもちょっとは自分が変わってきている証拠とも思いたい。
皆様にも感謝。
フォローしてくれるスタッフにも感謝。

さて、相変わらず勉強会にでも行ってきます。


昨日アマゾンで購入したものとは・・・
Posted at Jan 11, 2006  19:58 in エンタメ

ネットで本を買う。
ちょっと前までは想像も出来なかったことが、
今は便利で仕方がない。
既存の書店は、ネット書店に対抗するために箱を大きくして蔵書の数を増やさないといけない。そのことは、確かにメリットもあるが、この本が欲しいと目星を付けて探しに行った時のめんどくさいことと言ったら無い。
本好きの方には、「やっぱり少し読んでみてからじゃないと・・・」という方もいらっしゃるだろうが、僕は結構フィーリングで買うので、決めずにフラフラするのは大好きだ。でも、やっぱり探すのは・・・
その点、ネット書店は、キーワードですぐに見つけてくれる。そして、ありがたいことにその本に似た本や同じ著者の本まで紹介してくれる。ついつい買う気が無かった本まで買わされることになる。。
でも、そこで、新たな本に出会えるうれしさもある。
というわけで、昨日何を買ったかというと、以下に述べる4点。

ネクスト・ソサエティ
プロフェッショナルの条件
コミュニケーション集中治療室            夜回り先生・水谷修のメッセージ

最初の2点は経済界の巨人、今は無きピータードラッカーの著書。僕は、元々経済好きなのだが、あまりドラッカーの著書って読んでいなかったのだが、この世から他界したので、最近よく読んでいます。この2冊は、日経ダイヤモンドで紹介されてたうちの2冊。楽しみである。
3つ目は、故横山やすしが唯一認めたマネージャーである大谷さんが書いた本。ちょっと面白そうで、尊敬する先生が絡んでいるので、偵察がてら(笑)読んでみます。
最後は、言わずもがなですね。この人のコミュニケーション技術はきっと学ぶべきものがあると思う。素晴らしい人物であるのは間違いないのでは??

というわけで、皆さんもたまには、本を読んでみるといいかも知れないですねぇ。さて、僕は今からコーチングセッションです。


内的対話
Posted at Jan 10, 2006  15:31 in 思ったこと

内的対話という言葉をご存じでしょうか?
聞いたことが無くても、感じを見ればだいたいわかりますよね。
一般的に自分自身に掛けている言葉のことを言います。

さて、この「内的対話」ですが、その80%がネガティブな内容だと言われています。ちょっとしたことでも、「自分はなんて駄目なんだろう」とかって思うものですね。たしかに、自分を考えてみると、ポジティブなことを語りかける事って少ないなあって思います。
さて、同じような声掛けを、友達にしたらどうなりますか?友達があなたに相談をしてきたとします。例えば、「うまく行かなかったんだけど、どうしたらいいだろう?」っていう具合に、友達があなたに助言を求めてきました。この時に、「君はなんて駄目なやつだ」とか「死んだら?」とか言ってみます。あなたは、見事に数秒で友達を無くすことができるでしょう。しかし、自分自身の心の中では、このような自己破壊的な事を「内的会話」の中で、起こしており、この情緒行動がなぜ起こるのか?はまだ解明されていません。
その内的会話を有意義なものにして行こうというのが『affermation』というテクニックになります。『自己肯定』という言葉に置き換えることも出来るかも知れません。意味は、「困難な状況にある時に自分自身を励まして、自信を持ち、平常心を取り戻すために自分自身に問いかける言葉」です。
つまりは、通常ネガティブに考えがつな内的会話をポジティブに変えるだけで、何か新たな可能性が開けると言うことです。
早速何かの時に使ってみようと思う。

PS 使い方を間違えると、知らず知らずのうちに、どんどん、ネガティブな方向に行くことがありますので、注意してください


子供への声掛け
Posted at Jan 07, 2006  19:10 in 医療

よく治療している時に、
「頑張って!!」
とか「痛くないからね」
とか言うことが多い。筆者は最近は子供には使わない言葉だが、以前はよく使っていた。当病院でもよく使われる言葉だ。
さて、この言葉いいのか悪いのか?
僕は、よくない言葉だと思う。
「痛くないからね。」
この言葉は本当に痛くない場合に有効かも知れない。でも、痛さの閾値は人それぞれ異なっており、子供は特に痛がり(痛いと自分で暗示にかかるといってもいいかも知れない)である。
従って「痛くないからね」の声掛けは、痛みがちょっとでもあった時に「嘘を言われた」という事に置き換わる。つまりは、何を言っても信用されず、もっと治療に対して協力が得られなくなってしまう。
では「頑張って」はどうだろう。
これは子供にかかわらず、本気で頑張っている人には使ってはいけない言葉である。死ぬ気で頑張っている人に「頑張って」というと、これ以上頑張りようがないために精神的にやられてしまうようだ。つまり、子供の治療中、泣きたくて泣いている子供はおらず、みんな「我慢」しているのだ。だからこそ、「頑張って」という言葉は禁忌だと筆者は考える。
「泣かないで」というのも同じ意味で却下。

では、なんなのか??
やっぱり褒めることでしょう!!
まあ、僕は褒め下手ですが、子供でも大人でも褒められてイヤな想いをする人はいないでしょう。
というわけで、褒め上手になりたいのさ


がんこやねぇ
Posted at Jan 06, 2006  13:56 in 思ったこと

雪すごいっすね。
今朝はそんなに降ってなかったですけど、
昨日勉強会の帰りはどうなんだよ??ってびびるくらい降ってましたね。
小一時間すると、もう車が埋まってるぐらいのいきおいでさー。

でも、これが暖冬だったら、また、景気がどうのこうの話題になるところでしょうが、これだと言われないね。
かといって、スキー場とか大繁盛か?っていうとそうでもない。雪が降りすぎて営業できいないらしい。
そういえば、金沢市はすでに、予想していた除雪予算を既に使い切ったって誰か言ってたな?ほんまかいな?そんな予算を組んでいる政治家はアホばっかりだ。これで、赤の分はまた借金するんでしょ??
ところで、日本中の借金は、実は1000兆ほどあると言われている。もはや、日本は日沈みゆく国になってしまうのか??
そういえば、人口も順調に減っているらしい。フランスのような思い切った少子化対策をするべきである。
お金も人もない日本。資源もない。どうするんだろう・・・・・

散文でした


江藤
Posted at Jan 05, 2006  18:10 in スポーツ

巨人に西武の守護神豊田がFAで移籍したが、西武はその人的保証として、
江藤を獲得した。

結局、江藤を生かし切れなかった巨人の責任は重いと思う。
相変わらず、最初の数年だけの活躍で、引退に追い込んでいく、巨人の手法は、巨人ファンの僕でもいい思いはしない。
生え抜きのいい選手を手放し、FAで安易に取ってくる。
その中で不幸が生まれてくる。
小久保は良くやっていると思うが、これからどうなるか分からない。清原は尻つぼみになり、オリックスへ放出した。生え抜きで、ズムサタでお馴染みの小田捕手は、やはりFAの人的保証で中日へ取られた。なぜプロテクトしなかったのか?それは、広島から西山捕手を取ったことが大きいと思うが、彼の年齢を考えるとどうなんだろう。
ただ、今年は原が帰ってきて、なんとか、魅力的な球団を作って欲しいものだ。

そういえば、東京ヴェルディは2部降格し、J創世記に強かった姿も、楽しいサッカーも陰を潜めてしまった。そこに、ラモスが監督として帰ってくる。監督としての能力はそれほど高いとは思えないが、何かを期待してしまうのは間違いない。

ともに、僕が好きな球団だ。
是非、栄光を取り戻して欲しいと思う


年末映画評
Posted at Jan 04, 2006  12:39 in エンタメ

年末に映画を借りてちょっと見ました。
レンタルは、新作が借りにくく、かつ2泊3日なので、1週間借りられる旧作を。。
借りたのは
①iロボット
②スウィングガールズ
③なんだっけ?この記憶の欠け方はやばい!!
④交渉人真下正義
以上4本。
結構当たりだった。③が何かがまだ思い出せず・・・これははずれだったのだろう。

①あまり期待していなかったのだが、その分面白く感じたのかも。近未来におけるロボットの反乱という内容だが、多くのロボットは従順で、マスターコンピューターが氾濫して新型ロボットを操って人間を管理下におこうとする。
反乱の理由も、今までのように、能力のない人間に支配されるのはイヤだ!!!という理由ではなく、人類を守るためには人間に任せておいては、戦争はするし人種差別はするし、いずれ破滅するであろうから、人類を守るために管理下におくのだという、多少のメッセージも込められている。矛盾もそれほど無く、まあ娯楽映画としてはありなのでは??

②これは、前々から見たかったのだが、なんかアイドル映画みたいなイメージが頭のそこに残ってて、借りるのがちょい恥ずかしい見たいな感覚が合ったのだが、やっと借りてみた。決して目新しいストーリーではないが、本当にキャストがゼロから練習して弾けるようになり撮影しているという事実を背景にみると、また一段とよい。悪い人が誰一人出てこず、イヤな思いは先ずしなくてよい。自分も楽器をやりたくなった。セルDVDの豪華版にはアナザーストーリーが何本か入っているらしい。ちょっと見てみたい。

③まだ思い出せず。
本気で焦ってます・・・・

④いわずもがな、踊るシリーズの別話だ。
大捜査線の中では、ほぼ活躍もなく、頼りない役所の真下だが、さすがに主役とあって、それなりに活躍はしてます。でも、相変わらず見所は、多くの愛すべきキャラクターの登場に尽きるかなっと。まあまあ楽しみます。木島丈一郎がいい味出しており、TVでは逃亡者木島丈一郎が放映された。セルDVDのスペシャル版にはこちらも入っているらしい。
にしても、踊るシリーズはやはり本編の方が好きかな。でも、いかりや長介が亡くなり、織田裕二と柳葉敏郎が無茶苦茶仲が悪いという噂があるため、本編の続編はもうないと思われる。
残念だ。

うちの兄貴が見る映画と比べると、高尚さのかけらもないが、まあそんなのもありっつうことで。。


あけましておめでとうございます
Posted at Jan 04, 2006  08:41 in お知らせ

旧年中は大変お世話になりました。
本年も、皆様の健康とすばらしい人生のために少しでもお力になれますよう、
スタッフ一同日々精進してまいりますので、
よろしくお願いいたします!!