ドクターBlog

中山歯科医院副医院長中山大蔵のBlogへようこそ
* 利用規約というほどのものはありませんが、左の「このブログについて」を一読下さい。
* 中山歯科医院&中山セントラル歯科のお知らせ も要チェック!?
* 全く関連のないコメントの投稿もOK!関連しないものは最新のエントリにコメント下さい。
* メールマガジン「これを実践!!スーパー衛生士への道。(ID:0000196966) 」を発行しています。
   メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
   
     まぐまぐ

本日より
Posted at May 19, 2005  13:59 in お知らせ

スタッフブログがスタート!!
さて、どの人があなたの担当でしょうか??
是非、こちらも見てください。
そして、多くのコメントをお待ちしています!!


さてさて。。
Posted at May 18, 2005  08:54 in お知らせ

以前お伝えしていたように明日よりちょっとだけホムペが変わります。
お楽しみに!!!

でも、過度の期待はしないでください・・・・


またまたまたまた
Posted at May 11, 2005  17:07 in お知らせ

来週中くらいにホムペがまた、ちょっと変わります。
皆様に愛されるホムペを目指して、
&そして、たえず愛される病院を目指して!!

こうご期待!!


おまけ
Posted at May 10, 2005  11:20 in エンタメ
_IGP7103 NN様、つっこみありがとうございます。
というわけで、つっこまれ記念。
おまけ写真。

マンホールから立ち上る湯気?(暖かい空気が冷たい空気と触れると白くなるのって、なんていうんでしょ。湯気は変なのは分かってるんですが・・・)
これって、なんか海外って感じですよね。
写真もかっこいいでしょ!!
でも、これは、一緒に行った先生の作品。
K先生みてますかー


桜は散りましたが・・・・
Posted at May 09, 2005  15:39 in 医療
DSC00330 ワシントンDCといえば、ジョージワシントンから名前を取ったのは皆さんご存じのことと。。。

で、これが、ジョージワシントンが実際に使用していた入れ歯だそうです。
これで、「人民の人民による人民のための・・・」という名台詞が生まれたのかな??(←歴史は苦手です。間違ってたらご一報を!!)

てなわけで、写真館は一休み。


ひさびさに。。
Posted at May 06, 2005  10:52 in 思ったこと

思ったことを。。

JR西日本の事件が、世の中を賑わせている。
非常に悲惨な事故で、こんなことは二度と起こして欲しくはない。
これは、JRだけでなく、飛行機もバスも、そして、医療も。。

んで、僕が今まであまりこれについて語らなかった理由は、遺族の方のこともありますが、報道を少し見ていたということもあります。
どうも、今回のことをみていると、相変わらず相手の揚げ足を取る報道しかされておらず、皆が真剣に再発防止を考えているのか???と疑問に思ってしまう。

みなさんは、ハインリッヒの法則というのをご存じだろうか??
労働災害がいかにして起こるかを統計処理したハインリッヒさんの有名な数字だ。
1:29:300
これは、一つの大きな事故は、29のひやり・はっとする事柄がそれまでに存在し、その下に見過ごされがちな小さな300のミスがある。というデーターである。
言い換えると、大きな事故を防ぐには、まず、小さな300のミスを減らすということが大事である。ということを示している。
つまり、オーバーランなんてのは、すでに29のミスに入っているわけで、これをどれだけ減らそうとしても300を減らすことを考えないとどうにもならないわけです。新型のATS導入も非常に大事ですし、起こってしまったミスを大事故になる前に防ごうとするショックアブソーバーに近い役割としては有効だとは思います。でも、もっとやらなければならないことは、ちょっとしたことです。

良く似たもので、「割れ窓理論」があります。
ニューヨークで、ジュリアーニ元NY市長が実践したもので、大きな犯罪を防ぐには小さな犯罪をなくすことが大事であるというものだ。これは、見事に成功し(もちろんアメリカ経済の復興という部分もあるが・・)NYは最も犯罪の少ない都市の一つになりました。

ハインリッヒの法則がいつになったら話に出てくるのかと思いきや、なんにも出てこない。で、報道は、なんや、社長に怒鳴り散らして、怒ってる。んじゃあ、あんたら報道は何をしてるのか??遺族の人を追っかけ回してるだけでしょ。

あと、ちょっと気になったこと。。
マンションの住民の方々も大変だったと思うけど、その交渉代表とか言う人がでてきてJR西日本の対応がなってないって怒ってた。言うことも分かります。でも、まずは、遺族の方の心配やなくなられた方の心配をしてあげましょうよ。で、落ち着いたら、じっくり腰を落ち着かせて、交渉したらいいんじゃない??

でもって、こういう事が、僕らが起こさないとも限りません。大事故は、歯を残念ながら抜いてしまうことかもしれません。多くの歯医者さんにかかり、何回も治療をされていれば誰の責任かは分からなくなります。でも、歯科医療としてみれば、みんなの責任です。もちろん、駄目にするのは、患者様の自己責任の部分もたぶんにはありますが・・・・

いろんな事を、気を配って、背筋をただすことによって、多くのことが幸せに進むといいのになー。

ひさびさに、熱く語りました。


こんなんでましたけど・・・
Posted at May 06, 2005  08:28 in 医療
DSC00325 メリーランド大学は世界で初めて(アメリカで初めてかな??)歯学部が出来た大学です。で、そこには、世界で唯一の歯科博物館があります。@ボルチモア

そこには、いろんな展示もありました。写真は、世界で現存する最も古い、ユニットです(治療椅子のこと)
歴史を感じますよねぇ。
どんな感じで、ここで治療を受けていたのでしょうか?